新しい面接の形とは?Playse(プレイス)の料金・評判・機能について

最終更新日 

採用活動において面接は、優秀な候補者と直接コミュニケーションが取れる貴重な場です。しかし現在では、新型コロナウイルスの対策として3密(密閉空間・密集場所・密接場面)を極力避けるように政府から通達が出ています。企業側としては面接なくして採用まで結びつけるのは難しく、何か良いサービスはないかと頭を悩ませる状態が続いていました。

そんな中注目され始めたのがWeb面接ツールです。今回はWeb面接ツールのPlayseについてご紹介させていただきます。

 

Playseとは

Playse(プレイス)とは株式会社manebiが運営するWeb面接ツールです。従来の対面型面接とは違いスマホやPCを使い、離れた相手と面接ができるので、新型コロナ対策としての密閉空間での密接を避けることが可能です。また、面接をする場所を確保する必要がないので、会議室の数が限られている企業などにとっては面接場所の節約が可能となります。面接をしながら評価をすることが可能で、評価基準が均一化されるので社内での面接におけるマニュアル作成にも役立ちます。

Playseの特徴・機能

時間と場所の節約

PlayseのWeb面接なら、企業側は応募者の名前を登録してURLを伝えるだけで面接のセッティングが完了します。面接の時間になれば応募者と企業側がそれぞれURLにアクセスして面接を開始することが可能になります。必要なものも、カメラとマイク(スピーカー・オーディオ)がついたスマホやPCだけなので机や水などを用意する必要もありません。使い方も非常に簡単なのでスムーズにWeb面接を行うことが可能となります。

通常の対面型の面接では面接会場まで交通費を払って応募者側が来る必要があり、どうしても費用と移動時間が発生してしまうというデメリットがありましたが、Web面接であればネット環境と最低限の必要なものさえあればどこでも面接が可能です。企業側も面接スペースを用意する必要がなく、会議室を別の用事に使用することが可能となるので業務の効率アップへと繋がります。

ヒアリング機能

候補者と企業側のミスマッチを減らすためにPlayseではヒアリング機能を搭載しています。希望条件や個人スキル、職務経験といった基本事項から動画サービスならではの、動画を使っての自己紹介をアップロードしてもらうことも可能です。

ヒアリングシートはテンプレート化しているので一度作成してしまえば次回以降の面接でも応用することが可能です。雇用形態別、職種別など複数のテンプレートを作っておけば面接の準備に時間を取られる場面も減少するので人事の業務効率化が実現できます。

評価項目の共有

人事間で面接マニュアル、評価基準がしっかりと決まっていないことから、担当者によって評価が別れてしまうというケースが面接では起こりがちです。Playseを導入すれば面接結果を評価シートで管理することが可能になります。評価シートのスコアにそれぞれコメントを残すことが可能なので、採用担当の間で評価基準を把握することもできますしスコアの採点基準を設けることで均一的な評価が実現します。評価シートのテンプレートも自由に複数作ることができるので、一次面接用、二次面接用と段階ごとに作成しておくと業務の効率化に繋げることができます。

Playseの価格・料金プラン

Playseでは3つの料金プランを提供しています。

・スタータープラン:初期費用0円/基本料金14,800円

・ベーシックプラン:初期費用50,000円/基本料金19,800円

・エンタープライズプラン:詳細は要お問い合わせ

スターターとベーシックでは基本料の内容を超えた月のみ9,800円の従量課金が発生するので注意が必要です。月の応募者100人まで、面接時間100時間までであればスタータープランで対応できるので自社の予算や採用規模とを確認しながらどのプランを導入するか決めると良いでしょう。

※2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

類似サービスとの比較

Playseとの類似サービスとしてあげられるのはzoomやバイオグラフなどになります。これらのサービスを料金面で比較すると、Playseは14,800円から始められるスタータープランが最安であり、zoomは無料で利用することが可能です。バイオグラフは月5回までの面接であれば無料で使用することが可能です。無料で利用できるzoomやバイオグラフを使用して物足りなければPlayseへと移行してみるのも良いかもしれません。

また、zoomの場合はアプリをインストールしなければいけないので抵抗を感じる方もいるかもしれないことに注意が必要です。バイオグラフは有料版へ移行すると月額10,000円から利用でき、面接予約回数の制限がないので積極的採用活動を行なっている企業にとってはおすすめのサービスと言えるでしょう。

 

Playseで面接の新しい形を

今回はWeb面接ツールのPlayseをご紹介させていただきました。新型コロナによる対面型面接が難しい状況で、いかにこの機会をチャンスと捉え、新しいことに挑戦していけるか。その姿勢が採用活動だけでなく、企業としての成長性へと繋がっていくでしょう。

導入に際しては必要な機能や予算、他社との比較をしっかりと行い自社に最適なツールを検討しましょう。トライアルで導入できるサービスもあるのでまずはWeb面接を行なってみてそこから課題を見つけるのも良いでしょう。

画像・データ出典:Playse公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部