どこでもSHOWBY(どこでもショーバイ)の料金·評判·機能について|無料でオンライン商談ができる?

最終更新日 

新型コロナウイルスの蔓延により、急激に普及したものの代表として挙げられるのがWeb会議システム/オンライン商談ツールです。

離れた場所にいる相手とも実際の会議室にいるかのように不自由なく会議·ビデオ通話ができることからZoomをはじめ様々なシステムが各社から登場しています。

今回ご紹介するどこでもSHOWBY(どこでもショーバイ)は、Web商談やWeb面談、Web診療やIT重説など様々な用途で使用できるため、幅広い業界から導入されています。

料金や機能、評判·事例などをご紹介しますのでサービス選定の参考にしてください。

どこでもSHOWBYとは

どこでもSHOWBYとは株式会社かんざしが運営しているWeb会議システムです。

営業や顧客対応などビジネスシーンでの利用はもちろん、学習塾や医療現場、不動産など幅広いシーンでの利用が可能なため、業界を問わず導入されている実績があります。

Web会議システムとして必要な機能を網羅しているだけでなく、さらに便利に活用するための機能、どこでもSHOWBY独自の機能も搭載しており、いずれも直感的に操作できることから利便性と操作性に優れたシステムと言えます。

どこでもSHOWBYの類似サービス「RemoteMeeting(リモートミーティング)」

サービス名

RemoteMeeting

初期費用

0円〜

ベーシック課金

29円/分

定額制

990円〜

無料お試し

要問い合わせ

RemoteMeetingは、OrangeOne株式会社が販売しているクラウド型のWeb会議サービスです。
時間や場所を選ばず、簡単な操作ですぐにWeb会議をスタートできる利便性の高さが好評で、効果的なWeb会議に役立つ機能が豊富に搭載されています。

どこでもSHOWBYの機能·特徴

オンライン商談/Web会議に必要な機能を標準搭載

どこでもSHOWBYにはWeb会議、オンライン商談に必要な機能が標準で搭載されているため、費用を追加してオプションを取り入れることなく利用することが可能です。

  • 画面共有:資料やWebページが手軽に相手と共有できる
  • カメラ機能:表情はもちろん、動作やモノを伝えることも可能
  • 画面最大化:最大化した状態での各種操作も可能

上記の機能を有しているため、スムーズな会話·情報共有が可能で、ゲスト側はPCだけでなくスマートフォンやタブレットからでも利用できるので場所を選ばずWeb会議、オンライン商談を開始することが可能です。

商談をよりスムーズに進める機能も搭載

基本的なオンライン商談ができることはもちろん、下記の機能を有しているためさらに便利に商談を進めることが可能です。

  • 接続番号:発行したIDを伝えることで簡単に接続することが可能なワンタイム方式の接続方法
  • チャット機能:双方向のスムーズなチャットが可能
  • 名刺交換機能:SansanとEightのオンライン名刺交換用URLが送信できる
  • カンペ機能:事前に作成したトークスクリプトをメンバーで共有することも可能
  • ノート:商談中に気づいたことをメモして後日確認
  • アンケート:商談後にアンケートを行いフィードバックに役立てることができる
  • ファイル共有:あらかじめファイルを登録しておき、商談相手へ送信
  • ファイル送信:必要なタイミングでファイルの送受信が可能

独自機能とプラス機能でさらに利便性を高めた利用が可能

便利な機能が豊富に搭載されたどこでもSHOWBYですが、独自機能やプラスワンで使える機能も搭載されており、特徴的なものをピックアップしてご紹介します。

  • バーチャルエントランス:会社のエントランスのように来訪者が訪ねてくる
  • ログ機能:各スタッフの商談時間やチャット、ノートなどのログを管理者が確認できる
  • エントランスへの鍵設定:社内限定や会員限定などでエントランスを公開することが可能
  • 画面キャプチャ:商談相手の画面をワンクリックで撮影、自動保存
  • 2段階認証:ID/パスワードの認証とEメール方式の認証コードを送付
  • 代理対応:不在がちな人に代わって代理者でも対応ができるように

どこでもSHOWBYの料金·価格

どこでもSHOWBYでは3つの料金タイプを提供しており、そのいずれにおいても初期費用は0円となっています。

  • 無課金タイプ:初期費用0円/月額費用0円
  • ユーザー課金タイプ:初期費用0円/月額費用1,980円(月×人)
  • ルーム課金タイプ:初期費用0円/月額費用5,500円(月×部屋)

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

どこでもSHOWBYでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて90日間無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから希望アカウント名や、メールアドレスなど基本的な情報を入力することでトライアルを利用することができます。

どこでもSHOWBY導入のメリット

短期間から導入できる

オンライン商談ツールの多くは6ヶ月や1年間、短いものでも1ヶ月単位での契約が必須となるものが多いですが、どこでもSHOWBYは日単位での導入が可能です。

そのため、テレワーク期間のみの利用やトライアル的に運用することもできるため非常に導入しやすいサービスと言えるでしょう。

導入企業にあったコストで運用が可能に

どこでもSHOWBYは、利用するユーザー数ごとの課金タイプと、利用する部屋数ごとに課金が発生する料金タイプを選ぶことができるため、導入企業に最適なコストでの運用を実現します。

いずれの有料プランも90日間無料の特典付きなため、運用コストを最低限にできる点もメリットです。

どこでもSHOWBYの導入事例·評判

オンラインでの対応方法を確立

“お客様からオンラインでの説明を希望されることが多くなり、何かいいツールはないかと検討しているときにどこでもSHOWBYのことを知りました。どこでもSHOWBYはエントランスのQRコードを名刺に印刷しておくだけで、お客様が手軽にオンライン通話に参加できるので、オンラインでの説明がとても身近なものになりましたね。”(匿名希望 保険外交員)

オンライン商談で以前より効率アップ

“コロナ禍によって出張にいくことが難しくなり、身動きが取りづらくなったことに課題を感じていました。どこでもSHOWBYを導入してからは、オンライン商談で反応のよかったお客様に絞ってお伺いすることで以前よりむしろ効率がよくなったと実感しています。電話商談からオンラインで画面をみてもらいながら説明できるのは強い武器になりました。”(匿名希望 営業会社)

類似サービスとの比較

どこでもSHOWBYの類似サービスとしてはVCRM(ブイシーアールエム)やmeet in(ミートイン)などが挙げられます。

VCRMは画面のリアルタイム共有や、自動音声議事録など豊富な機能を搭載したオンライン商談ツールです。

ノート機能や非公開の商談用メモ機能など、商談の効果を高める機能だけでなく、導入に関するコンサルティングなどのサポート体制も整備されています。

料金は初期費用が98,000円、月額費用が4ルームあたり36,000円となっています。

meet inはログイン登録不要で利用できるWeb会議システムです。

会議参加用のURLを作成してメールやメッセージで共有するだけで手軽に会議を始めることができ、画面共有や名刺表示などの機能が標準で搭載されています。

料金は非公開となっており、要問い合わせです。

SHOWBYを含むおすすめのweb会議ツール比較

web会議ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

どこでもSHOWBYでを

どこでもSHOWBYについてご紹介させていただきました。

  • 豊富な機能が標準搭載
  • オンライン名刺交換も可能
  • 初期費用0円でコストを抑えた運用を実現

上記の点から、初めてオンライン商談ツールを導入する方はもちろん、現在使っている商談ツールの費用対効果が薄いと感じている方にもおすすめなサービスと言えるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:どこでもSHOWBY公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載