【図で解説】タレントマネジメントとは結局なに?

タレントマネジメントとは?

タレントマネジメントとは氏名・部署など一般的な社員情報と、スキルや経歴・能力など、独自の情報を一元管理・把握すること、またはその能力を持つシステムのことです。
人材情報を的確に把握できるので、適材適所の人材配置や人材育成が可能になり、多くの企業が導入を始めています。

タレントマネジメントシステムのサービス資料をまとめてダウンロードできます。

サービス選定に迷いの方は便利な一括資料請求をご利用ください。

  •  
  •  
  •  

タレントマネジメントが注目される理由

タレントマネジメントが注目される理由

少子高齢化に伴う労働力人口が減っているため 少子高齢化に伴い、新卒社員を大量採用するのが困難な昨今、「人を増やして、成果を上げる」という方法から、「今いる社員で業務効率化を目指し、成果を上げる」という意識へのシフトが求められ、そのためにタレントマネジメントが活用されるケースは少なくありません。
社員の持つ力を引き出し、生産性の向上を狙う際に、タレントマネジメントは重宝されています。

テレワーク等の働き方改革が求められているため

テレワークの導入が進み、業務上で直接コミュニケーションを取る機会が減っている昨今ですが、タレントマネジメントを利用することで、社員の状況・状態・能力を可視化することが可能です。

HRテック技術が向上した

HRテック技術とは、ビッグデータ・クラウド・IoT・AI(人工知能)などのテクノロジーを用いて、人事が抱える課題を解決に導くサービスや技術のことを指します。
HRテック技術の向上により、より高品質なタレントマネジメントシステムが開発されるようになりました。

世界と競争し、競り勝つ力を持った社員を育成することが重要になった

世界規模での企業間競争が激化する昨今、日本においても、雇用慣例や人事制度を見直し、世界と競える会社づくりが急務です。
世界と競える商品・サービス・技術の創出には、今いる従業員の育成を欠かすことはできません。
タレントマネジメントシステムは、そういった側面からも活用されています。

タレントマネジメントについてより詳しくはこちら

タレントマネジメントが注目されているワケ

タレントマネジメントをする目的

タレントマネジメントをする目的

目的1会社の経営目標の達成のため

事業を拡大したり、売上を伸ばしたりなど、経営目標をしっかりと踏まえた上で、人事戦略に落とし込むことは、目標達成・課題解決への有効なタレントマネジメント活用方法と言えるでしょう。

目的2電話やメール対応などのカスタマーサポート

企業規模が大きいほど、縦割り体制における部署ごとの連携が難しくなりますが、タレントマネジメントを導入することで従業員に沿った職務や部署への転換、またスキルの可視化も実現されるため、部署間を超えた連携がスムーズになります。

タレントマネジメントが会社にもたらす7つのメリット

メリット

  • 人事戦略の確立
  • 目標管理の整備・確立
  • 評価制度の構築
  • 公正な人事評価ができるようになる
  • 効果的な人員配置が可能になる
  • 社内の人材育成が効率化
  • 従業員のエンゲージメントが向上

メリット①人事戦略の確立

タレントマネジメントは、能力・スキル・経歴・資質・キャリアプランなど、社員1人ひとりに関する情報のデータ化が行えるため、適切な人事戦略の確立に役立ちます。

メリット②目標管理の整備・確立

従業員の適性に合ってない目標設定を行ってしまうと、従業員の成長やモチベーション低下に繋がります。
従業員の目標意識を高めるには、従来の部署単位の目標だけでなく、タレントマネジメントを活用し、従業員に寄り添った目標設定や管理の見直しを行うことが最適です。

メリット③評価制度の構築

人事評価の基準が不明確であったり、業務内容や評価者によってばらつきがある場合、従業員が会社に対して不信感を持つきっかけになります。
タレントマネジメントを導入すれば、一元管理した能力やスキル、キャリアビジョン等のデータに基づき、主観の入らない評価制度が構築されます。

メリット④公正な人事評価ができるようになる

上述した通り、明確な評価制度が構築されれば、客観的で定量的な人事評価が可能になります。

メリット⑤効果的な人員配置が可能になる

タレントマネジメントは、従業員の職歴・経験・スキル・ノウハウに基づき、人材を効率的に選ぶことを得意とするため、効果的な人材配置が実現されます。

メリット⑥社内の人材育成が効率化

タレントマネジメントを導入することで、従業員各々の課題解決に向けたスムーズな育成・教育が可能になります。
強みや弱みを適切にマネジメントし、直接アプローチすることで、組織が求める従業員像に最適な人材育成に寄与してくれます。

メリット⑦従業員のエンゲージメントが向上

タレントマネジメントを活用し、適材適所の人材配置・人材育成を推し進めることで、自ずと従業員エンゲージメントが向上します。
人材流出の防止・自律性・生産性の向上など、経営戦略の構築に直結することでしょう。

タレントマネジメントについてより詳しくはこちら

タレントマネジメントのメリット・デメリット

タレントマネジメントの導入・成功事例

日産自動車による例

日産自動車は、先進的にタレントマネジメントに取り組んでいます。 キャリアコーチと呼ばれる社内スカウトマンが在籍しており、日本のみならず世界中の社員の中からあらゆるスキルや実績を客観的に判断し、優秀な人材を発掘・育成します。
キャリアコーチから優秀と認められた人材は、タレントマネジメント委員会の審議にかけられ、リーダー育成専用プログラムにエントリーされます。
そのような方法により、本社の役員・各部門のトップ・各地域の拠点トップなど、それぞれに最適な人材候補がピックアップされ、適切な育成が行われます。

タレントマネジメントについてより詳しくはこちら

タレントマネジメントの成功事例

タレントマネジメントの具体的な導入手順

  • STEP1

    人材情報の整理・可視化

    企業内の様々なフォーマットに、人材に関するデータが散在していたり、重複するデータがいくつも存在していたりするケースは少なくありません。
    まず、データの洗い出し・整理を行い、扱いやすいデータにクレンジングすることが必要です。

  • STEP2

    人材(タレント)の特定

    タレントは、「即戦力として活用できる人材」 と「長期的に成長する可能性がある人材」の二軸で設定することが重要です。
    それらの人物像に合致する従業員を策定しましょう。
    また、自社の定めたバリューなどに紐づけることで、より社内理解を獲得できるはずです。

  • STEP3

    グループごとでの育成計画の作成

    リーダー候補の発掘、配置の最適化、戦略的な育成計画など、グループごとに解決したい中心課題を設定します。
    課題を設定することで、その後のステップもスムーズになることでしょう。

  • STEP4

    人材の採用・配置

    人材情報の整理・タレントの特定・育成計画の作成までを終えたら、把握した現状の組織データに基づき、人材の採用・配置を行いましょう。
    タレントマネジメントシステムを上手に活用すれば、従業員一人ひとりの得手不得手が可視化されるため、採用・配置に関して大いに役立つはずです。
    もし不足しているスキルやポストがある場合は、育成を検討することも必要です。

  • STEP5

    適切な人事評価の実施

    一通りの運用を終えたら、当初の実施目的の施策を実行できたか、経営目標を達成できたかなどを確認し、人材の貢献度を評価します。
    もし効果があ現れていない場合は、運用改善を目指すべく、原因分析を行います。

  • STEP6

    配置転換・能力開発

    タレントマネジメントを導入し業務運用を行っていても、従業員の考えと計画が沿わないことも考えられます。
    従業員の状況確認として定期的にモニタリングを行い、必要に応じて計画の修正・フォローアップ・配置転換などを実行し、新たな能力が必要になる際は、研修の開催なども必要です。

タレントマネジメントについてより詳しくはこちら

タレントマネジメントの具体的な導入手順

効率的なタレントマネジメントを行うにはシステムを利用する

タレントマネジメントシステムとは?

これまで述べてきた通り、タレントマネジメントシステムとは氏名・部署などの社員情報とスキルや経歴など、タレントマネジメントを行う上で必要な情報を一元管理・把握できるシステムです。

タレントマネジメントシステムを利用するメリット

予め用意されたフォーマットを利用できる

フォーマットが統一されることで、社歴・年齢・成果などの情報整理が可能になるため、評価基準が統一できるようになります。
人事情報を適切に活用することで、適正な評価へと繋がります。

権限管理等でセキュリティ対策も万全

タレントマネジメントシステムは、人事情報・個人情報を取り扱うツールであるため、十分なセキュリティ対策がなされています。 役職や部署ごとに権限管理や、ログイン時の2段階認証など、手厚いセキュリティ機能によって、しっかりと情報を保護することが可能です。

誰でも使いやすいUI/UXで設計されている

優秀なタレントマネジメントシステムは、誰でも使いやすいUI/UXで設計されています。
PDCAを回す場合、もしくは経営判断が必要になった場合など、スムーズに話を進める上で、使いやすいシステムであることは必須条件と言って過言ではありません。

タレントマネジメントについてより詳しくはこちら

タレントマネジメントシステムとは?基本と利用するメリット

タレントマネジメントをすると会社が変わる

以上、タレントマネジメントについて詳しく解説いたしました。
タレントマネジメントは、会社の中長期的な経営戦略をもとに、導入目的を明確にし正しく活用することが大前提です。
そのためには、体制を整理することからタレントマネジメントを始めると良いでしょう。
従業員のパフォーマンスを最大化させる人事戦略の一つとして、タレントマネジメントの活用は、会社の体制を変え、組織を成長に導く非常に有効な手段だと言って間違いありません。

タレントマネジメントシステムのサービス資料をまとめてダウンロードできます。

サービス選定に迷いの方は便利な一括資料請求をご利用ください。

  •  
  •  
  •  

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: スマカン

(4.5)

月額費用50,000円〜無料お試し30日間無料
初期費用要お問合せ最低利用人数1人〜

スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。 人材情報の見える化・一元管理を可能とし、人材配置、人材育成、目標管理、人事評価に活用することで、企業の人材戦略をサポートすることができます。

使いやすさ抜群のインターフェース

どんなに便利なツールでも、使いこなせなければ意味がありません。 スマカンは、非エンジニアの方でも手軽に人材データベースや評価シートの設計を行うことができます。 パソコンはもちろん、スマートフォンでの使いやすさも意識したインターフェースで開発されているため、外出先からでも簡単に閲覧・入力が可能です。

人材情報の一元管理ができる

スマカンを導入すれば、人事に関する様々な情報を一元管理することができます。 オリジナルのデータベースが手軽に構築でき、CSVファイルによるインポートも可能なため、欲しい人事情報を使いやすい形で活用することができるようになります。

クラウドで目標管理

スマカンは、クラウドで提供されているサービスであるため、テレワーク・リモートワークなど、場所を選ばない目標管理を可能とします。 紙やExcelでは煩雑化していた管理をクラウドで、MBO・OKRの一元管理ができるようになります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。