タレントマネジメントの具体的な導入手順

更新日:

    タレントマネジメントの具体的な導入手順とは?

    タレントマネジメントの具体的な導入手順について詳しく解説いたします。

    企業における従業員の能力を正確に把握・管理し、その能力を最大限に引き出すための戦略として、タレントマネジメントの重要性が増してきています。

    タレントマネジメントを導入することで、目的を明確にすることが可能になりますが、その際の正しいステップについて解説いたしますので、参考になさってください。

    実施目的を設定する

    まず最初に、タレントマネジメントを実施する上での全社的な目的を定めましょう。

    リーダー候補の発掘、配置の最適化、戦略的な育成計画など、課題をしっかりと洗い出すことで、自然と目的が見つかります。

    体制を調整する

    タレントマネジメントの導入には、部署や外部機関と十分に協力体制を構築することが必要です。

    現場と協力し合い、必要なデータを収集し、部署横断的な体制に関しても考慮しておくと良いでしょう。

    情報の一元化・可視化

    社内の人材情報を一元管理するべく、データベースを構築しましょう。

    情報管理の利便性を向上するべく、このタイミングでタレントマネジメントシステムを導入するのがおすすめです。

    タレントマネジメントシステムによって社内に散らばっている情報をしっかりと集約できるので、利便性はもちろん、業務効率化にも繋がります。

    人材情報の把握と分析を行う

    システムに社内の人材情報を入力し終えたら、分析に入ります。

    組織内の人材把握、すなわち偏りがないか、足りないスキルはないかなどをしっかりと確認し、組織力の把握分析を行うと良いでしょう。

    採用育成計画を立案し実行する

    人材情報を分析した結果をもとに、採用計画や育成計画の策定を行います。

    把握した現状の組織データから、必要な人材や、理想とのギャップが浮き彫りになるため、不足しているスキルやポストがある場合は、人材の採用・育成を検討する必要があります。

    評価と見直しを行う

    一通り運用を行なった後、タレントマネジメントの貢献度を振り返りましょう。

    実施目的に則った施策が行われているか?

    経営目標の達成はできているか?

    など、運用の改善を常に検討し、狙いたい効果があらわれていない場合は、原因分析を行います。

    タレントマネジメント導入の注意点は?

    タレントマネジメントの導入における注意は以下の内容が考えられます。

    運用体制

    タレントマネジメントを運用するにあたり、問題となりやすいのは運用体制ですが、導入するだけで、効果を発揮するわけではありません。

    入力や更新、メンバー、マネージャー、それ以上の役職者にも、重要性をしっかりと理解して運用してもらう必要があります。

    システムの利用方法に関しては、マニュアルやサポートに頼るケースも少なくないでしょう。

    人事制度の変更の可能性

    タレントマネジメントは人事の基盤となるシステムであるため、人材配置や採用、教育、キャリア計画、後継者計画など全てに紐づいて連動します。

    企業の成長や方針によって、これらの人事制度は変更する場合も少なくないため、タレントマネジメントは人事制度の変更によって柔軟に対応するべきです。

    タレントマネジメントでより充実した人事戦略を

    以上、導入手順を6つに分けてご紹介いたしました。

    まずは目的を明確にし、体制を整え、システムを導入して運用を始めたら、常に更なる改善を怠るべきではありません。

    企業にタレントマネジメントを適切に導入して運営を行い、より充実した人事戦略を行いましょう。

      • qeee枠【タレントマネジメント】

        類似サービス: HRBrain

        (4.5)

        月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
        初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

        HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

        人事評価を効率化

        HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

        人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

        HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

        最適な人材配置が可能になる

        人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

        類似サービス: スマカン

        (4.5)

        月額費用50,000円〜無料お試し30日間無料
        初期費用要お問合せ最低利用人数1人〜

        スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。 人材情報の見える化・一元管理を可能とし、人材配置、人材育成、目標管理、人事評価に活用することで、企業の人材戦略をサポートすることができます。

        使いやすさ抜群のインターフェース

        どんなに便利なツールでも、使いこなせなければ意味がありません。 スマカンは、非エンジニアの方でも手軽に人材データベースや評価シートの設計を行うことができます。 パソコンはもちろん、スマートフォンでの使いやすさも意識したインターフェースで開発されているため、外出先からでも簡単に閲覧・入力が可能です。

        人材情報の一元管理ができる

        スマカンを導入すれば、人事に関する様々な情報を一元管理することができます。 オリジナルのデータベースが手軽に構築でき、CSVファイルによるインポートも可能なため、欲しい人事情報を使いやすい形で活用することができるようになります。

        クラウドで目標管理

        スマカンは、クラウドで提供されているサービスであるため、テレワーク・リモートワークなど、場所を選ばない目標管理を可能とします。 紙やExcelでは煩雑化していた管理をクラウドで、MBO・OKRの一元管理ができるようになります。

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載