クリティカルシンキングとは?注目される理由や実戦するメリット、実践のポイントについて解説

最終更新日 

ビジネスの現場で注目されているクリティカルシンキングをご存知ですか。
実践できるようになれば、アイディアが浮かんできたり、画期的な解決策が導き出せたり、プレゼンで良い結果が出せるかもしれません。
クリティカルシンキングが注目される理由や実戦するメリット、実践のポイントについて解説していきます。

クリティカルシンキングとは?基本を解説

クリティカルシンキングとは、直訳すれば、批判的思考です。
批判的というとマイナス的な発想に思えますが、極めてポジティブでアクティブな思考方法になります。
批判というと他人に対して批判することや攻撃することをイメージしてしまいますが、クリティカルシンキングは自分の考えに対して批判的な視点を持つことです。
自分の考えが本当に適切かという視点を持ち、主観にとらわれず、客観的に物事を考える思考法です。
対象となる物事の前提となる正誤を検証し、その本質を見極めていくために行われます。

クリティカルシンキングのポイント

クリティカルシンキングを行うポイントは、健全な批判的精神と客観的な思考です。
論理的思考を養うのに役立ち、思考の効率を高めてくれます。
適正な思考を行うための心構えが身につきます。

クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違いについて

クリティカルシンキングを行うことは論理的な思考に役立つとご紹介しましたが、論理的な思考というとロジカルシンキングをイメージする方も多いのではないでしょうか。
では、クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違いはなんでしょうか。
ロジカルシンキングとは論理的思考の意味で、ある事象について矛盾がないように順序立てて考えることや体系的に整理して考える思考方法のことです。
クリティカルシンキングと似ていますが、ロジカルシンキングは論理的に考えるスキルであるのに対し、クリティカルシンキングはロジカルシンキングに加えて、自分の考えを批判的にチェックする習慣を身につけ、より客観的なロジカルシンキングにつなげる手法と捉えることができます。

クリティカルシンキングが注目される理由

クリティカルシンキングがなぜ注目されるようになったかというと、変化の激しいビジネス環境が挙げられます。

  • 少子高齢化による国内市場の縮小
  • ビジネスのグローバル化による国際競争の激化
  • IT技術の進化やデジタル化のスピードの速さ

このように様々な情報があふれ、適切かつ迅速な取捨選択が求められる世の中において、これまでの考え方やビジネス手法を踏襲するだけでは変化に対応しきれなくなります。
企業の生き残りのためにも、変化やスピードに臨機応変に対応し、多様化して変化しやすい消費者のニーズやトレンドをキャッチアップしていかなくてはなりません。
そのためには、新しいアイディアを見出すことや課題の効果的な解決が求められます。
クリティカルシンキングは新しいアイディアを見出し、アイディアの正当性を検討することや解決策が本当に合っているかを検証するにも役立ちます。
刻々と変化し、あふれる情報の中で、自らの頭で思考を続けることが重要となっている中、クリティカルシンキングを通じて物事の本質を見抜いていくことが求められているのです。

クリティカルシンキング実戦するメリット

では、クリティカルシンキング実戦するメリットはどのようなことでしょうか。
ビジネスの現場では、以下のような点に役立ちます。

  • 会議や商談などのプレゼンでより論理的で根拠のある話ができるようになり、提案が通りやすくなる
  • 売上の低下や成績が出ないなどビジネスの場で生じる自分や他者、組織における問題を的確に分析し、解決策を導き出すことができるようになる
  • 新規事業におけるアイディアの創出ができるようになることや思わぬリスクも見落とさなくなる

クリティカルシンキングでできるようになること

クリティカルシンキングは最適な解を導く出すのに役立ちます。
自分の考え出すことに「ちょっと待てよ」という批判的な観点を持ち、さまざまな角度から検証することで、深く考え抜く力が身につきます。
自分の経験や勘に頼らない問題解決や意思決定、コミュニケーションができるようになるのがメリットです。
一方、デメリットとしては適切な方法を身につけないと、いつまでも解決策や発想が出なくなるおそれがあります。
自分の考えは間違っているのではないかとネガティブ思考に考えてしまい、自信が持てなくなる、あらゆることを疑い、疑心暗鬼になることがないように気を付けましょう。
クリティカルシンキングは批判的といっても、これまでの経験や過去の事例や慣習だけにとらわれず、客観的な視点を持って考えようというものであり、前向きで新しい、より最適な考えが導き出せるので、本来は自分の考えにより自信を持って堂々とアピールできる方法なのです。

クリティカルシンキングの鍛え方、実践のポイントについて

クリティカルシンキングの鍛え方は自問自答です。
自分に対して「本当にそれでいいのか。」、「もっと効果的な解決策や効率的な方法はあるのではないか。」と批判的な問いを投げかけ、自問自答しながら考えを深めていく精神や習慣を養成していくことが大切になります。
実践のポイントは大きく分けると、以下の3つになります。

目的を常に意識する

クリティカルシンキングでは、常に目的は何かを意識することがポイントです。
目的を明確にしない状態でクリティカルシンキングをしても、適切な解答を導くことはできません。

思考に偏りのない人はいない

クリティカルシンキングは主観ではなく、客観的な立場から考えて、物事の正当性を確かめる点が重視される考え方です。
どんなに冷静で経験豊富な人であろうと、思考には偏りがあり、主観が入り込むものです。
この件に関しては自分は専門家だから、過去に多くの経験をしてきたから、間違った判断をすることはないではなく、一度は疑ってかからなくてはなりません。
人間が持つ思考の偏りを可能な限り除去して、客観的な立場から考えを導くことを目指しましょう。

問い続ける

クリニカルシンキングには実は終わりがありません。
物事を批判的、懐疑的に見るようになると、新たに考え出されたことも「やはり、違うのでは?」とか、「まだ何か隠れているのでは?」と思考回路が働くようになります。
クリティカルシンキングは時間をかければかけるほど、物事の正当性を正しく見極められる方法です。
時間はかかっても、もうこれ以上検討する余地がないと状況まで追い詰められたとき、これまでにない画期的なアイディアが生み出されることや効果的な解決策が思い浮かぶかもしれません。

まとめ

クリティカルシンキングが注目される理由や実戦するメリット、クリティカルシンキングの鍛え方や実践のポイントについて解説してきました。
クリティカルシンキングは自分の考え方に対して批判的な思考を持ち、主観を除去して客観的に考えることで、より説得力があり、最適なアイディアや解決策などを導き出そうという手法です。
論理的思考を意味するロジカルシンキングと似ていますが、ロジカルシンキングの手法をさらにブラッシュアップさせることができます。
クリティカルシンキングを身につけると、商談や会議、プレゼンの場でより論理的で説得力ある考えを提案が可能になり、より画期的なアイディアを生み出すことやこれまでにない最適な解決策を導き出せるようになります。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載