DOCUMENT MARKの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
110,000円~
初期費用
350,000円~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ

たくさんの書類の山をスキャンする作業に無駄を感じている会社におすすめのサービス、「DOCUMENT MARK」は、スキャンする時間を短縮、スキャンしたデータを使いやすく仕上げるサービスです。

DOCUMENT MARKとは?

「DOCUMENT MARK」はQRコードと一緒に読み込むだけで自動的にファイルを作成してくれます。

なので、データの取り込みがとても簡単です。

また、スキャンデータの管理も高速検索によって効率化することができます。

欲しいデータをすぐに探し出してくれます。

「DOCUMENT MARK」はファイルの管理だけではなく、メモ機能なども搭載されています。

フォルダ別に細かく権限を設定することもできるので、個人情報なども安心です。

DOCUMENT MARKの特徴

「DOCUMENT MARK」は特徴を3つ紹介します。

データ管理が簡単

データ管理が簡単にできるのは、「DOCUMENT MARK」の最大の特徴です。

「DOCUMENT MARK」は属性情報を登録したQRコードと一緒にスキャンするとそのデータを読み取って、自動でファイルを作成します。

ファイル名のリネームなどの手間もありません。

便利なさまざまな機能が搭載

「DOCUMENT MARK」の2つ目の特徴は、使える機能が豊富にあるところです。

パソコンのスキャンデータで一番不便に感じるのは、書類に手書きで注意書きやコメントを書き入れることができなことではないですか?

「DOCUMENT MARK」は、資料に直接サインをすることができます。

また、捺印することもできます。

資料に直接書き込むことができない大切なものであれば、メモ機能を使ってコメントをつけることができます。

読み込んだデータはCSV出力することもできるので、データ入力の人員を大幅に削減することができます。

最近よく耳にするようになった「e-文書法」や「電子帳簿保存法」。

この法律にも「DOCUMENT MARK」は対応可能です。

「e-文書法」や「電子帳簿保存法」などの電子的な書類に関する法律も「DOCUMENT MARK」は、タイムスタンプ機能を使うことで対応できます。

タイムスタンプ機能は、データの改ざんや複製を防ぐために電子資料につけられるマークです。

このタイムスタンプ機能を使用することで、文書の正当性を認められるのです。

正当性が認められた文書は、法人税などの税金関係書類としても提出できます。

DOCUMENT MARKの料金

初期費用 350,000円から(詳しい内訳はお問合せください)

月額費用 110,000円から(ベースライセンス、必須オプションの合計)

DOCUMENT MARKの評判・口コミ

DOCUMENT MARKを導入した会社の口コミを紹介します。

紙媒体でデータを管理することに、長い間課題を感じていました。

紙で保存すると、経年劣化による資料の破損や紛失のリスクがどうしてもありました。

しかし、DOCUMENT MARKを導入することでその心配がなくなりました。

誰でも簡単にデータの管理ができるようになり、人員の削減や作業の効率化につながっています。

まとめ

電子帳票サービスDOCUMENT MARKについてお話ししました。

完全なペーパーレス化に不安を感じている企業でも、実際に導入することでどうしてもっと早くしなかったのか、と後悔するほどDOCUMENT MARKは画期的なサービスと言えるでしょう。

一度、検討してみてください。

      その他の関連する記事

        • 電子帳票サービス

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載