FNX e-帳票FAXサービスの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
10000円
初期費用
0円
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ

今までは、見積書や請求書など重要な書類などをFAXでやりとりしていた企業がほとんどでしょう。

締め日近くになるとFAXの前に立ち膨大な量の書類を宛先別に送信していました。

FAXは、送信作業や宛先検索、誤送信の防止の抑止など人の手で行うには様々なリスクが伴いました。

ここで紹介する電子帳票サービス「FNX e-帳票FAXサービス」は、人を介さずに自動でFAXを送信できるサービスです。

自動で送信できるFAXサービスのメリットを確認してみてください。

FNX e-帳票FAXサービスとは?

FNX e-帳票FAXサービスとは、業務帳票をFAX原稿に変換、自動でFAX送信をするASPサービスです。

SVFを使って作られるPDFやTIFFの業務帳票をメールに添付して送付するのが、FNX e-帳票FAXサービスです。

人を介さないで作業を完了させる自動FAX送信は、業務効率の向上だけでなく運用コストの削減も期待できます。

FAX作業の大きな課題であった送付先ミス、帳票原本の紛失などのセキュリティ面での事故防止を防ぐことができるのです。

今までのFAXサーバーを自社で構築するのとは違い、大掛かりな開発をする必要もありません。

導入までスムーズで、開発コストや機器購入等の初期投資も必要ありません。

FNX e-帳票FAXサービスの特徴

FNX e-帳票FAXサービスの特徴を紹介します。

SVFで作成した業務帳票をFAX原稿に変換して自動FAX送信を実現

SVFで作成したPDFやTIFFの業務帳票をFAX原稿としてメールに添付します。

FNX e-帳票FAXサービスへ送信しワンクッション入れることで人を介さない自動FAX送信を可能にします。

PDF形式であれば、ファイルオープンパスワードを設定することもできます。

パスワードを設定することで、セキュリティ強化された自動FAX送信システムの運用につながります。

FAX送信結果を確認

SVFで作成したPDF形式の帳票は、FAXの送信結果や、送信イメージがブラウザからインターネットを経由して「FNXnaviⅡサービス」の管理画面から確認することができます。

FNX e-帳票FAXサービスの料金

FNX e-帳票FAXサービスの料金は、月額10000円。

初期費用は、無料です。

ただし、送信1ページあたりの通信料が発生します。

FNX e-帳票FAXサービスの評判・口コミ

実際にFNX e-帳票FAXサービスを利用している企業の口コミを紹介します。

FNX e-帳票FAXサービスの利用と合わせて、インフラ環境をクラウドに移行しました。

結果5年間で運用コストを400万円以上削減することができました。

FNX e-帳票FAXサービス導入前は、送信したFAXが不達だったときには情報システム部門でのみエラーの確認ができました。

また、FAX送信後に相手先に着信の確認電話をする必要もありました。

しかし、これでは連絡の手間や再送までに時間がかかり過ぎてしまいます。

FNX e-帳票FAXサービスは、不達の場合には、送信処理をした部署の担当者に直接エラーメッセージがメールで届きます。

こうすることで、再送処理もスピーディーにフォローできるようになりました。

まとめ

一般家庭などではなくなりつつあるFAXも、企業によっては活躍しているところもあります。

しかし、紙媒体でのFAX送信はリスクが大きく懸念されていました。

FNX e-帳票FAXサービスを利用することで、FAXの弱みである部分が大幅に改善できることでしょう。

      その他の関連する記事

        • 電子帳票サービス

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載