POSレジ導入のメリット・デメリットとは?

更新日:

    POSレジ導入のメリット

    業務効率化が可能になる

    POSレジ導入の大きなメリットとしてはレジ業務の効率化が挙げられます。

    会計を手入力しなくてよくなるため、ボタンの押し間違いなどによるミスを減らすことができます。

    また、POSレジには在庫管理や勤怠管理などが可能なサービスも多く、レジ関係の業務以外を効率化することも可能です。

    複数店舗の管理ができる

    複数店舗の売上管理は何かと大変なことが多く、正確な情報が把握できないことで売上アップの機会を逃してしまうこともあります。

    POSレジであれば複数店舗の売上を一元管理することができ、スタッフが売上報告のための資料を作成する手間も効率化できます。

    また、いつでもリアルタイムに売上状況を確認できるため、売上が好調な店舗や改善が必要な店舗を見逃すことなく把握することが可能となります。

    ECサイトとの連携が可能なシステムもあるため、ECサイトの立ち上げにも活用できます。

    人件費の削減につながる

    POSレジを導入することで、売上データの入力などの作業を自動で行うことができるため、そういった業務にかけていた人件費を削減することが可能となります。

    また、計算業務が自動化されるのでヒューマンエラーの防止にもつながります。

    POSレジはバーコードを読み取るだけで商品登録や会計ができるため従業員の作業効率が上昇し、店舗運営にかける人員を削減することができます。

    POSレジ導入のデメリット

    初期費用が高額になるケースがある

    POSレジは導入するタイプによって価格は異なりますが、プリンターやバーコードリーダーなどの周辺機器を購入する必要があるため初期費用が高額になりやすい傾向があります。

    大型店舗であればいいですが小規模店舗の場合は人件費よりも機器の購入費用の方が高くなってしまうケースもあるため注意が必要です。

    サービスによっては周辺機器のレンタルを行なっているものもあり、初期コストを抑えられる場合があるのでしっかりと比較検討しましょう。

    ネットワーク環境の整備が必要

    従来のレジと違いPOSレジはネットワークを介してデータの収集や管理を行うため、ネットワーク環境の整備が必要となります。

    安定したネットワーク環境が整備できないとデータ活用はもちろん会計業務にまで影響がでる可能性があるため、店舗のネットワーク環境についてはしっかりと考慮しましょう。

    また、オフラインでの利用が難しい場合もあるため停電が起きた際には会計業務ができなくなる可能性があります。

      • qeee枠【POSレジ】

        高機能かつシンプルなPOSレジシステム: CASHIER

        (4.5)

        月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円キャッシュレス対応可能

        クラウド型のマルチチャネルPOSレジシステム。導入する店舗の運用方式に合わせて自由自在に設計することができ、高機能ながらシンプルで使いやすく、1店舗から複数店舗まであらゆる業務の一元管理を可能とします。

        安定した稼働とシンプルな操作性を実現

        CASHIERは、その安定した稼働性とシンプルな操作性を実現したPOSレジシステムです。 トラブルの原因を徹底的に減らした専用のハードウェアのため、インターネットにつながらないといったトラブル時でも、オフラインでも操作ができるため、販売業務を止めることがありません。 また、導入店舗の規模に合わせたシステム構成で提供されるため、取引量に関わらず、シンプルな操作性で運用することができます。 その安定した稼働性は、99.95%という実績があり、万が一ハードウェアが故障した際も保守サービスつきプランでは即日発送、無料交換を行なってくれるため安心です。

        いつでも最新の状態で利用できる

        CASHIERは、クラウド型のサービスであるため、税率の改変などの税制改正や、社会情勢の変化に対応した機能の追加などが日々自動アップデートされて、いつでも最新の状態で利用することができます。

        導入店舗に合わせた柔軟なカスタマイズを実現

        POSレジシステムは、導入する店舗によって規模や運用環境に違いがあるため、一つのシステムで対応するには柔軟なカスタマイズが可能であることが求められます。 CASHIERは、豊富なカスタマイズ実績があり、導入する店舗のニーズに合わせた自由自在なカスタマイズが可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載