販売管理の流れと業務フロー

更新日:

販売管理の流れと管理すべき業務について

販売管理で管理すべき業務は以下の通りです。

受注管理

受注管理は、得意先への提案から受注の締結まで幅広く管理します。

具体的には新規顧客に対する見積書の作成や、取引決定後の受注業務などが受注管理には含まれます。

取引先からの注文依頼を受けて、内容に基づいた受注伝票の作成も行います。

出荷管理

出荷管理は、得意先への商品発送から納品までを管理します。

売上計上は出荷か納品のタイミングで行うことが一般的となっています。取引先から希望納期を設定されることもありますので、その場合は遅延することなく出荷を行いましょう。

出荷作業は、営業担当者と出荷担当者が同一の場合を除き、営業担当が出荷指示書などを作成して出荷担当者に指示を出します。取引先から納期が指定されている場合は、希望納期に遅延があっては信頼関係の損失につながるため注意が必要です。

取引先への納品方法としては、一般的に配送業者にお願いして郵送してもらうケースが多く、商品を受け取ってもらったら受領書にサインをもらい、発送者側は配送業者からの連絡や追跡サービスなどを活用して納品の確認を行います。

請求管理

請求管理では、売上に対しての請求を行いますが、請求業務が適切に行われていないと、収益が確保できないため非常に重要な業務と位置付けられます。

売上代金の請求方法としては、取引の都度請求書を送るか、一ヶ月といった単位を決めて一定期間ごとに取引の売り上げ代金をまとめて請求する方法があります。

取引先によって、取引条件や請求の締め日が異なる場合があるので、請求書に詳細な内容を記載するのを忘れないようにしましょう。

得意先に対して請求書を送付し、得意先は受け取った請求書の内容に沿って入金を行いますが、支払い方法としては現金で支払う場合や銀行振り込み、手形などがあります。

得意先からの入金がされた後は、入金金額と売上金額とに差異がないかをチェックして、問題がなければ入金伝票を作成、仕訳を行います。

仕入れ管理

仕入れ管理は商品の販売を行うための仕入れを管理します。

仕入れ管理では、まず購買部門に対して発注依頼をし、購買部門が複数業者に対して見積もり依頼を出し、コストや納期が条件に合う仕入れ先を決定します。リピートで発注をしている仕入れ先がある場合は比較段階はスキップすることもあります。

仕入れ先が決定したら発注を行い、注文書を送付します。販売管理システムではまとめて発注を行うことも可能です。

発注した商品が届いた後は入荷処理や検収を行い、商品数や商品状態に問題があった場合は返品処理を行います。

その後、発注した商品に対する支払いをしますが、こちらも支払い方法として取引の都度行うか、一定期間ごとにまとめて請求されたものを支払う方法のどちらかが一般的です。

在庫管理

在庫管理は、必要な量の商品を必要な場所へ保管しておくことで、発注タイミングなど必要なときにいつでも出荷できるように管理する業務です。仕入れや売り上げにも直結する業務ですのでこちらも重要と言えます。

いつでもリアルタイムの在庫状況を把握し、在庫のズレをなくすためにも販売管理システムなどの在庫状況が簡単に把握できるシステムを導入しておくと良いでしょう。

複数の倉庫で在庫を抱えている場合は倉庫ごとや全体での出入庫管理も必要となります。

エクセルや紙の在庫管理表を用いる場合は、記入漏れや商品紛失などのミスが発生する恐れがあるため、定期的な棚卸でいつでも正確な在庫状況の把握ができるように心がけましょう。

販売管理の製品比較

MA-EYESnc

MA-EYESnc

月額費用40,000円〜

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

無料お試し30日間無料

CO-NECT

CO-NECT

月額料金要問い合わせ

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースにより、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルを必要とせずに利用でき、カスタマーサポートが手厚いのも大きな特徴です。 導入した企業からは、「請求にかかる時間が3日から3時間に短縮された」「年間100万円のコスト削減に成功」などの嬉しい声が上がっています。

詳細記事はこちら

初期費用要問い合わせ

販売管理の製品比較

MA-EYESnc

MA-EYESnc

月額費用40,000円〜

無料お試し30日間無料

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

CO-NECT

CO-NECT

月額料金要問い合わせ

初期費用要問い合わせ

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースにより、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルを必要とせずに利用でき、カスタマーサポートが手厚いのも大きな特徴です。 導入した企業からは、「請求にかかる時間が3日から3時間に短縮された」「年間100万円のコスト削減に成功」などの嬉しい声が上がっています。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは 販売管理の製品です。
    販売管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【販売管理】

        類似サービス: CO-NECT

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間申込日の当日

        CO-NECTとは、CO-NECT株式会社(旧株式会社ハイドアウトクラブ)が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースが採用されているため、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルいらずに扱うことができ、カスタマーサポートも優れているため、安心して導入することができます。

        受注業務のデジタル化で業務時間の削減が可能

        従来のFAXや電話での受注業務では、文字が読み取れないことから確認のために電話をしたり、聞き間違いよる発注ミスなどが起きてしまうケースも少なくはありませんでした。

        取引先への負担なく導入できる

        CO-NECTは、取引先(発注側)は無料で利用することができます。 新しいシステムを導入する際は、取引先にも同様のシステムを使ってもらうことが多く、料金や操作面などで負担がかかってしまう場合もあります。

        充実したレポート機能で受注状況の分析が可能

        CO-NECTには、販売管理や分析に関する機能が豊富に搭載されているため、受注状況を効率的に把握することが可能です。 CO-NECT以外の受注情報も一元管理できるため、受注状況の把握がしやすく、出荷指示もCO-NECT上から行うことができます。

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載