Statusbrew(ステータスブリュー)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
25,750円~
初期費用
0円
無料お試し
あり
導入社数
要問い合わせ
これは SNS管理・運用の製品です。
Statusbrewの資料ダウンロード

    今や、テレビ以上の広告効果を持つと言われているWeb広告ですが、中でもX(旧Twitter)やInstagramなどのSNSを活用したマーケティングや広告は、ユーザー数の多さもあり、高い効果が期待できます。

    Statusbrew(ステータスブリュー)は、監視・分析に強みを持つソーシャルメディアマーケティングツールとして注目されています。

    本記事では、Statusbrewの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Statusbrew(ステータスブリュー)とは

    Statusbrewは、監視・分析に強みを持つソーシャルメディアマーケティングツールです。

    インド発のグローバルカンパニーが、日本向けにローカライズしたツールとして展開し、主に「500以上の多店舗展開」「社員数1,000人以上」といった大規模組織向けに提供しています。

    X(Twitter)やInstagram、TikTokをはじめとした12種類以上のソーシャルメディアに対応し、アカウントの一元管理を実現します。

    複雑なSNS管理を効率化できるだけでなく、店舗ごと・事業ごと・チャネルごとなどグループ別にアカウント管理・ワークフロー管理の最適化にも役立ちます。

    投稿の作成・管理機能をはじめ、投稿/コメントの自動監視、238以上の指標による高性能なデータ分析と、ソーシャルメディアマーケティングに必要な機能を標準搭載。SalesforceやHubspotといったCRMツールとも連携でき、必要に応じて設定をカスタマイズできます。

    炎上リスクを低減しながらSNS運用を効率化して、マーケティング活動の生産性を高めます。

    Statusbrew(ステータスブリュー)のおすすめポイント

    【コメント監視】複数SNSの同時監視・チケット管理の自動化で、コメント対応を最適化

    自動化に強みを持つAI搭載のコメント監視機能を搭載しています。各SNSのコメント・口コミ・メンション・ハッシュタグ・DMなどを専用の受信箱に集約し、事前設定したルールをもとに自動で振り分け・処理に対応。90種類以上の条件指定ができ、「所定のコメントに対してDMを自動送信する」「担当にチケットを振り分ける」「スパムとしてマークする」などのアクションを紐づけできます。

    スパムや悪質なコメントは、ワンクリックで非表示・削除も可能です。

    受信箱内はキーワードやタグ、顧客情報などで検索可能。社内向けの共有ノートもあり、メンバーと簡単に状況を共有できます。

    24時間の監視・自動処理と運用サポートで、効率的なコメント管理を可能にします。

    【投稿管理】ワークフローのカスタマイズで、リスク低減と計画的な投稿を実現

    投稿の種類ごとに承認ワークフローをカスタマイズできます。投稿者のアサインや、公開までの承認プロセスの設計、確認ステップ、NGワードを含む投稿の却下など、自在に設計可能。適切な投稿設計で炎上リスクを低減します。

    SNSの運用状況を一括把握できる「ソーシャルメディア専用カレンダー」や、投稿のステータスが見える「予約プランナー」も搭載。予約中・下書き中・承認待ち・公開済といったステータスや、「誰がどんな内容で投稿を予定しているか」を確認できます。

    進捗状況や詳細の把握を容易化して、コンテンツ企画や投稿戦略の検討を円滑にします。

    【分析】多様な分析指標・柔軟な切り口設定で、状況把握や分析を効率化

    ソーシャルメディアに即した238以上の分析指標を搭載し、フォロワー数の推移やチャネル、センチメント分析など、多角的な分析が可能です。

    ダッシュボードには複数SNSのデータを表示し、各パフォーマンスをまとめて把握できるだけでなく、ウィジェット上で複数のメトリクス・分析軸・フィルターを組み合わせて、見たい切り口で分析できます。

    競合分析機能も搭載し、主要指標に対する自社アカウントと競合アカウントとのデータ比較も可能です。

    ダッシュボード上のデータはPDF出力、ウィジェットデータはCSV出力にそれぞれ対応。PDFレポートは、生成予約や外部への予約送信、リンク共有もできます。忙しい月末や期末でも、レポート作成や報告業務を効率的に行えます。

    Statusbrew(ステータスブリュー)の主要な機能

    Statusbrewに搭載されている主な機能を紹介します。

    • 投稿機能:複数段階の承認ワークフローを構築
    • 分析機能:230種類以上の分析指標を搭載
    • エンゲージ機能:コメント監視専用のチケットを活用
    • Instagram商品タグ:Metaのコマースビジネスマネージャーに登録しているカタログの商品をタグ付けして予約
    • Salesforce&HubSpot連携:SalesforceとHubspotとの連携が可能
    • LinkedinのPDF予約:LinkedInの予約投稿からコメント監視、分析までを自動化

    Statusbrew(ステータスブリュー)の料金·価格

    Statusbrewの料金体系は、以下の通りです。初期費用はかかりません。

    • Standard:月額25,750円(年間払いの場合、月あたり20,600円)
    • Premium:月額48,750円(年間払いの場合、月あたり39,000円)
    • Enterprise:要問い合わせ

    また、無料のトライアルも用意されています。

    ※価格情報は、2024年5月時点のもの

    Statusbrew(ステータスブリュー)の導入事例・評判・口コミ

    機能だけでなくサポート体制にも満足

    “全国展開している弊社では、店舗ごとにSNSのアカウントを作り、運用しているのですが、その数は数百を超えています。各アカウントの投稿内容チェックや運用状況のチェックなどが煩雑化していることもあり、Statusbrewを導入しました。機能はもちろん、サポートも迅速かつ丁寧で、こちらのニーズを反映した機能拡充をしていただき、大変満足しています。既存アカウントの更新状況やインサイトを一元管理できるようになりました。”(匿名希望)

    チームのSNS活用が活発になりました

    “複数のSNSを運用していることもあり、管理が煩雑化していたのですが、Statusbrewを導入したことで、課題を解消できました。複数人でSNSアカウントを管理できるようになるため、チームでのSNS活動が効率化されています。チームの中で誰が投稿したのか、投稿に対するコメントには誰が対応するのかといった連携がスムーズになり、SNS活用が活発になりました。”(匿名希望)

    よくある質問

    無料トライアルは何日間利用できますか?

    プランによって7日間、または14日間ご利用いただけます。

    無料トライアルの終了後は、自動的に課金されますか?

    無料トライアル終了後に課金されることはございません。

    ソーシャルメディアアカウント数が100以上あるのですが、対応できますか?

    Statusbrewは、大規模組織への対応を得意としていますので、ご安心ください。

    日本以外に支社やグループ会社がある場合でもサポートを受けることはできますか?

    Statusbrewは、インド、アメリカ、日本、チェコに拠点があり、契約形態や料金の支払い、ディスカウントなどに即座に対応することができます。

    スタートアップ企業で利用できる割引はありますか?

    ございます。詳細は一度お問い合わせください。

    Statusbrew(ステータスブリュー)の詳細について

    Statusbrewについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    Statusbrewは、複数のSNSアカウントを運用している場合に起きる可能性があるリスクを回避し、より積極的なSNS活用を実現することができます。

    サービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    Statusbrew の 口コミや導入事例・評判について

    満足度

    SNSの一元管理におすすめ

    良い点

    複数のSNSアカウントを所持しているので、一つのツールでまとめて管理ができて助かります。

    改善点

    マニュアルが英語なので、日本語対応もして欲しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    チームでの利用なので、コメントへの返信がまだされていなかったり重複投稿のリスクが無くなったことが大きいです。
    返信対応を迅速に行えるようになったことでユーザー満足度がアップし、リード獲得にもつながっています。

    満足度

    SNSの見える化に

    良い点

    複数のSNSアカウントを一括で確認できる点です。

    改善点

    特にありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    これまでは一つ一つ確認していましたが、Statusbrewを導入してからは一括で確認できるようになり対応効率が大幅にアップしました。
    また、大量の日々のメッセージの確認漏れが無くなったことも大きいです。
    複数人での管理もしやすくなりました。
    アクションに対する分析もできるようになり助かっています。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載