社宅代行とは?おすすめ製品3選を比較【2023年版】

更新日:

物件探しから家賃交渉、更新作業など社宅管理に関する業務は多岐にわたり、専門知識も必要となるため、自社社員だけで対応するには人材の育成や新規採用などの負担が生じます。

そんな社宅管理に伴う業務を大幅に効率化できるとして近年注目されているのが「社宅代行サービス」です。

本記事では、社宅代行について、基本的な意味やおすすめサービス、導入するメリットなど幅広く解説しますので参考にしてください。

社宅代行とは?

社宅代行とは、社宅管理に関する業務の多くを代行してくれるサービスのことを指します。

社宅は家主が法人とは限らないため、物件が分散した場合はそれぞれの家主と契約しなければならず、担当者にかかる負担も大きなものです。また、契約時には専門的な知識が必要となるため、社内の人材だけでは対応しきれない可能性もあります。

社宅代行サービスによっては社宅管理業務の9割をアウトソーシングすることも可能なので、社内担当の負荷を大きく軽減し、コア業務に集中できるようにサポートすることができます。

ただし、新規契約時の物件の下見や社内での稟議申請、解約時の明け渡しにおける立会いや鍵返却などは代行できないケースが多いため注意しましょう。

おすすめの類似社宅代行サービス

類似サービス: LIXILリアルティの社宅代行サービス

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

LIXILリアルティの社宅代行サービスとは、株式会社 LIXILリアルティが運営している社宅代行サービスです。 企業のニーズから生まれたサービスであるため、従来の不動産業界から派生したサービスとは違い、企業側の立場にたったサービス提供を実現しています。

   

コスト削減が可能

社宅業務のアウトソーシングには、委託費用が発生するものの、さまざまな効果が期待できます。 例えば、月々の支払先がLIXILリアルティへ一本化されることで振込手数料が大幅に削減できますし、社宅解約精算時の原状回復費用も適正化を図ることができます。

業務削減を実現

LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、社宅業務を丸ごとアウトソーシングして一元管理してもらうことができ、自社で家主や、管理会社、不動産会社にコンタクトを取る手間を省くことが可能です。 社宅業務をアウトソーシングすることで業務時間に空きができ、企業側は本来のコア業務に注力する時間を増やすことができます。

豊富な物件情報を提供

LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、全国に提携不動産ネットワークを構築しており、エリア内の複数会社から豊富な物件情報を提供することが可能です。

類似サービス: タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉とは、株式会社タイセイ・ハウジーが運営している社宅代行サービスです。 1995年に日本で最初に外部委託として社宅管理の代行業務を開始した経歴があり、長年の運営実績によって、信頼性の高いサービスを提供しています。 人事・福利厚生などのコンサルティングから社宅管理のアウトソーシング、マネジメントといった不動産の総合力で幅広いニーズに対応することができ、懇切丁寧なサポートを提供しているため、初めて社宅管理サービスを利用するといった方にもおすすめです。

   

幅広い業務をアウトソーシングできる

社宅管理業務は、「新規契約」や「更新契約」、「解約精算」とカテゴリーごとに様々な業務が発生します。 業務の中には、習熟度や専門的な知識を求められるケースも多いため、属人化やコア業務の圧迫につながることもあります。 タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉では、幅広い社宅管理業務をアウトソーシングすることができ、なんと90%ほどの業務項目を削減できるため、空いた時間をコア業務に充てることが可能となります。

窓口の一本化を実現

これまでは、物件探し、契約手続き、解約精算、賃料支払いなど、それぞれ窓口が異なり、煩雑化が起きていた状態がタイセイ・ハウジー〈ANSWER〉を導入することによって一本化することが可能です。 問合せ窓口と支払先が一本化されるため、対応窓口がバラバラであったことによって煩雑化していたやりとりを効率化、スリム化することが可能となります。

満足度の高い物件探しができる

タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉では、全国41事業所の直営店にいる専任担当者が、社宅決定まで責任を持って対応してくれるため、満足度の高い物件を提供してもらうことができます。 物件資料の紹介は、タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉が提携している2,200社以上の優良賃貸不動産会社から受けているため、導入企業の社員からの様々なニーズにも柔軟に対応することが可能です。

これは社宅代行の製品です。

社宅代行の製品をまとめて資料請求

社宅代行サービスを導入するメリット

専門家によるサポートを受けられる

社内に宅建などの資格や専門知識を持っている従業員がいる場合はいいですが、不動産の賃貸について専門知識を持っている従業員が在籍している場合はそう多いものではありません。

社宅代行サービスを利用すれば、不動産契約や社宅管理に関する豊富な知識・経験を持っているプロフェッショナルに管理業務を代行してもらえるだけでなく、不明点についてはアドバイスを受けることができるようになります。

問い合わせ窓口を一本化することができる

企業が成長し、複数の支部や拠点を持つようになると、管理する借り上げ社宅の数も増えてきます。

それぞれで家主が法人であったり個人の場合もあるだけでなく、契約時期もバラバラで管理作業の手間が膨大になっているというケースも少なくはありません。

社宅代行サービスを利用することで、事務処理を一括でアウトソーシングすることができ、窓口が1本化されます。

異動に伴う業務負荷を軽減

年度末に多い人事異動ですが、企業規模が大きくなるほどに異動する従業員の数も増えます。

しかも、異動の規模が全国となれば、事務処理に対応する担当者の業務負荷は計り知れません。

社宅代行サービスを利用することで、膨大な事務作業でも業務の多くをアウトソーシングすることができるため、繁忙期に人数を増やす手間なく通常通りの人数で対応できるようになるため、残業時間が増えてしまいワークバランスが乱れるというリスクも避けることができます。

コスト削減につながる

社宅代行サービスは、専門知識が豊富なプロフェッショナルが不動産会社や仲介会社と交渉してくれるため、家賃の適正化や原状回復費用の適正化などが実現できます。

人事異動が多い時期に人手を増やす必要がなくなるため、人件費の削減も可能となりますし、通常業務の多くをアウトソーシングできるため、社内担当者がコア業務に集中できる点もメリットです。

社員満足度の向上

不動産に関する知識が乏しい担当者では、異動する社員のニーズを汲み取った社宅を選定するのはなかなか難しいものです。

社宅代行サービスでは、全国の不動産仲介会社とのネットワークを通じて、転勤する社員のニーズに応じた物件を選定してくれるケースが多いため、社員の満足度向上につながります。

また、社宅管理ジムの遅延によってトラブルが発生した際にも、懇切丁寧なサポートで問題を解消してくれます。

おすすめの社宅代行サービス

LIXILリアルティの社宅代行サービス

特徴

LIXILリアルティの社宅代行サービスとは、株式会社 LIXILリアルティが運営している社宅代行サービスです。

従来の従来の不動産業界から派生したサービスとは違い、企業ニーズを反映したサービスとして誕生しています。

社宅業務に関する豊富なノウハウで、高品質なサービスを提供、委託契約企業からも多く導入されている実績があります。

社宅管理に関する窓口を1本化して業務効率化、更新時における賃料の交渉などによるコスト削減などが期待できます。

費用対効果を検証可能なシステムを自社で実装しているため、導入前に自社で費用対効果を確かめることが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 利用料金:50,000円〜

※価格情報は2022年10月時点のもの

タイセイ・ハウジー

特徴

タイセイ・ハウジーは、社宅管理業務代行を日本で初めてスタートした、パイオニア企業です。

不動産の総合力と対応力を基に、豊富な経験と実績を活かし、多くの企業様の社宅管理業務をきめ細かくサポートしています。

独自開発の社宅管理業務代行システム〈ANSWER〉を運営しており、社宅に関わる業務は全てをWEBシステム内で一元管理が可能となります。

物件斡旋及び入居者への対応業の窓口を一本化する事も可能で、フルアウトソーシングや社宅使用料計算まで幅広く対応出来る事が特徴です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2022年10月時点のもの

リロケーション・ジャパン

特徴

リロケーション・ジャパンは、借り上げ社宅管理業務のフルアウトソーシング、住宅分野の福利厚生に関するコンサルティングを提供しています。

転貸方式による借り上げ社宅管理業務に関して豊富な実績があり、そのノウハウを活かした代行業務は信頼できます

リロケーション・ジャパンが敷金を立て替えてくれるサービスもあるため、敷金の債権回収リスクや回収督促業務の手間が効率化されます。

コンプライアンスにも強く、家主と反社会的勢力とが万が一関わってしまうようなリスクは未然に回避することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2022年10月時点のもの

社宅代行サービスの選び方

分析力や提案力に優れているか

社宅代行サービスによって、利用企業の現状を分析した上で提案してくれる内容はさまざまです。

これまでの実績を確認した上で、自社にとってより良い改善策を提案してくれる業者を選定することが望まれます。

サポート体制を確認

利用する社宅代行サービスによってアウトソーシングできる範囲はさまざまです。

物件契約時や退去時にトラブルが起きてしまった際に、専任のスタッフが対応してくれるようなサービスであれば、対応力が高いと判断できます。

また、定期的に利用企業に対して近況を報告、サービスの改善を提案してくれるようなサービスであれば更に安心です。

社宅管理に伴う費用の立て替えをサービスとして提供している会社の場合、安定した経営基盤を持っているかもしっかりと確認しておきましょう。

コンプライアンスがしっかりしているか

社宅代行サービスは、社員やその家族の個人情報、財産など秘匿性の高い情報を預かるため、セキュリティ対策やコンプライアンスがしっかりしているサービスを選ぶことが重要です。

過去に情報漏洩などのトラブルがなかったか、どのような社内教育を行なっているのか、実績などを事前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

社宅代行サービスについて、概要や導入するメリット、おすすめのサービスなどを解説しました。

社宅管理業務に関する多くをアウトソーシングすることで、担当者の業務負荷を軽減してコア業務への集中が実現できるため、企業規模が大きくなり、人事異動が多くなった場合などには特に利用を検討してみても良いでしょう。

本記事で紹介したおすすめサービスも参考にしていただき、社宅代行サービスの利用をぜひ検討してみてください。

これは 社宅代行 の製品です。
社宅代行 の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【社宅代行】

      類似サービス: LIXILリアルティの社宅代行サービス

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

      LIXILリアルティの社宅代行サービスとは、株式会社 LIXILリアルティが運営している社宅代行サービスです。 企業のニーズから生まれたサービスであるため、従来の不動産業界から派生したサービスとは違い、企業側の立場にたったサービス提供を実現しています。

         

      コスト削減が可能

      社宅業務のアウトソーシングには、委託費用が発生するものの、さまざまな効果が期待できます。 例えば、月々の支払先がLIXILリアルティへ一本化されることで振込手数料が大幅に削減できますし、社宅解約精算時の原状回復費用も適正化を図ることができます。

      業務削減を実現

      LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、社宅業務を丸ごとアウトソーシングして一元管理してもらうことができ、自社で家主や、管理会社、不動産会社にコンタクトを取る手間を省くことが可能です。 社宅業務をアウトソーシングすることで業務時間に空きができ、企業側は本来のコア業務に注力する時間を増やすことができます。

      豊富な物件情報を提供

      LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、全国に提携不動産ネットワークを構築しており、エリア内の複数会社から豊富な物件情報を提供することが可能です。

      類似サービス: タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

      タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉とは、株式会社タイセイ・ハウジーが運営している社宅代行サービスです。 1995年に日本で最初に外部委託として社宅管理の代行業務を開始した経歴があり、長年の運営実績によって、信頼性の高いサービスを提供しています。 人事・福利厚生などのコンサルティングから社宅管理のアウトソーシング、マネジメントといった不動産の総合力で幅広いニーズに対応することができ、懇切丁寧なサポートを提供しているため、初めて社宅管理サービスを利用するといった方にもおすすめです。

         

      幅広い業務をアウトソーシングできる

      社宅管理業務は、「新規契約」や「更新契約」、「解約精算」とカテゴリーごとに様々な業務が発生します。 業務の中には、習熟度や専門的な知識を求められるケースも多いため、属人化やコア業務の圧迫につながることもあります。 タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉では、幅広い社宅管理業務をアウトソーシングすることができ、なんと90%ほどの業務項目を削減できるため、空いた時間をコア業務に充てることが可能となります。

      窓口の一本化を実現

      これまでは、物件探し、契約手続き、解約精算、賃料支払いなど、それぞれ窓口が異なり、煩雑化が起きていた状態がタイセイ・ハウジー〈ANSWER〉を導入することによって一本化することが可能です。 問合せ窓口と支払先が一本化されるため、対応窓口がバラバラであったことによって煩雑化していたやりとりを効率化、スリム化することが可能となります。

      満足度の高い物件探しができる

      タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉では、全国41事業所の直営店にいる専任担当者が、社宅決定まで責任を持って対応してくれるため、満足度の高い物件を提供してもらうことができます。 物件資料の紹介は、タイセイ・ハウジー〈ANSWER〉が提携している2,200社以上の優良賃貸不動産会社から受けているため、導入企業の社員からの様々なニーズにも柔軟に対応することが可能です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載