BLUE Sphereの料金・評判・機能・事例について

    コーポーレートサイトや製品サイト、期間限定のWEBサイトなど、時代の変化に伴い、企業は用途の違う複数のWEBサイトを持つことが企業活動を行ううえで当たり前の世の中になってきました。そのため、進化した技術や革新的なデザインにWEBサイトを更新することが顧客を惹き付ける重要な要素のひとつだと多くの企業が考えているのではないでしょうか。

    ですがその一方で、重要な要素であるWEBサイトへの「セキュリティ対策」は重要だと考えている方はあまり多くはないのかもしれません。

    おそらく多くの企業は正しい対策をせず、WEBサイトを持ち始めた頃とかわらないセキュリティ対策しか行っていないのではないでしょうか。

    WEBサイトの技術が進歩すると同時にサイバー攻撃も高度・巧妙化しているのが現実です。

    実際に企業に対するサイバー攻撃の件数は年々増加しており、有名企業がサイバー攻撃のターゲットとなり、多額の損失を出してしまった事例を目にしたことはないでしょうか?

    顧客を惹き付ける要素はもちろん企業活動には大切な要素ではありますが、サイバー攻撃の被害からWEBサイトを守り、顧客離れを起こさないことも経営には大切なことです。

    企業がサイバー攻撃から脅かされることなく健全に運営していくために有効な手段の一種に「WAF」というセキュリティ対策があげられます。

    WAFとはWEB Application Firewallの略で、WEBアプリケーションの脆弱性に対する攻撃からサイトを守るセキュリティ対策のことを指し、その中でもBLUE Sphereは、WAFやDDoS防御、改ざん検知が可能な点から注目されているクラウド型のセキュリティサービスです。

    本記事ではWAFサービスの1つ、「BLUE Sphere」の料金や特徴などを紹介しますのでWEBサイトのセキュリティ対策サービス選定の参考にしてください。

    BLUE Sphereとは

    BLUE Sphereとは、株式会社アイロバが提供しているWEBセキュリティサービスです。

    WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

    実際にBLUE Sphereを導入した企業からは、「サービス内容に合理的な説明がつく特徴で導入すれば安心ということがわかる」、「コスパに優れている」、「サポートデスクの対応が丁寧」といった声が挙げられており、サービス内容に満足しているだけでなく、サポート体制も優れていることがわかります。

    BLUE Sphereのセキュリティ対策

    WAFによるセキュリティ強化

    WAFは、WEBサイトのセキュリティ対策において、他のセキュリティ製品がカバーできない部分であるWEBサイトの脆弱性を狙う攻撃から守ってくれるため、サイバーセキュリティ対策においては、近年主流となっています。

    複雑なサイバー攻撃に対して、WAFが盾となり、攻撃者からのアクセスを通さないことで従来のセキュリティ製品では守りきることができない範囲を守ることができます。

    DDoS攻撃への対策

    DDoS攻撃とは悪意のある攻撃者が大量のPCの乗っ取りやボットを使用することでWEBサイトに一気にアクセスさせ、負荷を大きくさせることにより、サイトに繋がりにくくさせる攻撃です。サービス停止に追い込まれる危険性のある深刻な問題とされています。

    この深刻なダメージを与えるとされるDDoS攻撃への対策も、BLUE Sphereは基本機能として搭載されているため安心です。

    改ざん検知

    攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。

    WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

    この点に関してもBLUE Sphereは改ざん検知機能を基本機能として備えているため、しっかりと対応することが可能です。

    DNS監視サービス

    DNS(Domain Name System)ハッキングへの対策も疎かにすることはできません。

    DNSハッキングは、WEBサイトのドメインを管理しているサーバを乗っ取ることで、WEBサイトを訪れたユーザーが気づかないうちに詐欺サイトや個人情報を抜き取る悪意のあるサイトへ誘導してしまいます。

    BLUE SphereのDNS監視サービスであれば、ドメイン名ハイジャックを監視してセキュリティ強化を行います。

    サイバーセキュリティ保険

    BLUE Sphereは三井住友海上のサイバーセキュリティ保険を付帯してくれます。

    万が一WEBサイトを防御しきれなかった場合や、被害時の損害賠償補償はもちろん、事故原因の調査費用や情報システム復旧費など幅広くカバーします。

    経済産業省が提唱している「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」にも、サイバー攻撃による被害が発生した場合の対策の一例として「サイバー保険の加入」を挙げており、保険はセキュリティ対策として被害を低減するための必要な手段と言えます。

    BLUE Sphereの特徴

    複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

    サイバー攻撃において重要なのが、「多層防御」の考え方です。

    「既に充分なセキュリティ対策を行なっているから改めて対策しない。」という企業が殆どですが、サイバー攻撃も日々高度化しているため、従来でのセキュリティ対策や単体機能では防御できない攻撃があります。そこで必要なのが「多層防御」です。

    そうは言ってもいざ、複数のセキュリティサービスを契約すると導入コストがかさんでしまったり、管理の手間が増えてしまったりと想定以上の費用や時間を費やしてしまいます。

    しかしBLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

    登録ドメイン数が無制限

    WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。

    しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

    自社で運営している全てのWEBサイトを1回の契約のみで守ることができるため、コストカットにつながるだけでなく、サイト管理における手間も効率化することが可能となります。

    BLUE Sphereの料金·価格

    BLUE Sphereの利用料金は月額45,000円~となっています。

    特筆すべきは、オプション不要で複数機能がオールインワンに搭載されている点で、機能を追加することで料金が割高になってしまう類似サービスと比較して、コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

    事前に操作感や機能などを確認したい企業に向けて、無償トライアル期間を設けているため、負担をかけずにBLUE Sphereを試すことが可能です。

    より詳細な料金については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    ※価格情報は2021年12月時点のもの

    BLUE Sphereの詳細について

    複数のセキュリティ対策やサイバーセキュリティ保険への加入が基本パックに含まれているBLUE Sphereは、WEBサイトのセキュリティ対策を検討している方はもちろん、既に別のサービスを利用しているという方にもおすすめのサービスです。

    より詳細なサービス内容や料金については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    BLUE Sphere
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【WAF】

        Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

        (4.5)

        月額料金28,000円〜無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ導入実績6,550サイト以上

        あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

        簡単に導入できる

        Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

        常時SSLを実現

        Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

        DDoS対策も可能

        過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

        AWS WAFの運用を成功に導く: Cloudbric WMS for AWS

        (4.5)

        月額費用要見積もり無料お試し30日間無償
        初期費用要見積もり最短導入期間要問い合わせ

        Cloudbric WMS for AWSとは、クラウドブリック株式会社が運営しているAWS WAFに特化した運用サービスです。 AWS WAFは、専門的な知識が必要で、運用のためには複雑な設定が必要になるケースも多いため、自社に専門的なリソースがない場合は運用が難しいケースもあります。

        脅威インテリジェンスの専門性

        Cloudbric WMSでは、95カ国700,000サイト以上から収集される脅威情報と、日本を含んだ3カ国にて特許を取得している、自社開発の独自AI技術に基づいた危険度スコアリングによる脅威IPの遮断とS3ログ分析による攻撃遮断が可能となっています。

        高度化されたカスタム・ルール

        Cloudbric WMSは、日本を含んだ5カ国にて特許取得済みの論理演算検知ロジックをコーディングして、Webアプリケーションを守るために必要なセキュリティをカスタム・ルールにて提案してくれます。

        配コンサルティングとサポート付き

        Cloudbric WMSは、セキュリティ・ルール適用、誤検知対応はもちろん、その他の機能設定までを任せることができるコンサルティング付きのサービスとなっています。 24時間365日のモニタリングとサポートを提供しており、導入から利用までの全プロセスにおける柔軟なサポートが可能です。

        複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

        (4.5)

        月額費用45,000円〜無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

        複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

        BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

        登録ドメイン数が無制限

        WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

        改ざん検知も可能

        攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事