Cloudbric WMS for AWSの料金・評判・機能・事例について

最終更新日 

ウェブの脆弱性を狙ったサイバー攻撃やボットからウェブアプリケーションやAPIを守ることができるため、今では多くのサービスで導入されているAWS WAF(Amazon Web Services Web Application Firewall)

しかし、複雑なルールを自社で運用する必要があるため、専門知識やリソースがない企業では運用の難しさが課題となっています

Cloudbric WMS(WAF Managed Service) for AWSは、セキュリティ専門家のチームによるサポートでAWS WAFの運用を成功に導くことができるサービスとして注目されています。

特徴や導入効果などを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

Cloudbric WMS for AWSとは

  1. AWS WAFの運用に特化
  2. 専門的なリソースがなくてもWAF運用が可能に
  3. 設定を任せるコンサルティングも可能
  4. 検知率94.43%の実績

Cloudbric WMS for AWSとは、クラウドブリック株式会社が運営しているAWS WAFに特化した運用サービスです。

AWS WAFは、専門的な知識が必要で、運用のためには複雑な設定が必要になるケースも多いため、自社に専門的なリソースがない場合は運用が難しいケースもあります。

Cloudbric WMS for AWSは、ユーザーごとの環境に最適化されたルールを反映して脅威インテリジェンス基盤の高度化された攻撃検出性能と分析によって、専門的なリソースがないというお客様のWAF運用をサポートしてくれます。

Cloudbric WMS for AWSの特に優れている点

  1. 独自AI技術に基づいた危険度スコアリングによる脅威IPの遮断とS3ログ分析による攻撃遮断が可能
  2. Webアプリケーションを守るために必要なセキュリティをカスタム・ルールにて提案
  3. 24時間365日のモニタリングとサポートを提供
  4. 他社のマネージドールと比較して、約2倍以上の検知率

脅威インテリジェンスの専門性

Cloudbric WMSでは、95カ国700,000サイト以上から収集される脅威情報と、日本を含んだ3カ国にて特許を取得している、自社開発の独自AI技術に基づいた危険度スコアリングによる脅威IPの遮断とS3ログ分析による攻撃遮断が可能となっています。

高度化されたカスタム・ルール

Cloudbric WMSは、日本を含んだ5カ国にて特許取得済みの論理演算検知ロジックをコーディングして、Webアプリケーションを守るために必要なセキュリティをカスタム・ルールにて提案してくれます。

コンサルティングとサポート付き

Cloudbric WMSは、セキュリティ・ルール適用、誤検知対応はもちろん、その他の機能設定までを任せることができるコンサルティング付きのサービスとなっています。

24時間365日のモニタリングとサポートを提供しており、導入から利用までの全プロセスにおける柔軟なサポートが可能です。

検知率は、他社の2倍以上

Cloudbric WMSには、WAFにおけるセキュリティ性能テストでは、検知率94.43%という高い実績があります。

AWS WAFAWSマネージドールや他社のマネージドールと比較して、約2倍以上と高い検知率を実現しています。

Cloudbric WMS for AWSの料金·価格

Cloudbric WMS for AWSの料金は、要見積もりとなっており、問い合わせが必要となっています。

複雑な手続きや設定不要で、利用できる30日間無償のトライアルを提供しているため、機能性や操作感が気になる場合は、事前にしっかりと試してから導入することが可能です。

料金やサービス詳細に関しては、下記から資料ダウンロードをお願いします。

※価格情報は2021年12月時点のもの

Cloudbric WMS for AWSの導入効果

マネージドセキュリティの運用支援

  • 検出率の高いカスタマイズ・ルール作成を実現
  • 新規脆弱性の早期発見と対応が可能
  • S3ログ分析による脅威の二次対応を提供

管理負担の軽減

  • 誤検知対応のカスタマイズ設定が可能
  • ACL機能設定対応
  • AWS WAFモニタリングと設定調整

リソース・コストの削減

  • AWS WAF運用のエンジニアが不要となるため、コストカットが可能
  • インシデントによる費用発生を抑制
  • セキュリティイシュー認知に対するリソース削減を実現

企業イメージ向上に貢献

  • インシデントによるサービス中止を防止
  • 情報漏えい防止対策の取り組みによるイメージアップ
  • セキュリティ対策実施による企業としての信頼度の向上

Cloudbric WMS for AWSの詳細について

専門的なリソースがなくても、AWS WAFの運用を確かなサポートで成功に導くことができるCloudbric WMS for AWSは、セキュリティ強化を意識する上ではぜひ導入を検討してほしいサービスです。

より詳細な機能や料金については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

無料

Cloudbric WMS for AWS
資料ダウンロードはこちら

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載