Google砲(Google Discover砲)とは?Google Discoverに載る条件やメリット、コツについて

更新日:

    自社の商品を知ってもらい売り上げを伸ばしたいと思ったときに、興味を持って見てもらえるかどうかは重要です。
    さらに自社のサイト自体を知ってもらい、クリックしてもらって見てもらうことも必要です。
    Google Discoverに載ると、興味を持っている人に広告として表示されるため、直接売上にもつながりやすくなります。
    Google砲に選ばれる条件やコツなど、こちらでは詳しく紹介していきます。

    Google砲とは?意味とどんなものかをわかりやすく解説

    よく自分のスマホでGoogle検索しているときに、Google Discoverから興味のある記事を読む方も多いのではないでしょうか。
    ここに自社の広告が載ることで、Google砲と言い一気に興味を持ってくれたユーザーからのアクセス数を短い時間の間に伸ばすことが可能です。
    表示の仕方もランダムに広告を載せているのではなく、ユーザーが普段から興味を持って検索しているものを参考にしてより興味を持ってくれそうな人へ向けて表示しています。
    そのため興味を持ってクリックしてくれる確率も高く、そこから商品がほしいと購入の手続きまで進んでくれる可能性も期待できます。

    おすすめ記事を見ている人は多い

    電車の中の暇な時間に、Googleのおすすめ記事を確認している人が多いものです。
    そんな中に興味のある広告がでれば、ニュースなどと一緒に気になってクリックし見てもらえるのです。
    そもそも関心がある人へ向けて表示させているため、クリックしてもらえるまでの敷居も低くなっています。
    元々自社のサイトをクリックしようと思っていなかった方が、広告を見て詳しく見てくれる方も多いため一気にWebサイトのサーバーに負荷がかかってしまう場合もあることからGoogle砲と呼ばれています。

    Google砲のメリットとは?ブログやWebメディアへの影響について

    ここからはGoogle砲を利用できたときのメリットや自社のブログやWebメディアへの影響について紹介していきます。

    Google砲を利用するメリットとは?

    メリットとして商品には興味があるものの、自社のサイトを見るのは初めてという方にもアクセスしてもらえます。
    もしGoogle Discoverに載れば、利用してもらえなかったユーザーにも見てもらい、最後は購入までしてもらえる可能性が出てきます。

    短時間でアクセス数が増えSEO効果も期待できる

    興味を元々持っているようなユーザーに表示できるため、一気にアクセスが伸びることが期待できます。
    さらに商品や自社のサイトが注目され、ユーザーのSNSで拡散されることやほかのメディアでも話題にしてもらえる可能性が高くなります。
    皆に興味や関心を持ってもらい、話題になると、必然的にSEOの評価も受けられるようになり上位表示につながるのもメリットです。
    コンバーションなどにもつながりやすく、Google砲はいいことずくめです。

    ブログやWebメディアへの影響について

    SEO対策になり上位表示が実現できるだけでなく、プッシュ型の集客方法を利用できるため、元々自社のサイトを見るつもりのなかったユーザーもより多く獲得できます。
    普通は検索してもらい自社のサイトを見てもらうという流れですが、Google Discoverに載ることで、こちらから自社のサイトを見てほしいとプッシュできます。
    これまでよりも、ブログやWebメディアを見てくれるユーザーの層が大きく広がるでしょう。

    Google砲(Google Discover)に掲載される条件とは?

    どんなWebサイトでもGoogle砲に掲載されるわけではなく、それなりに選ばれたサイトしか載りません。
    どんな条件があるのか知っておきましょう。

    インデックス登録されているかどうか

    こちらはGoogleでも発表しているものですが、そもそもインデックスで見つけられなければ選ばれることもありません。
    登録されているかどうかを確認しましょう。

    決められたルールを守っている

    Googleではユーザーへ広告として表示するために、しっかりとルールを守っているものしか表示しません。
    今一度ポリシーに書かれていることをチェックしていき、違反していないかどうかを見ておくのも大切です。

    画像も入ってて魅力的なサイトかどうか

    ユーザーが興味や関心を持ってクリックしてもらえるようなWebサイトをGoogle側では求めているため、魅力的なものになるような工夫が必要です。
    同じようなサイトを他社でも作成していて、もしコンテンツとしての魅力も充実していたら選んでもらえる可能性も低くなってしまいます。
    文字ばかりのサイトは見にくさも感じさせてしまうため、高画質の画像も一緒に含めましょう。

    Google砲(Google Discover)に取り上げられるコツとは?

    Google側ではGoogle砲に取り上げられる基準を明確にしている部分もありますが、すべてを明らかにしていません。
    コツをすべて実行したから絶対に取り上げられるという約束もないのですが、ユーザー目線になっていてコンテンツが作り込まれていると感じると選ばれる可能性は高くなります。
    さらに、今ユーザーがより注目しているような分野やトレンドになりそうなものを取り上げるのもコツです。
    自社の商品の中で、今後トレンドになりそうなものを取り上げてコンテンツを作成しても良いでしょう。

    SNSも上手に活用しておく

    ある程度人気のあるWebサイトで、ユーザーからも支持されているという印象を与えるのも大切ですので、SNSで短い時間にユーザーからのアクセスを集めるのもおすすめです。
    ユーザーが「このコンテンツは楽しい」、「タメになる」と長く見てもらえるように、有益で質の良い記事を多数作っておくのもコツです。
    文字も極端に短いよりも、内容が高品質である程度読み応えがあるほうが取り上げられやすくなります。
    ただ短くても質が高く良いと判断されれば、この限りではありません。

    取り上げられる時間も大切に

    せっかく取り上げてもらえるコツを知っても、あまりユーザーがGoogleを見ない時間にGoogle砲になっても、そんなにアクセスが集中することはありません。
    いつまで取り上げてもらえるのかもわからないため、ユーザーが見てくれそうな昼から夕方を狙ってその日の午前中にインデックス登録をしてリクエストしましょう。
    このWebサイト気になると思ってもらえるようなディスクリプションも作りましょう。

    Google砲(Google Discover)の確認方法

    自社のWebサイトがGoogle砲に選ばれたのかを確認するには、Googleアナリティクスからと、Googleサーチコンソールからの確認方法があります。
    アナリティクスの場合は参照元にdiscover.google.comからのアクセスがあればGoogle砲を受けていますし、サーチコンソールの場合Discoverの表示があればGoogle砲からサイトを見に来てくれているとわかります。
    サーチコンソールの場合は、どこを見てもDiscoverがなければGoogle砲に表示されていなくてアクセスもないと考えられるのです。

    ユーザービリティを意識してサイト構築を行おう

    Google砲を撃つためには取り上げられるようにテクニックを細かく行うよりも、ユーザー目線に立ち高品質なWebサイトで有益なものを作成すると良いでしょう。
    さらにGoogleのルールを守っていて興味や関心を惹くものやトレンドを取り入れているようなサイトであれば選んでもらえる可能性が高くなります。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載