chex(チェクロス)の料金・評判について。情報共有をスムーズに

最終更新日 

情報共有は作業を安全にスムーズに進めるための基本のものです。

一見簡単なことかと思うかもしれませんが、作業員の人数が多ければ多いほど、複雑であればあるほどうまくいきません。

そこで利用したいのが、情報共有をスムーズにする「chex」です。

本記事ではchexの特徴や導入するメリットを紹介します。

現場の情報共有がスムーズに行かずに困っているという方はぜひ参考にしてください。

chexの特徴・機能

一元管理

1つ目の特徴が一元管理です。

プロジェクトごとにメンバーや詳細は異なりますが、別々のツールなどで管理していては大変でしょう。chexの管理ツールでは管理者が全てのプロジェクト・利用者を管理できるのでプロジェクト間の利用者の移動や、複数プロジェクトの管理も容易です。これによりメンバー変更をスムーズに把握できるでしょう。

図面からの帳票の呼び出し・作成・編集・出力が可能

2つ目の特徴は図面からの帳票の呼び出し・作成・編集・出力が可能です。

本来ならばバラバラに行っていた図面と帳票をセットで現場で行えます。事務所で都度呼び出す必要がないので、帳票作成作業を大幅に削減できるのです。主な活用シーンは機器メンテナンス業務や施設営繕・管理業務などで使えます。さまざまな活用シーンがあるので大変便利でしょう。

快適な使い心地

3つ目の特徴が快適な使い心地です。

図面は紙で持ち歩くと重くて大変でしょう。chexを使えば図面データをスマホでストレスなく表示でき、スクロール、拡大、縮小も高速です。これにより快適な使い心地を体感できるでしょう。左右に回転も可能なので、見にくいという心配がありません。

chexのメリット

chexの導入メリットは主に以下の2つです。

情報共有がスムーズになる

どこでも図面データが見れる

1つ目のメリットは情報共有がスムーズになることです。図面や書類を一元管理して、プロジェクトに関わる同じ情報をスムーズに共有します。それに加えペーパーレスで、煩わしさもなくなるでしょう。

2つ目はどこでも図面データが見れることです。タブレットなどで手軽に持ち運びができ、ダウンロードをすればどこでも閲覧ができます。地下などの通信状況が悪い場所でも安心して作業ができるのです。

chexの注意点

スマホ版のアプリが使いにくいという声があります。

chex価格・料金プラン

chexはお問い合わせです。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

chexの導入事例・評判

現場での図面閲覧や書類の持ち運びを目的に他社製品と比較したところ最も使いやすかったです。圧倒的に優れており、画像の鮮明度や操作性、パフォーマンス性がシンプルで使いやすいです。

大林組

電子管理している設計図面のデータを現地で参照できて、コメントや写真を添付して保存できるものを探しましたが、chexは図面参照の滑らかさやスピードが一番業務の要望に応えてくれました。

JR西日本

chexと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
建設工事業向け基幹業務管理システム 建設幕僚Ⅳお問い合わせさまざまな機能
PRODOUGU118,800円データ保管でトラブルなく安心
ダンドリワーク30アカウント・19,800円/ 50アカウント・24,800円/ 100アカウント・29,800円/ 200アカウント・39,800円/簡単操作

建設工事業向け基幹業務管理システム 建設幕僚Ⅳは機能が豊富で、リアルな原価管理や帳票のExcel出力、帳票のカスタマイズなどが可能です。

PRODOUGUはクラウドと連携したオールインワンシステムで使いやすくなっています。安心・安全なデータ保管でトラブルから守ってくれるでしょう。

ダンドリワークは簡単操作で使える施工管理アプリです。情報共有にかかる時間や現場ごとの資料や書類が多く探すのが手間などの悩みを解消してくれる優れものです。

chexで情報共有をスムーズに

chexは情報共有をスムーズにしてくれるものです。情報共有がスムーズに行かないと作業の際に困ることが多くなります。

そうしたことを防ぐためにも、ストレスなく作業するためにもchexの導入を検討してみてください。

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載