Sansan(サンサン)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要問い合わせ
導入社数
9,000社
これは 名刺管理の製品です。
Sansanの資料ダウンロード

    人脈形成や顧客管理に欠かすことができない名刺ですが、取引先が増えるほどに名刺管理が煩雑化してしまいます。

    名刺管理を効率化するためには、名刺管理システムの導入がおすすめです。

    本記事では、Sansanのおすすめポイント、機能、料金などを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Sansanとは

    Sansanは、法人向け名刺管理サービス市場シェアNo.1(※1)を誇ります。

    名刺情報を正確にデータ化・蓄積できることはもちろん、企業情報、営業履歴を一元管理して全社で共有できるようにすることで、売上拡大とコスト削減を同時に実現する営業DXサービスです。

    これまでに9,000社(※2)以上で利用されている実績があり、法人向け名刺管理サービスとしての市場シェアは82%と、非常に高くなっています。

    社内の人脈を可視化することでビジネスチャンスを広げ、さらに名刺関連業務や商談準備の効率化によりコストを削減することで、名刺管理を通じて収益の最大化を実現できるサービスです。

    ※1 出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2024(2024年1月 シード・プランニング調査)
    ※2 利用企業数は、営業DXサービス「Sansan」をご利用いただいている契約数。

    Sansanのおすすめポイント

    名刺情報を正確にデータ化・蓄積

    Sansanでは、スキャナーまたはスマートフォンから名刺をスキャンするだけで、99.9%の精度で名刺の情報をデータ化できます。

    スキャナーとスマートフォン、どちらでスキャンしても「AI×人」で入力を行うため、高い精度でのデータ化を実現します。

    システムでは認識できない文字が使用されていても、人の手によるデータ入力も行うため、誤字脱字を防ぎます。

    また、データは自動で名寄せされるため、同一人物の情報が重複して登録される心配はありません。名刺を取り込むたびに新たなデータを蓄積できます。

    幅広い顧客に関する情報を一元管理

    Sansanは、名刺だけでなく営業活動の履歴や企業情報など、顧客に関するあらゆる情報を一元管理できます。

    メールの署名、ウェブフォームへの入力内容、商談時のメモといった幅広い顧客との接点情報を全社で共有することで、より多角的に営業時のアプローチができるようになります。

    また、100万件を超える企業情報と、20万件の役職者情報や拠点情報、企業のリスク情報を搭載し、最新の企業情報をSansan上でいつでも確認できる点も優れています。

    外部システムと連携させたデータ活用が可能

    Sansanは、Salesforce、Marketo、SATORIなどの外部システムとの自動連携に対応しているので、Sansanの名刺データを基に自動で顧客データを作成・更新できます。

    顧客情報の蓄積において課題になりがちな「入力の煩雑さ」を解消し、最新で正確な顧客データをすぐに活用できる状態にします。

    外部連携についての詳細は資料でご確認ください。

    ※ Salesforce は Salesforce, Inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

    Sansanの導入メリット

    ビジネス機会の最大化により、売上の拡大につなげられる

    名刺交換やメールのやりとりから誰と誰がつながっているかが可視化され、これまで気付けなかった思いがけない人脈に気付けるようになります。

    さらに、キーパーソンの人事異動や、受注につながる企業、カギになる商談履歴といったさまざまなビジネス機会に気付けるようになり、営業のチャンスを広げられます。

    全社の業務を効率化し、コストを削減

    名刺から相手の連絡先や役職を調べる、会ったことがあるかを確認する、名刺情報をシステムに手作業で入力するといった時間がいらなくなり、名刺関連の業務を効率化できます。また、商談に必要な情報を一元管理できるため、商談準備の効率化も可能になります。

    社員一人ひとりの生産性が向上し、コストを削減できます。

    Sansanの主要な機能

    Sansanに搭載されている主な機能を紹介します。

    名刺管理に関連する機能

    • 名刺のデータ化・管理
    • 名刺の検索
    • 自動名寄せ
    • メモ
    • メール接続・署名取り込み
    • 接点管理
    • 人事異動情報通知
    • 企業ニュース配信
    • リスト作成
    • メール配信

    企業情報に関連する機能

    • 100万件を超える企業情報
    • 拠点情報
    • 企業動向情報
    • 20万件を超える役職者情報
    • リスク情報

    セキュリティーに関連する機能

    • SAML認証
    • 二要素認証
    • デバイス利用制限
    • メール配信承認
    • 利用ログ出力

    その他オプション機能

    • Sansan Data Hub
    • Salesforce連携
    • Adobe Marketo Engage連携
    • Concur Expense連携
    • Teams/Outlook連携
    • スマート電話帳
    • デジタル名刺作成
    • 名刺印刷

    ※Microsoft Teams 、Microsoft Outlook は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

    各機能の詳細については、資料をご確認ください。

    Sansanの料金·価格

    Sansanの料金体系は、以下の通りです。

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 運用支援費用:要問い合わせ
    • ライセンス費用(月額):要問い合わせ
    • オプション費用(月額):要問い合わせ
    • Sansanスキャナ(月額):要問い合わせ

    課題や悩みをヒアリングして最適なプランを提案してくれるため、まずは気軽に問い合わせしてみるといいでしょう。

    2024年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    Sansanのサポート体制について

    Sansanでは、導入効果を最大化するためのサポートが充実しています。

    さまざまな企業の導入・運用を支援してきた実績を生かし、カスタマーサクセス部隊が導入企業ごとに最適な支援サービスを提供します。

    フェーズごとに各種サポートを準備しており、以下はその一例です。

    • 導入段階:専任の担当者によるキックオフミーティング、名刺取込サービス、ユーザー向けトレーニングなど
    • 定着段階:オウンドメディアやオンラインコミュニティー、「Sansanサポートセンター」などでの情報提供
    • 活用段階:ユーザー参加型カンファレンス、小規模交流イベントなど

    Sansanの詳細について

    Sansanについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介しました。

    名刺管理は、手軽に始められるDXとしておすすめですが、データ化した顧客情報をどのように活用していくか、既存システムとの連携が可能か、という点も導入する上では非常に重要です。

    Sansanは、名刺管理から収益の最大化につなげられるだけでなく、手厚いサポート体制で、導入から活用までを成功に導くことができます。

    Sansanのサービス詳細については、ぜひ資料のダウンロードをお願いします。

    Sansan の 口コミや導入事例・評判について

    満足度

    名刺がゼロに

    良い点

    名刺の読み込みがシンプルで簡単。頂いた名刺をファイル&参照する必要がなく、外出先から名刺データ閲覧可能で、便利。

    改善点

    頻度は少ないものの、名刺データの文字化けが起きたり、旧漢字が表示されないことがある。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    こちらを導入してから名刺を廃棄できるようになり、デスクがすっきりした。顧客情報を組織ツリーで閲覧でき、客先訪問や人脈広げに役立った。

    満足度

    名刺情報をデータ化

    良い点

    年賀状などを作成する際、企業・名前・住所等の名刺情報をデータ化でき、アウトプットできるため業務効率化につながった。

    改善点

    名刺登録されている企業、関連業界のニュースリリースが逐一アップされると助かる。人事異動情報を元に随時更新されてほしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    外出先でもスマホでも情報を閲覧でき、訪問時に住所が簡単に閲覧できる。そのため名前を思い出せないときもすぐに確認できる。

    満足度

    名刺管理を簡単に

    良い点

    スキャナーで名刺を読み取るだけ・一度のスキャンで表も裏も読み取ってくれ、このおかげで名刺管理から開放された。

    改善点

    会社が保有している起業のデータベースとのリンクができれば、社内での煩雑な作業から解放されると思う。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    会社訪問前に担当の方の名前を思い出せない、漢字の読み方がわからないことがある。しかしこちらの導入により裏面も読み取ってくれ、ローマ字で名前の記載があり助かったことが多い。

    満足度

    名刺管理を効率的に

    良い点

    管理したい名刺をOCRで読み込むだけで簡単に取引先DBができるため、膨大な枚数を管理しなくてはいけない部署に適している。

    改善点

    一定期間ログインがないとサポートメールが送られてくるが、煩わしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    こちらを導入したことにより名刺データを担当、部署横断的に管理、利用することができて業務効率化となった。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

    無料

    Sansan
    資料ダウンロードはこちら

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載