SkyDesk Cards R(スカイデスクカーズアール)の料金·評判·機能について。月額3,150円から使える?

最終更新日 

ビジネスシーンではたくさんの名刺のやり取りがあり、人間関係を構築するのに欠かせないものとなっています。そこで、名刺管理ツールを使うことによって、取引先を始めとする関係者の情報を確実に利用する人が多くなっています。

こうしたニーズを踏まえて、名刺管理ツールは数多く出ていますが、SkyDesk Cards R(スカイデスクカーズアール)はその中でも機能面や使い勝手、料金の点でメリットが大きいツールです。どんな特徴を持つサービスなのかをチェックしてみましょう。

SkyDesk Cards Rとは

いただいた名刺をスキャンして、自動的に文字情報をデータ化します。その上で、クラウドでの保存をすることで、オフィスのパソコンでも外出先でのスマホチェックでも、すぐに名刺情報を確認できるようになります。

自分一人の名刺データだけでなく、社内で情報を共有できるようになっていますので、知りたい情報を気軽に手に入れられるのもこのサービスがもたらすメリットです。

SkyDesk Cards Rの特徴·機能

簡単スキャン

SkyDesk Cards Rは、名刺の情報を簡単に取り込めるのが特徴です。オフィスの複合機でスキャンできるのはもちろん、専用アプリを使ってスマホでもデータを読み込めます。名刺をもらったら忘れないうちに、すぐに手元にあるスマホで管理ができるというのがメリットです。

総合的な情報管理が可能

名刺に記載されている情報だけでなく、その人物に関係するメモや仕事上のファイルなどをまとめて管理することができます。また、人事情報との連携や、社内の他のメンバーから寄せられた情報を集約できる機能も持ち合わせています。これにより、相手のことを深く知るのに役立ち、すぐに欲しい情報をチェックできます。

共有や検索機能

スキャンしたり、添付をした情報は社内でクラウド共有できます。取引先の引継ぎなどにとても便利な機能ですし、他のメンバーが集めた情報を気軽に利用できるメリットもあります。さらに、知りたい人物の情報をサービス上で簡単に検索できます。社名や所属などの基本情報から、細かな情報までリスト上になっている画面から調べられるので効率的です。

SkyDesk Cards Rの価格·料金プラン

基本プランの料金は利用ユーザー数によって変動する仕組みとなっています。たとえば、5ユーザーであれば月額料金3,150円(税抜)で、30ユーザーで14,175円です。この基本プランには、10万枚までの名刺登録ができる容量が含まれ、専用アプリの提供や2チームまでの共有可能機能などが付いています。2週間までの無料トライアルがありますので、まずは使い勝手を試してみるのも良いでしょう。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

SkyDesk Cards Rの強み

SkyDesk Cards Rの強みは名刺管理したデータを会社全体で共有することができるという点にあります。名刺は会社の財産とも言えるほどビジネスチャンスを生み出すものです。通常の紙での名刺管理であれば、誰がどんな企業と名刺交換をしたかを把握することはできませんが、SkyDesk Cards Rを利用すれば受け取った名刺をデータとしてクラウド上で共有できることで新しいビジネスチャンスのきっかけを逃さずに活用することができます。

SkyDesk Cards Rの注意点

新しく名刺管理ツールを使い始める場合には、膨大な名刺をスキャンする作業が必要となります。スキャンした後は自動的に登録されるとはいえ、スキャン作業自体は手作業となりますので、ある程度の手間暇を覚悟しないといけません。オペレーターによるスキャンは可能ですが、別途依頼となりますので、基本プランに追加して料金がかかります。

SkyDesk Cards Rの口コミ·利用企業からの評判

プロジェクトと連動させた管理ができるようになりました

“プロジェクトの管理と顧客情報は別のシステムで行われていました。そのため、プロジェクトを進める度に、顧客情報を探し出し参照する手間がかかっていました。しかし、このサービスを利用することで、情報を一元化することができてスムーズに情報を検索しチェックできるようになっています。”(株式会社久米設計様)

働き方改革に役立ちました

“社員が個々に名刺を参照しながら電話をかけたりメールを送信していたりしました。そのため、誤送信も発生していましたし、手間もかかっていた状況でした。SkyDesk Cards Rを導入することによって、ヒューマンエラーを減らすと共に、スムーズな作業が可能となりました。現場社員の負担が減り、生産性が向上してきたため、働き方改革の一つとして役立ちました。”(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社様)

類似サービスとの比較

SkyDesk Cards Rとの類似サービスとしてはSansanやHotProfileなどが挙げられます。Sansanは専用のスキャナを使って名刺をデータ化していくのが特徴のサービスです。料金は月間の名刺データ化枚数によって変動する形になっていて、1年単位での契約が必要となります。HotProfileは大企業への導入実績があるのが売りで、マーケティングツールとの連動ができるなど、総合管理がしやすい機能を持っています。

料金面の比較では、Sansanは細かい料金については公式サイトより見積もりを請求する必要があります。HotProfileは基本パックは月額3,000円で、営業支援が付いているパックは5,000円と、サービス内容によって価格が変動します。ユーザー数によって料金が変動するSkyDesk Cards Rか基本パックとして月額料金が決まっているHotProfileを選ぶかは企業規模によるところです。

機能面の比較としてはSansanは専用スキャナーで大量の名刺を高速で読み込むことができるので、ある程度の企業規模で大量の名刺を読み込まなくてはいけないという場合はSansanがおすすめです。

SkyDesk Cards Rで名刺管理の効率化を

SkyDesk Cards Rはクラウドを利用し、社内でのデータ共有がしやすい、追加情報を入れたり参照したりしやすいと評判です。他社サービスと比較しても料金がお得なので、検討の価値があります。

画像·データ出典:SkyDesk Cards R公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部