ネクスタ・メイシの料金·評判·機能について

    今回は、理系世界最高峰と称されるインド工科大学卒エンジニアが開発した法人企業向け名刺管理サービス「トーニチ・ネクスタ・メイシ(以下ネクスタ・メイシ)」をご紹介いたします。

    業界屈指のコストパフォーマンスを誇る同サービスは、費用面で名刺管理アプリや営業支援ツールの導入を見送ってきた企業には最適なツールですのでぜひ参考にしてください。

    ネクスタ・メイシとは

    ネクスタ・メイシは、業界標準価格の1/3から1/5程度の1ユーザーあたり月額660円(税込)で利用が可能です。

    シンプルでわかりやすい画面設計と複雑過ぎない機能が特長で、費用の面でも、操作性の面でもユーザーにやさしい法人企業向け名刺管理アプリケーションとして評価をされています。

    AIによる機械学習により、例え名刺の登録内容に間違いがあっても修正さえ行えば、次回から入力補助機能が働いてくれます。

    理系世界最高峰と称されるインド工科大卒のスーパーエンジニアが開発した点も、注目める理由の一つです

    ネクスタ・メイシのおすすめポイント

    名刺管理が効率化される

    ネクスタ・メイシを利用することで、名刺管理効率化します

    名刺は企業にとって重要な資産であり、外部に漏れてはならない機密情報です。

    その名刺をデータ化し、セキュリティの高いクラウド上で管理することで、名刺が資産として企業内に蓄積され、企業のコンプライアンス強化にも繋がります。

    また、営業担当や部署ごとなど、個別管理を行っている名刺情報を法人企業単位で一元管理することで、人脈の可視化と共有が進み、販売ロスや機械ロスを低下させることができます。

    これまでエクセルで管理していた手持ちの顧客情報も、ネクスタ・メイシにCSVデータとしてインポートすることで、導入時のデータ移行をスムーズに行えます。

    営業支援にも最適

    ネクスタ・メイシは、営業支援ツールとしても強みを発揮します。

    コンタクト管理・案件機能により、名刺情報に紐付けコンタクト(お客様との接触)履歴を残し、案件単位で管理することができます。

    案件機能では担当者に対しタスクを設定することができ、進捗状況に応じ最適な指示を出すこと受注確度を向上させることができます。

    また、名刺をクラウド上で管理しているためリモートワークやテレワークでも安心です。

    名刺交換するたびに情報アップデートされるため常に最新の情報にいつでもどこでもアクセスすることができます。

    さらに、標準で搭載されているオンライン名刺交換機能を使用することで、非対面での名刺交換が可能。

    通常の名刺同様、Web会議で交換した名刺のようになり、営業活動を有利に進めていくことができます。

    訪問や打ち合わせ前に同機能で自身の名刺情報を相手に共有しておけば、顧客に好印象を与えることができるでしょう。

    外出先で名刺情報の閲覧・登録が可能

    専用のモバイルアプリもあるため、移動中や外出先からも名刺情報の閲覧登録を簡単に行うことができます。

    また、見込み客獲得のために行なった展示会・セミナー・イベント会場で、来場者からいただいた名刺をその場で登録してしまえば終了後数分でお礼メールを一斉送信することも可能です。

    抜群の使い心地

    シンプルでわかりやすい画面設計と複雑過ぎない機能から、使い手を選ばないこともネクスタ・メイシの大きな魅力と言えます。

    名刺はスキャンするだけで、企業単位でグループ化され、簡易的な組織ツリーも生成してくれます。

    また、名刺をタグでグループ化しておけば、顧客リストの作成や特定のターゲットに対し新商品を告知する際とても便利です。

    メールアドレスの手入力など、面倒な業務を効率化することでよりコア業務に専念することができるようになります。

    取り込んだ名刺は、検索エンジンのような簡単な操作で、すぐに探し出すことができます。

    役職や部署名、所在地など複数ワードによる絞り込み検索も可能なため特定のエリアや部署、役職の方に対し一斉送信メールでプロモーションを展開するようなことも可能です。

    強固なセキュリティ対策

    インフラ、アプリともに強固セキュリティ対策が施されている点大きな魅力です。

    サーバには、AWS(Amazon Web Services)を採用し、アプリはWAF(Web Application Firewall)によって外部の脅威から保護されています。

    アプリ内では、ログイン画面へのセキュリティ設定が可能で、ワンタイムパスワードによる2要素認証設定することで不正ログイン対策も万全になります。

    また、自身のアカウントにログインしている端末を確認することができ、身に覚えのない端末からの接続があった場合、強制的にその接続を解除(強制ログアウト)することができます。

    開発元の東日印刷株式会社のデジタル事業部門T-NEXTは、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム) の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013」と、国内規格である「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しており、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的な運用・改善に努めているため安心してサービスをご利用いただくことができます。

    ネクスタ・メイシの機能

    以下、ネクスタ・メイシの主要な機能を紹介します。

    名刺管理・検索・共有

    名刺の管理・検索・共有することが可能です。

    自動名寄せ

    常に最新の登録データ表示されます

    経歴表示

    名刺の登録履歴をもとに、経歴自動生成されます

    メモ書き

    A4レポート用紙8枚分の入力が可能です

    議事録としても活躍してくれます。

    タグ

    名刺をタグ付けしグループ化することが可能です。

    リスト作成(CSVエクスポート)

    タグでグループ化した名刺をCSVエクスポートすることで、最新のデータとしてリストにすることできます

    CSVインポート

    テンプレートを活用し、手持ちの顧客リスト・他社のアプリに登録した名刺データをネクスタ・メイシにインポートすることができます。

    会社(団体)一覧

    登録した名刺会社(団体)ごとに自動でグループ化します。会社ページでは事業内容の登録も可能です。

    簡易組織ツリー

    名刺情報をもとに、簡易的な組織ツリー生成されます

    全国法人リスト連携

    登録された名刺は、「全国法人リスト」に連携し、企業情報の確認に利用できます。

    オンライン名刺交換

    自身の名刺でオンライン名刺を作成することで、非対面での名刺交換が可能になります。

    コンタクト管理、案件

    【レギュラープラン限定】

    顧客に対する訪問・電話・メールなどのコンタクトを履歴として残し、共有できます。

    コンタクト案件としてまとめることができるため、商談管理を効率化することができます。

    ネクスタ・メイシの料金·価格

    ネクスタ・メイシでは、2つのプランが提供されています。 

    ベーシックプラン

    コストを抑えたい企業におすすめの基本的なプランです。

    • 初期費用:0円
    • 月額費用:(税込)660円(1ユーザー)
    • 登録枚数:無制限

    レギュラープラン

    営業支援ツールを手軽に始めたい企業におすすめのプランです。

    • 初期費用:0円
    • 月額費用:(税込)990円(1ユーザー)
    • 登録枚数:無制限

    ネクスタ・メイシの導入事例

    会社で使用するツールはバランスが重要です。全ての機能を使いこなす者もいれば、一部の機能しか使わない者もいます。例えば携帯電話。ビジネス使用ではメールと電話が付いていれば本体は十分かもしれません。過剰機能になるのであれば、必要な機能に絞り込み、その分価格が安い方がありがたい。他社と比較し費用を1/5に抑えることができるのでネクスタ・メイシへの移行を決めました”(日刊自動車新聞社)

    “以前は、各個人がそれぞれ名刺を管理していましたが、弊社の事業は、個人よりもチーム単位で営業する場合が多いため、顧客情報一元管理し共有することで営業力強化と業務の効率化が図れると考えていました。ネクスタ・メイシを導入したことで、顧客情報の共有化が進み組織的な営業活動がスムーズになりました。また、組織変更があった場合の顧客の引き継ぎもうまくいっています。”(西研グラフィックス株式会社)

    よくある質問

    スマートフォン専用アプリケーションはありますか?

    Androidの場合は、Google Play、iOSの場合は、App Storeから専用のアプリケーションをインストールすることが可能です。

    登録した名刺は誰に共有されますか?SNSのように公開されますか?

    登録した名刺は、ログインが許可されている同じ会社のユーザのみが閲覧可能です。

    他社製品では、SNSのように公開されてしまうケースもありますが、ネクスタ・メイシの場合、外部に公開されることはありません。

    また、ユーザ自身で公開したくない名刺は「非公開」として登録することもできます。

    複数人でアカウントを共有できますか?

    原則、複数人でのアカウント共有は推奨しておりません。

    「Tonichi NEXTa」のサービス利用約款では、「お客様は、一人の利用者につき1つのユーザーIDを使用させるものとし、当社が特に認めた場合を除き、複数の利用者で1つのユーザーIDを共有してはならない(第2章 第6条)」と明記されています。

    スキャナー機種の指定はありますか?

    スキャンした画像をJPEG、GIF、PNGなど一般的な画像データ形式で保存できる機器であれば、指定はありません。

    ただし、複合機でも名刺のスキャンに対応していない機種は、精度が悪くなることがあります。

    基本的には、ScanSnapのixシリーズを推奨しており、ネクスタ・メイシのスマートフォン専用アプリケーションとの連携により1ステップで取り込むことが可能です。

    名刺の読み取りは外国語対応していますか?

    英語の名刺にのみ対応しています

    ネクスタ・メイシで名刺管理の負担削減を

    ネクスタ・メイシは、コストパフォーマンスの高さが最大の特長と言えるでしょう。

    リーズナブルかつ、オンライン名刺交換機能の搭載など、他社と比較しても標準機能が充実しており、プラス300円するだけで営業支援機能まで拡充されるため、これまでコストの面で、名刺管理アプリや営業支援ツールの導入を見送ってきた企業にぴったりです。

    無料トライアルも用意されており、導入ハードルが高くないのも大きなポイントです。

    画像·データ出典:ネクスタ・メイシ公式サイト

    無料

    ネクスタ・メイシ
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載