名刺管理アプリを利用するときの注意点

更新日:

名刺管理アプリを利用するときの注意点は?

名刺管理アプリを導入する際の注意点をいくつか確認しておく必要があります。

導入時にシステムが混乱する恐れがある

職場に導入する際には、今まで管理していた名刺の統合を図る必要がありますが、多くの場合、これまでもらった名刺はファイルなどに保管していることがほとんどでしょう。

そこで名刺管理アプリを使い始めると、名刺の保管場所が分散してしまう恐れがあるため、名刺データを統合する手間を踏まえたうえで、どんな形で導入するかしっかり社内で検討しておく必要があります。

手動で更新をする必要がある

昇進や異動で相手の名刺の情報が変わった場合、手動で更新をしなくてはいけません。

アプリに保存された名刺の情報は、基本的に自動で更新されることは無いため、その手間を踏まえておく必要があります。

一方、相手も同じアプリを使っていればデータの変更が自動で反映されるサービスもあります。

情報の公開範囲に注意を払う必要がある

サービスによっては名刺を交換した相手に、仕事外の情報まで知られてしまう危険性もあります。

SNSのアカウントといった情報をアプリに登録できるサービスでは、自分の名刺と一緒にそれらの情報も相手に送信されます。

相手とSNSでもつながりたい場合は便利ですが、プライベートと仕事を切り分けたい場合、注意をしっかりと払っておきましょう。

仕事以外の情報は登録しない、もしくは情報の公開範囲をあらかじめ設定しておくなどの対策が必要です。

導入コストがかかる

導入時のコストに関しても念頭に入れておく必要があります。

名刺管理ソフトに関して少々割高に感じてしまうこともあるかと思いますが、そのかかったコストの分、提供元の企業からサポートを受けられるという利点もあるため、導入コストに関しては、長期的な視点を持ち、その効果をしっかりと社内で検討しておくべきでしょう。

使い方の学習・データ化の手間が大変

いざ導入したとしてもツールの操作方法を学んだり、データを作成したりなど、いざ使い始めるまで時間がかかってしまう点も考えておかねばなりません。

これは新しいツールを企業で取り入れる際は避けて通れない道ですが、その分の工数やコストに関してもあらかじめ逆算しておく必要があるでしょう。

これは 名刺管理 の製品です。
名刺管理 の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【名刺管理】

      LINE公式アカウント運用の自動化を実現: ネクスタ・メイシ

      (4.5)

      月額費用660円(税込)〜無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      ネクスタ・メイシは、業界標準価格の1/3から1/5程度の1ユーザーあたり月額660円(税込)で利用が可能です。 シンプルでわかりやすい画面設計と複雑過ぎない機能が特長で、費用の面でも、操作性の面でもユーザーにやさしい法人企業向け名刺管理アプリケーションとして評価をされています。

           

      名刺管理が効率化される

      ネクスタ・メイシを利用することで、名刺管理が効率化します。 名刺をデータ化し、セキュリティの高いクラウド上で管理することで、名刺が資産として企業内に蓄積され、企業のコンプライアンス強化にも繋がります。

      営業支援にも最適

      ネクスタ・メイシは、営業支援ツールとしても強みを発揮します。 コンタクト管理・案件機能により、名刺情報に紐付けコンタクト(お客様との接触)履歴を残し、案件単位で管理することができます。

      外出先で名刺情報の閲覧・登録が可能

      専用のモバイルアプリもあるため、移動中や外出先からも名刺情報の閲覧や登録を簡単に行うことができます。 また、見込み客獲得のために行なった展示会・セミナー・イベント会場で、来場者からいただいた名刺をその場で登録してしまえば、終了後数分でお礼メールを一斉送信することも可能です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載