• アルテマブルーの料金·評判·機能について。月額2,500円から使える?

    最終更新日 

    近年、幅広い業種の中小企業~大企業が、名刺管理サービスの導入を実施しています。
    アルテマブルーは、ビジネスの現場で営業に役立つ充実の機能を武器に、2008年の発売以来実績を積んできたツールです。
    ここではその特徴や活用事例などを紹介します。

    アルテマブルーとは

    アルテマブルーは、キヤノン電子の子会社であるキヤノンエスキースシステムが開発した名刺管理サービスです。
    2008年の発売以来、導入実績を積み、現在もさまざまな業種·業界で、中小から大企業まで導入されているサービスとなりました。

    アルテマブルーの特徴·機能

    アルテマブルーは、ビジネスの現場で役立つ優れた機能を持ち、抜群の操作性を誇るのが特徴です。
    SFAやCRMで実績のあるキヤノンエスキースシステムが、ビジネスの現場を深く理解し開発した機能のため、実用性が高いことが魅力です。

    現場の使いやすさを考え豊富な機能を搭載

    操作は簡単で、充実の機能を使いこなせるのが特徴です。
    自社に合わせたカスタマイズも可能なので、導入後すぐに必要な名刺管理が実行できるでしょう。
    人脈を見える化し、有効なルートでターゲットに最短でアプローチできる環境が整います。

    コンサルタントによる徹底ヒアリング

    コンサルタントが事前にしっかりヒアリングし、最適な利用方法を提供します。
    どのように使いたいか、導入前に行き届いた相談ができるため、自社に合わせた形での導入が可能です。

    多彩な顧客管理を実現

    名刺管理サービスでありながら、そこにとどまらない幅広い使い方ができます。
    CRM/SFAと連携が可能で、名刺データを活かしたうえでさらなる顧客管理を実現できます。
    CRMの支援を長年続けてきたノウハウを活用し、サポートまで実施しているのが魅力です。

    アルテマブルーの強み

    名刺管理は単に交換した名刺をデータベース化すれば良いわけではなく、いかに活用するかが重要です。
    アルテマブルーは使いやすい操作性や機能にこだわり、誰もが簡単に幅広い顧客管理ができるサービスとなっているのが強みと言えます。
    導入·活用支援では経験豊富なエキスパートがコンサルティングサービスを行い、ずっと使い続けられるサービスを提供している点も特筆できます。
    取り込んだ情報をもとに人脈マップを可視化し、営業日報の作成やメール一斉送信など、営業活動を効率化する充実の機能が豊富に備わっているのも魅力です。

    アルテマブルーの料金·価格

    初期費用はID数問わず0円で、月額費用2,500円/IDとなっています。
    1IDから契約可能ですが最低契約期間は12ヶ月で、追加ストレージ(5,000枚ごと/ID)は500円/月です。
    IP制限は50,000円/回(初期設定·追加設定の際に発生する費用)です。

    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    アルテマブルーの注意点

    CRMソフトと連携させる場合は費用がかかり、月額10万円から(年間120万円)となりますのでそこはあらかじめ注意しましょう。
    こちらはID課金とは別費用となります。

    アルテマブルーの導入事例·評判

    活用度の高いデータ管理を実現

    “それまでは別のSFAを利用していたのですが、高級すぎて使いこなせていませんでした。アルテマブルー導入後はデータが明らかにきれいになり、毎月1回以上は利用状況やデータなどのチェックを行うようになり、管理者とシステムの両輪がうまく回るようになりました。”(アソビュー株式会社様)

    ビジネスチャンスが増加

    “より早く正確に名刺をデータベース化することで、売上に結びつくビジネスチャンスが大幅に増加しました。月間 1,000枚以上名刺交換していますが、すべての名刺をデジタル化できるようになって案件情報の入手や提供、顧客とのコミュニケーション維持に非常に役立っています。”(株式会社LUFTホールディングス様)

    類似サービスとの比較

    アルテマブルーと比較されやすいのは、Sansanやホットプロファイル、PhoneAppli for Salesforceなどです。
    いずれも導入のしやすさや使いやすさ、管理のしやすさなどでは一長一短、サポート品質にも大きな差はありません。
    ただアルテマブルーの場合、導入コスト単体ではさほど差がないものの、SFA·CRM連携を行う場合の別料金がネックとなります。
    ほかのサービスが無料で連携できるのに対し、アルテマブルーでは有料となるため活用したい連携サービスによっては大きな要因になることは否めません。
    ただしカメラや複合機を専門とするキヤノン系列ということもあり、名刺スキャンのOCR認識精度の高さは高い評価になっています。

    Sansan(サンサン)の料金·評判·機能について。オンライン名刺交換もできる?

    ホットプロファイルの料金·評判·機能について。営業にどう活用できる?

    アルテマブルーで営業力の向上を

    アルテマブルーは誰もが簡単で使いやすい操作性にこだわり、すぐに煩雑な名刺管理業務を効率化できるのが魅力です。
    交換してもデータ化できない、データ化しても活用できないといった悩みを抱える営業現場を、多彩な機能でバックアップすることで、大きなビジネスチャンスを生むことができます。

    画像·データ出典:アルテマブルー公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部