特権アクセス管理ソリューションの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 名刺管理 の製品です。
名刺管理 の製品をまとめて資料請求

特権アクセス管理ソリューションとは?

特権IDに対するリスクを軽減し、適切に管理するためのサービスが特権アクセス管理ソリューションです。

特権ID(Windows Administrator, root等)はシステムの重要な設定変更や一般ユーザIDの管理に用いられるため、サイバー攻撃者の標的となりやすい特徴があります。

そして、サイバー攻撃は年々高度化しており、侵入されることを前提にセキュリティ対策を行うのが常識となっています。

また、守る対象がオンプレミスだけでなく、クラウドやロボットなど拡大しているので、適切に管理することが重要です。

名刺管理のおすすめ製品

ネクスタ・メイシ

(5)

月額費用660円~無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

ネクスタ・メイシは、低コストから導入できる名刺管理システムで、シンプルでわかりやすい画面設計と直感的に利用できる機能を搭載しています。 AIによる機械学習によって、登録内容に間違いがあっても修正を行うことで入力補助が働くため、使えば使うほど利便性が高まるサービスです。 紙の名刺をデータ化し、クラウドで保管することで企業のコンプライアンス強化につなげることもできます。

名刺管理が効率化される

ネクスタ・メイシを利用することで、名刺管理が効率化します。 名刺をデータ化し、セキュリティの高いクラウド上で管理することで、名刺が資産として企業内に蓄積され、企業のコンプライアンス強化にも繋がります。

営業支援にも最適

ネクスタ・メイシは、営業支援ツールとしても強みを発揮します。 コンタクト管理・案件機能により、名刺情報に紐付けコンタクト(お客様との接触)履歴を残し、案件単位で管理することができます。

外出先で名刺情報の閲覧・登録が可能

専用のモバイルアプリもあるため、移動中や外出先からも名刺情報の閲覧や登録を簡単に行うことができます。 また、見込み客獲得のために行なった展示会・セミナー・イベント会場で、来場者からいただいた名刺をその場で登録してしまえば、終了後数分でお礼メールを一斉送信することも可能です。

Sansan

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数9,000社

Sansanは、業界No. 1シェアを誇る名刺管理サービスです。名刺管理を通じて顧客情報を営業に活用することができ、企業のDXに貢献します。

幅広い情報を管理

Sansanは、名刺情報だけでなく、名刺をきっかけとした顧客との接点情報や、Sansanが保有する企業情報など、あらゆる情報を一元管理できます。メールの署名、ウェブフォームへの入力内容、商談時のメモ、セミナーの参加者情報といった幅広い接点情報を全社で共有することで、より多角的に営業時のアプローチができるようになります。

名刺情報を正確にデータ化

Sansanでは、スキャナーまたはスマートフォンから名刺を取り込むだけで、99.9%の精度で情報をデータ化できます。スキャナーとスマートフォン、どちらでスキャンしても、「AI×人」のダブル体制で入力を行うため、高い精度でデータ化することが可能です。

外部システムと連携させたデータ活用が可能

Sansanは、SFA/CRMやMAといった外部システムと連携し、Sansanに蓄積されたデータを活用することができます。システム連携によって、部門ごとに保有していた顧客情報を全社で共有し、顧客に合わせた最適なアプローチが可能となります。

名刺管理の製品をまとめて資料請求

特権アクセス管理ソリューションの特徴

特権アクセス管理ソリューションには、パスワード管理・アクセスセッション提供・ログ記録などの基本的な機能が搭載されています。

また、近年ではより高度なサイバー攻撃に対して守るために、以下のような機能が搭載されています。

・リアルタイム不正アクセス検知
・特権IDの自動登録
・アプリケーション埋込パスワード排除
・最小特権管理
・ジャストインタイムアクセス

これらの機能により、重要な設定変更や一般ユーザIDの管理に用いられる特権IDがサイバー攻撃に遭うセキュリティリスクを軽減することが特徴です。

特権アクセス管理ソリューションの料金・価格

現在、特権アクセス管理ソリューションの公式ホームページでは料金・価格について情報が公開されていません。

詳細な金額について知りたい方は、資料請求や問い合わせを行いましょう。

特権アクセス管理ソリューションの評判•口コミ

以下のような口コミがありました。

特権アクセス管理ソリューションの良い評判•口コミ

・許可していない人が不正にIDを使ってアクセスすることを防げる。
・申請や承認を行う際に、毎回特権IDを発行する手間が省ける。
・定期的にパスワードの変更を自動で行ってくれる。

特権アクセス管理ソリューションの悪い評判•口コミ

・ログ取得に関する機能をもう少し充実させて欲しい。
・Chromeで利用しているときに動作が重くなり、タブがフリーズしてしまうことがある

特権アクセス管理ソリューションを導入した結果に関する評判•口コミ

・セキュリティ性の高い業務サーバの監査の度に時間と手間がかなりかかっていたのですが、簡単に項目をクリアできるようになりました。
・何時、誰が、何のためにサーバーにアクセスしたのか、瞬時に把握することができるようになりました。

まとめ

特権アクセス管理ソリューションの料金・評判・口コミについて紹介しました。

特権アクセス管理ソリューションであれば、重要な設定変更や一般ユーザIDの管理に用いられる特権IDがサイバー攻撃に遭うセキュリティリスクを軽減することができます。

セキュリティ対策が不十分に感じている企業は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

      その他の関連する記事

      これは 名刺管理 の製品です。
      名刺管理 の製品をまとめて資料請求
        • qeee枠【名刺管理】

          LINE公式アカウント運用の自動化を実現: ネクスタ・メイシ

          (4.5)

          月額費用660円(税込)〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

          ネクスタ・メイシは、業界標準価格の1/3から1/5程度の1ユーザーあたり月額660円(税込)で利用が可能です。 シンプルでわかりやすい画面設計と複雑過ぎない機能が特長で、費用の面でも、操作性の面でもユーザーにやさしい法人企業向け名刺管理アプリケーションとして評価をされています。

               

          名刺管理が効率化される

          ネクスタ・メイシを利用することで、名刺管理が効率化します。 名刺をデータ化し、セキュリティの高いクラウド上で管理することで、名刺が資産として企業内に蓄積され、企業のコンプライアンス強化にも繋がります。

          営業支援にも最適

          ネクスタ・メイシは、営業支援ツールとしても強みを発揮します。 コンタクト管理・案件機能により、名刺情報に紐付けコンタクト(お客様との接触)履歴を残し、案件単位で管理することができます。

          外出先で名刺情報の閲覧・登録が可能

          専用のモバイルアプリもあるため、移動中や外出先からも名刺情報の閲覧や登録を簡単に行うことができます。 また、見込み客獲得のために行なった展示会・セミナー・イベント会場で、来場者からいただいた名刺をその場で登録してしまえば、終了後数分でお礼メールを一斉送信することも可能です。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載