Ever Automationの料金・評判・口コミについて

    電話を活用した営業業務において、架電数を増やすためにはマンパワーが必要となりますが、同時に人件費も増えてしまうことから、コスト面がネックとなり、なかなか効果的な電話対応の効率化ができないというケースがあります。

    Ever Automationは、様々な用途で利用でき、架電効率を高めることができるサービスとして注目されています。

    本記事では、Ever Automationの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますのでサービス選定の参考にしてください。

    Ever Automationとは

    Ever Automationとは、株式会社エバーバンクが運営している、テキストの読み上げによって架電効率を向上させるオートコールシステムです。

    テキストで記載した文章、または事前に吹き込んだ肉声音声を読み上げてくれるサービスで、日本語を含めた数ヶ国語に対応しています。

    読み上げる音声品質も、性別や声質を選択できるため、督促業務やアンケート、リマインド連絡など、幅広い用途で利用することが可能です。

    Ever Automationのおすすめポイント

    コスト削減を実現

    Ever Automationを導入することで、大幅なコスト削減を実現できます。

    予めテキストや音声を登録しておけば、自動で音声を読み上げてくれるため、人的リソースが不要となります。

    空いた人員を別の業務に配置転換すれば、生産性の向上につなげることが可能です。

    また、土日や早朝なども自動音声によって架電することが可能となるため、従業員が出勤できない時間帯での架電業務を可能とし、時間外出勤を減らすことができます。

    幅広いシーンで活用できる

    Ever Automationは、幅広い用途で利用でき、催促/督促業務やアンケート調査、リマインド連絡、販促連絡などに活用されています。

    例えば、政治関係の情勢調査では、「◯◯地区を中心に政治に関するアンケートを行なっております。ご協力いただける方は①を…」といった具合でテキストを設定しておくことで、その都度オペレーターがテキストを読み上げる手間を効率化することができます。

    その他にも、金融機関における案内物のお知らせや、流通業における顧客満足度調査などにも利用されている実績があります。

    正確な集計、集中架電も可能

    架電を自動化することで、予め決めておいた目標の架電数を期日内に達成できるようになり、正確な集計が可能となります。

    また、1日で数万件単位の自動架電ができるため、断続的な業務や緊急性が高い集中架電にも対応しています。

    オペレーターの育成ができる

    Ever Automationでは、自社にいるベテランナレーターや外部のプロナレーター音声を録音して使用することで、均質な品質で架電ができるだけでなく、新人オペレーターに聞いてもらうことで、スキルレベル向上に活用することも可能です。

    Ever Automationの主要な機能

    Ever Automationに搭載されている主な機能を紹介します。

    • 音声再生:予め設定したタスクに基づいて、録音音声・合成音声を流すことが可能
    • ボタン操作による設問回答:予め設定した設問に対して、回答者がボタン操作で回答
    • 転送:任意の番号へ転送
    • 設問/フロー分岐:入力内容に合わせて設問やフローを変更
    • SMS送信:設定した条件に合わせてSMSを送信
    • 電話番号切り替え:複数の電話番号を選択して発信

    上記以外にも豊富な機能が搭載されています。

    Ever Automationの料金·価格

    Ever Automationの料金については、資料ダウンロードをお願いします。

    Ever Automationの導入事例・評判・口コミ

    回収率が上昇しました

    “債務者への督促業務の回収率が25%と低く、これを改善するためにEver Automationを導入しました。督促電話を全てオートコールによって自動化することで、電話業務にかける人員を割くことができ、回収率は30%と徐々に向上しています。”(匿名希望 賃貸管理会社)

    リマインドでキャンセル率が改善

    “お客様からのキャンセルが多く、お客様との認識相違を解消したいと思っていました。Ever Automationでお客様へのリマインドを自動化、お客様の意思確認をエビデンスとして残すことで、キャンセル率の改善につながっています。また、不要なオプションを解約できるようにしたことで、お客様の満足度も向上しています。”(匿名希望 通信キャリア会社)

    よくある質問

    架電先が留守の場合でも通話料金は発生しますか?

    留守の場合は発生しませんが、留守番電話の場合は課⾦対象となります。ただし、相手が20秒間何もアクションがない場合、 実装されている⾃動切断機能により、最⼤でも20秒間の通話となります。

    架電時に不在で、折り返しがくる可能性がある場合はどうなりますか?

    折り返しがあった場合は、再度自動音声を流すか、設定した電話番号へ転送するか、話し中に設定することができます。

    Ever Automationはどこでも利用できますか?

    クラウドサービスのため、利用場所は問いません。特定の固定IPアドレスを設定することもできるため、セキュリティ対策にもご活用いただけます。

    現在利用している電話番号をそのまま使用できますか?

    お客様の利用環境によっては可能ですので、詳細はお問い合わせください。

    Ever Automationの詳細について

    Ever Automationについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    架電効率を高めるだけでなく、人件費などのコスト削減も可能とするEver Automationは幅広い用途で利用することができます。

    Ever Automationのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    Ever Automation
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載