APMをご紹介|おすすめのツールや機能、メリット·デメリットについて解説

更新日:

    ビジネスのデジタル化、IT化、オンライン化が進むにつれて、APMの重要性が高まってきました。
    APMと言われても、一体どんなものなのか、なんのために行うのかがわからないという方もいるかもしれません。
    そこで、本記事では、APMの意味や定義、APMを実施すべき理由、メリット・デメリットなどについてご紹介していきます。
    また、おすすめのAPMツールもいくつかご紹介いたしますので、ツール導入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

    APMとは?意味をわかりやすく解説

    最初に、APMがどんなものなのかについて見ていきましょう。

    APMの意味

    APMは、「Application Performance Management」もしくは「Application Performance Monitoring」の頭文字を取った省略形です。
    日本語では、「アプリケーションパフォーマンス管理」という意味になります。

    APMの定義

    APMは、簡単に説明すると、「すべてのアプリケーションの稼働状況を把握すること」を指します。
    自社内で導入しているアプリケーションやシステムのレスポンス、不具合などの稼働状態を監視して、エンドユーザー視点に立ちながら、状況把握や原因究明などを行うことをAPMと呼んでいるのです。

    APM(アプリケーションパフォーマンス管理)をする理由

    APMを行う一番の理由は、業務の円滑化のためです。
    社内システム、アプリケーションなどのパフォーマンスが低下すると、業務に支障が出てしまう場合や生産性が落ちてしまうリスクがあります。
    デジタル化が進んでいる会社では、業務を効率良く進めていくため、APMが必須のものとなっているのです。
    また、自社の社員だけでなく、顧客や取引先のためにもAPMが必要とされています。
    もしも、ECサイトの動作が重くなった場合やお問い合わせフォームが正常に動作しなかったら、顧客が離脱することや購入のチャンスを逃してしまうことでしょう。
    さらに、顧客満足度が下がることや企業や商品のイメージまで悪くなってしまうことにもなりかねないのです。
    そのような事態を避けるためにも、エンドユーザー視点で、APMをしっかり行っていくことが重要です。

    おすすめAPMツール5選

    APMを行う際には、専用のツールを活用するのが便利です。
    各社からさまざまなAPMツールが開発・提供されていますので、自社に合ったものを選んでみると良いでしょう。
    おすすめAPMツールを5つ厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    Dynatrace(ダイナトレース)

    Dynatrace LLC.が提供しているAPMツールです。
    Dynatraceの一番の特徴は、AIが搭載されていることです。
    AIによる分析、オペレーションの自動化可能となっており、効率良く管理を行うことができます。
    導入も非常に簡単で、特別なプログラミングは一切不要です。
    AIテクノロジーを活用しながら、監視・管理を行いたい方におすすめです。

    画像出典:Dynatrace公式サイト

    New Relic (ニューレリック)

    New Relic株式会社が提供しているAPMツールです。
    New Relic APMの特徴は、セットアップが不要な点です。
    導入したらすぐにモニタリングが可能となっています。
    リアルタイムアラート やリアルタイムエラー解析などの機能もあるため、トラブルもすぐに発見できます。
    公式サイトの「無料でサインアップ」から申し込むことで、無料でお試しが可能です。

    画像出典:New Relic公式サイト

    Site24×7

    Zoho グループが提供しているクラウド型のAPMツールです。
    Site24×7の特徴は、SaaS型オールインワン監視ツールとなっており、Webサイト、サーバー、ログ、イントラネットなどさまざまな監視が可能な点です。
    モバイルにも対応しており、AndroidアプリやiOSアプリのパフォーマンス監視も実行できます。
    FREE版も用意されており、30日以内であれば無料で利用可能です。

    画像出典:Site24×7公式サイト

    Splunk(スプランク)

    Splunk Inc.が提供している総合ログ管理プラットフォームです。
    Splunkの特徴は、サーバー、ネットワーク、業務システムなどさまざまな場所から、ログやデータを収集し、リアルタイムで監視できることです。
    大量のログを取り扱いできるうえに、セキュリティレベルも非常に高いため、大企業や公共機関などにも向いているAPMツールと言えます。

    画像出典:Splunk公式サイト

    AppDynamics(アップダイナミクス)

    AppDynamicsが提供・開発しているAPMツールです。
    AppDynamicsの特徴は、アプリケーションの管理のほかに、エンドユーザーモニタリング、インフラストラクチャーモニタリング、ビジネス分析も行うことができます。
    検出までの時間も早いため、早期発見、早期対処がしやすくなります。
    Java、NET、PHP、Node.js、Python、C/C++、などさまざまな言語アプリケーションに対応できる点もAppDynamicsの特徴です。

    画像出典:AppDynamics公式サイト

    APMツールの主な機能一覧

    APMツールにはいろいろな機能が搭載されています。
    その中から、代表的な機能をいくつかご紹介いたします。

    ダッシュボード

    ダッシュボードは、アプリケーションやシステムなどのパフォーマンス状況を視覚的に監視する画面です。

    追跡

    クラウド、ハード上のシステムなどさまざまなアプリケーションやシステムの追跡や監視を行う機能のことです。

    アラート

    アプリケーションやシステムが低下した場合に、メールや通知などで警告を出す機能のことです。
    事前に、通知を送信する基準となるレベルを設定しておきます。

    APMツールを利用するメリットとデメリットについて

    最後に、APMツールを利用するメリットとデメリットについても見ていきましょう。

    APMツールのメリット

    メリットは、素早くトラブル対応ができることです。
    APMツールを導入すれば、さまざまなシステムやアプリケーションを常に監視・管理が可能です。
    万一問題が発生したときでも、すぐに気が付くことができますし、原因の究明も行いやすくなります。
    ユーザーの離脱を防げることもAPMツール導入のメリットです。
    Webサイトやシステムが複雑化してくると、表示や動作が遅くなってしまうことがあります。
    すると、ユーザーは、途中で気が変わってしまい、サイトを去る確率が高くなるのです。
    APMツールを使ってWebサイトを監視し、パフォーマンスの低下やトラブルを未然に防いでおけば、ユーザーの離脱を防ぎやすくなるでしょう。

    APMツールのデメリット

    APMツールのデメリットは、導入時にコストがかかってしまうことです。
    高性能なAPMツールほど、価格も高くなっていきます。
    自社にとって本当に必要な機能が揃っているものを厳選したほうが良いでしょう。
    また、操作方法を覚えることや専門知識を身につけなくてはならないこともAPMツールのデメリットです。

    アプリケーション管理にはAPMツールの導入が最適

    今回は、APMの特徴、メリット・デメリット、APMが重要な理由などについてご紹介しました。
    APMは、すべてのアプリケーションやシステムのパフォーマンス状況を監視・管理していくことです。
    管理や管理を行うためには、専用のAPMツールの導入が必要です。
    導入コストがかかってしまいますが、トラブルを未然に防いだり、ユーザー離脱を防いだり、業務が効率化するなどさまざまなメリットが得られます。
    APMツールを選ぶ際には、本記事でおすすめした製品もぜひ参考にしてみてください。

    この製品はアプリマーケティングの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    アプリマーケティングの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【アプリマーケティング】

        類似サービス: GeNEE

        (0)

                 
        月額費用要お見積もり最低契約期間要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ無料お試しノ要問い合わせ/td>

        クライアント企業が構想するアイデアやサービスに、GeNEEが強みとしているテクノロジーを乗算することで、強固なシステムやスケールをスピード感を持って創造することができます。

           

        ビジネス推進力に強み

        システム開発会社やアプリ開発会社は無数に存在します。 しかし、GeNEEには、大手金融機関の大規模システムの設計・開発力に加えて、新規事業をゼロイチで立ち上げ、サービスをスケールさせた経験値・ノウハウ、全国に拠点を持つ大手製造業や教育系企業、IT企業などのクライアントにサービスを提供したビジネス推進力があります。

        プロフェッショナルが集結するプロジェクト体制

        GeNEEは、クライアントからの要望に応じて、ディレクションを担うビジネス担当、信頼性や保守性の高いシステムを開発するテック・エンジニア、ユーザーを惹きつけるUI/UXデザインを考案する知識豊富なデザイナー、SEO対策、ASO対策、Web広告やSNS広告などの幅広い知見を兼ね備えたマーケター、業界業種特有の専門的な知見を持つDX/ITコンサルタントがプロジェクトに入り、チームを組成します。

        圧倒的な開発速度を実現

        GeNEEではPHP、Java、C言語各種、Perl、Swift、Android-Javaの他、Ruby(Ruby on Rails)、Scala、Python、Go、Kotlin、Object-Cなどといったプログラミング言語にも幅広く対応しており、クライアントとのミーティングを通して、開発案件やサービス案件の性質を的確に見極めて、最適な技術選定を行っています。

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載