店舗アプリの料金や評判などについて

更新日:

    売り上げを伸ばすには集客をしなければなりません。しかし店頭で呼びかけていたり、データ分析もなくサイト集客は見込めません。そこで活用したいのがアプリやデータ分析です。アプリを活用すればwebよりも情報収集がしやすくなりますし、データ分析をすれば何が足りないのか自ずとわかるはずです。この記事で紹介する「店舗アプリ」はデータ分析ができるので集客をする上で取り入れたいアプリです。店舗アプリの特徴やメリット、価格などをみていきましょう。

    店舗アプリの特徴・機能

    アプリ運用ができる

    1つ目の特徴はアプリ運用ができるという点です。集客をする上でアプリは重要なものです。webサイトでは見にくいものの、アプリ運用だとグンと見にくくなります。店舗アプリではスタンプカード、ポイントカード、会員証などお客様にとっていい必要な機能が50機能以上ありまう。

    誰でも簡単に使える

    2つ目は誰でも簡単に使えるという点です。「機能が50種類以上あるため使いにくいのでは?」と心配している方もいるでしょう。しかし店舗アプリならば誰でもかんたん運用で、直感的に簡単操作ができます。実際に多くのお客様が「使いやすい・大変満足」などのように言っています。

    分析ダッシュボード

    3つ目は分析ダッシュボードです。分析ダッシュボードを使えばユーザがーどのような行動をしているか見える化できます。分析アプリではユーザーの行動履歴を1ページで完結できますので、「見にくい、煩わしい」ということもありません。グーグルアナリティクス との連携も可能ですので紐づけて使えば、強力な味方となります。

    店舗アプリのメリット

    店舗アプリのメリットは主に以下の2つです。

    集客が見込める
    安価

    先ほども述べたように店舗アプリは、アプリから分析データを見れるので、それを元にどうしたら集客ができるのかと考えることができます。集客に悩んでいる企業は是非とも入れるべきです。また、これだけの機能が備わっているのにもかかわらず初期費用と月額費用がリーズナブルです。導入すれば大きなメリットが感じられるはずです。

    店舗アプリの価格・料金プラン

    ご覧のように業界最安値となっています。導入に迷っているという企業でも、この値段ならば導入をしてみようと思うのではないでしょうか。いずれも導入して大きな集客があれば導入費用は取り戻せるでしょう。

    店舗アプリの注意点

    店舗アプリは、アプリからWEBアプリPWA・PCサイトの同時作成・運用、フルデザインアプリ開発、データ分析などもあり非常にリーズナブルです。注意するべき点はないでしょう。

    店舗アプリの導入事例・評判

    デザインを思い通りにできるのにもかかわらず、導入コストも安いかったです。機能も充実しており、直感的に操作可能などが決めてでした。
    食品物販店

    アプリコンテンツ・機能・アプリリプレイス対応など細かくサポートされていたので導入をしました。ユーザーへのサービス面も充実しており安心です。
    カラオケ店

    類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    アプリメンバーズ21,780円必要な機能は全て搭載
    アプスタ31,900円プッシュ通知やクーポン機能がある
    GMOおみせアプリ13,750円多言語に対応

    アプリメンバーズの特徴は必要な機能は全て搭載されているという点です。必要な機能があるのに20,000円台というのは非常にリーズナブルでしょう。アプスタはプッシュ通知やクーポン機能があるので、よくセールをする店舗にお勧めです。GMOおみせアプリは多言語に対応しているのでグローバルな環境下で使いたい方に良いでしょう。

    店舗アプリで集客を

    集客に伸び悩んでいるという企業も必ず原因があります。しかしその原因を探すのにアンケートなどをしていてはキリがありません。そんなときこそ店舗アプリの分析データを使いましょう。

      • qeee枠【アプリマーケティング】

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載