shoutem(シャウテム)の料金や評判について

更新日:

    皆さんはアプリの開発にどの程度の期間を使っていますか?良質なアプリを短時間で開発できるのならそれに越したことはありませんよね。そんな願いを叶えてくれるのがスマホアプリ制作ツールになります。スマホアプリ制作ツールがあれば、アプリの開発期間を短縮することができます。今回紹介するツールはshoutmeというものです。shoutmeの特徴やメリット、料金プランなどについて詳しくみてみましょう。

    shoutemの特徴・機能

    コストを抑えてアプリ開発ができる

    shoutemの特徴はコストを抑えてアプリ開発ができるという点です。本来アプリ開発にはコストがかかるものです。コストを抑えることができれば、他のものに回すことが可能ですよね。shoutemならば、アプリを開発するための拡張機能が備わっています。そのため、コストと時間を抑えてアプリ開発に取り組めるのです。

    アプリを簡単に作れる

    2つ目はアプリを簡単に作れることです。アプリ開発する際には、コーディングの知識が必要となりハードルが高くて取り組めないという方も多いでしょう。しかし、shoutemならばコーディングいらずでクオリティの高いアプリを作ることが可能なのです。アプリ開発をしたいけれども難しいという方にうってつけなのが、shoutemです。

    チームがサポートしてくれる

    最後はチームがサポートをしてくれるという点です。自社でアプリを開発したり設計をするには、アイデアに限界がありますよね。そこで、アプリ開発に特化した専門家チームが協力してくれます。これにより早いスピードでアプリ開発が可能になるでしょう。

    おすすめの類似アプリマーケティングツール

    初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

    (4.5)

    月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
    初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

    オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

    ランニングコストのみでアプリ開発ができる

    従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

    既存Webサービスとの連携が可能

    すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

    リリース後のマーケティング施策もサポート

    アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

    shoutemのメリット

    shoutemのメリットは主に以下の2つです。

    レイアウトのカスタマイズが可能
    アプリ開発の専門家チームによって高いクオリティのアプリを作れる

    レイアウトは200種類以上のものがカスタマイズ可能となっています。そのため、自分に合ったレイアウトがないと悩む必要もありません。アプリ開発の専門家チームを雇うことによって、開発スピードが上がるだけではなく、高いクオリティのアプリも作れます。

    shoutemの価格・料金プラン

    詳細はお問い合わせをしてください。

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    shoutemの注意点

    shoutemの注意点はwebサイトが英語という点です。そのため英語に慣れていない方は、ガイドがいまいち理解できない恐れがあります。

    shoutemの導入事例・評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    サービス名月額料金特徴
    Yappliお問い合わせアプリを作る手順が3ステップとわかりやすい
    Buildy9,800円〜PC・スマホの両方から運営可能
    Monaca2,000円〜日本語対応

    Yappliはアプリを作る手順が3ステップとなっています。そのため、より簡単にアプリを作りたいという方は、Yappliがおすすめです。BuildyはPC・スマホの両方から運営が可能となっているので、どの端末からでもアクセスしたい方にいいでしょう。Monacaは日本語対応なので、英語に苦手意識があるという方にとっても向いています。

    shoutemによってアプリ開発をスムーズに

    コーティングをせずにアプリ開発ができるサービスは他にもあります。しかし、shoutmeにはアプリ開発をサポートしてくれるチームがいるのが大きな特徴です。チームをうまく使えば、素早く高品質なアプリが作れます。アプリ開発をしたい方はshoutemを視野に入れてみてください。

      • qeee枠【アプリマーケティング】

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載