さば録の料金や評判などについて。リアルタイムを把握しよう

最終更新日 

クラウド録画サービスは導入すれば便利なものの、どのクラウド録画サービスを利用すれば良いのかわからないという企業も多いのではないでしょうか。

クラウド録画サービスを導入すればトラブル時や現場の状況をすぐに把握できます。

今回紹介するクラウド録画サービスは「さば録」です。

是非この記事を参考にクラウド録画サービス選びに役立ててください。

さば録の特徴・機能

管理・維持が不要

1つ目の特徴が管理・維持が不要です。

カメラ設置箇所で火災が発生したり、強盗に入られたりとトラブルが起きても録画されたデータはさば録のサーバーへと残ります。そのため、トラブル時でもデータが消えるといったことはありません。

ライブ映像の遅延が少ない

2つ目の特徴はライブ映像の遅延が少ないことです。

ライブ映像の遅延が少ないため、ストレスなくリアルタイムで状況確認ができます。PTZカメラを使用すれば見たい方向やズームなどが可能です。

お手軽な運用

3つ目の特徴がお手軽な運用ができることです。

過去の映像はもちろん、ライブ映像もPC、スマートフォン、タブレットからお手軽に運用ができます。スマートフォンから確認ができるのはとてもお手軽でしょう。

さば録のメリット

さば録導入のメリットは主に以下の2つです。

現在設置しているIPカメラやアナログカメラを取り込める
豊富な導入実績で安心して導入

1つ目のメリットは現在設置しているIPカメラやアナログカメラを取り込めます。株式会社ネットカムシステムズが対応しているIPカメラやエンコーダを使用すれば、現在使用しているカメラもさば録に取り込み可能です。

2つ目は豊富な導入実績で安心して導入できます。サテライトオフィスや建築現場、クリニック、介護関係などあらゆる場面で導入されているので安心して導入できるでしょう。

さば録の注意点

動体検知機能、アラートメール通知機能、録画スケジューリング機能はありません。

さば録の価格・料金プラン

さば録の料金は映像の保存日数によって変わり以下のとおりです。

月額費用月額費用月額費用月額費用
7日保存コース1,100円2,200円3,300円4,400円
14日保存コース1,760円3,520円5,280円7,040円
31日保存コース2,640円5,280円7,920円10,560円

2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

さば録の導入事例・評判

サテライトオフィス・・・(勤怠管理、働き方改革)
建築現場・・・(施工管理、危険予知)
クリニック・・・(クレーム対策、状況確認)
介護関係・・・(動的証拠の確保、勤怠管理)

さば録と類似サービスとの比較

サービス月額特徴
セキュアカメラクラウドサービス5,000円1契約でカメラ20台まで利用可能
safie1,320円〜豊富な標準機能
coomonita1,320円〜対応HD画質

セキュアカメラクラウドサービスは1契約でカメラ20台まで利用できます。NTTなので安心して利用できるでしょう。

safieはマルチデバイス視聴ができたり、1年分の録画ができたり、ムービークリップなど豊富な標準機能が特徴です。

coomonitaは月額1,320円から利用でき、HD画質での利用ができます。セキュリティレベルも高いので安心して導入できるでしょう。

さば録でリアルタイムを把握しよう

さば録は遅延が少なくリアルタイムで現場を把握できるのが特徴です

さらに希望があればシングルサインオンのカスタマイズもできます。

現在監視カメラを設置していてカメラを新しく購入せずにクラウド録画サービスを使用したい方はさば録がおすすめです。

ぜひさば録の導入を検討してみてください。

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載