VisuialStage Type-Basicの料金や評判などについて。現場の状況を把握しよう

最終更新日 

トラブル時の状況を把握したり、遠隔地からでも録画映像を確認できるのがクラウド録画サービスです。

しかしクラウド録画サービスにはいろいろありどれを導入すれば良いのかわからない企業も多いでしょう。

この記事で紹介するクラウド録画サービスは「VisuialStage Type-Basic」です。

VisuialStage Type-Basicの特徴や導入するメリットを紹介しますので、クラウド録画サービスで悩んでいる方は是非参考にしてください。

VisuialStage Type-Basicの特徴・機能

モニタリング画面はテンプレートから選択可能

1つ目の特徴がモニタリング画面はテンプレートから選択可能です。

およそ17タイプの画面分割テンプレートから自由に選択して、複数大のカメラ映像を同時に見られます。ワイドタイプテンプレートも標準装備されているため、柔軟対応が可能です。

スケジュール設定が可能

2つ目の特徴はスケジュール設定が可能です。

スケジュール設定が可能で、常時録画や曜日ごとや時間単位で設定ができます。スケジュール設定ができるのでより使いやすくなるでしょう。

録画されたい日を確認しやすい

3つ目の特徴が録画されやすい日を確認しやすいです。

録画された日を確認できるグラフィカルチャートがあり、目的の録画映像を探しやすくなります。数ヶ月分の録画映像があったとしてもすぐに目的の映像を見つけられるでしょう。

VisuialStage Type-Basicのメリット

VisuialStage Type-Basic導入のメリットは主に以下の2つです。

直感的な操作が可能
音声に対応している

1つ目のメリットは直感的な操作が可能です。グラフィカルチャート、サムネイルビュー、シンクロ再生などによって直感的な操作が可能です。

2つ目は音声に対応しており、活用方法が広くなります。音声のモニタリングができ、録音時は音声録画ができ録画映像と共に再生ができるので、より具体的に現場の状況を知れるでしょう。

VisuialStage Type-Basicの注意点

登録情報に変更がある際は、1台ごとに5,000円かかります。

VisuialStage Type-Basicの価格・料金プラン

月額2400円、Live1,200円です。

2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

VisuialStage Type-Basicの導入事例・評判

現在調査中です。

VisuialStage Type-Basicと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
ELMO QBiC CLOUD1,000円〜低コストで導入可能
ギガらくカメラ1,870円〜365日対応のサポート付き
クラウドカメラサービス1,200円〜カメラ、回線、クラウドをワンストップで提供

ELMO QBiC CLOUDは月額1,000円から利用できるもので、低コストで抑えたい企業にはぴったりなものです。

ギガらくカメラは365日対応のサポート付きで、いつでも安心して利用できるでしょう。設定も可能なのですぐに使えます。

クラウドカメラサービスはカメラ、回線、クラウドをワンストップで提供しており、導入の手軽さが魅力的です。

VisuialStage Type-Basicで現場の状況を把握しよう

VisuialStage Type-Basicは音声に対応していたり、カスタムビューでカメラ映像を確認できたりと使いやすいさと性能性の高さが魅力的です。

導入可能が確認できないものの、音声対応しているクラウド録画サービスは少ないので導入してみてはいかがでしょうか?

モバイル対応もしているので、スマホから簡単に利用できるのでお手軽さを求めている企業にもおすすめです。

ぜひVisuialStage Type-Basicの導入を検討してみてください。

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載