TELESCOPEの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
5,000円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
非公開
これはクラウド録画の製品です。
クラウド録画の製品をまとめて資料請求

TELESCOPE(テレスコープ)は、PC画面の録画・録音ができるクラウド型録画システムです。
・どんな特徴があるか知りたい
・実際に利用している人からの評判を知りたい
今回はTELESCOPEの運用を検討し、情報を求めている人に向けて、特徴や料金、利用者の評判を紹介します。
本記事を参考にTELESCOPEの運用を考えてみてください。

TELESCOPEとは?

TELESCOPEは、テレワークにおけるPC画面の録画・録音を目的にしたクラウド型録画システムです。コロナ禍で注目されたテレワークですが、仕事用のPCをプライベートで使うと情報漏洩のリスクがあります。PCの私的利用を減らし、万が一の時に従業員の潔白を証明するために開発されたシステムです。
PC画面の録画のほか、のぞき見検知や画面ロックなどの機能も搭載しているため、情報漏洩を予防することができます。

おすすめの類似クラウド録画ツール

撮影·録画した映像をいつでも確認可能: coomonita

(5.0)

月額費用1,200円無料お試し要問い合わせ
初期費用24,800円導入企業要問い合わせ

カメラで撮影した映像をクラウド上で管理、PC・スマホからいつでも映像を確認できるサービス。複数の端末からアクセス、必要な映像のみのシェアも可能で、録画映像も見ることができるため、映像の収集や分析にも最適です。

高画質&クリアな音声で映像を確認

従来の防犯カメラ(VGA画質)では、全体の映像は把握できても、詳細な部分はぼやけてしまい、確認できないことがありました。 また、音質が悪く、音声を確認したい場面でも雑音にまみれて重要な部分が聞き取れないことも。 coomonitaは、HD画質×30fps(1秒間に30フレーム)の高画質かつクリアな音声品質で映像を確認することができるため、細かい文字などもしっかりと確認することができます。

堅牢性の高いセキュリティで利用できる

クラウドでデータを保存して映像の確認をするため、外部からの不正なアクセスなど、セキュリティ対策には十分に配慮する必要があります。 coomonitaは、外部からのカメラへの直接アクセスを遮断しているため、情報漏洩の危険性が極めて低いです。 また、アップロード時の通信や保存した映像も暗号化されるだけでなく、固定IPアドレスによる閲覧制限を設けることもできます。

導入は非常に簡単

従来の防犯·監視カメラの導入には、カメラ以外にレコーダーやモニターなど必要な機器が多く手間もかかりました。 coomonitaでは、カメラとネットワーク環境だけというシンプルな運用が可能です。 納品時にはカメラの設定は完了しているため、あとはネットワークに接続さえすればすぐにご利用いただけます。

TELESCOPEの特徴

TELESCOPEの特徴は3つあります。

PC画面をすべて録画・録音できる

TELESCOPEテレワーク中のPC画面をすべて録画・録音可能です。ドキュメント作成やWeb上での操作、リモート会議などPC上のあらゆる操作を保存します。
テレワーク中でも監視されているという緊張感が生まれるため、PCの私的利用の抑制につながるでしょう。録画・録音データはクラウド上で保管されているため、いつでもデータの保存や閲覧が可能です。

第三者からののぞき見を防止する画面ロック機能

PCのカメラで複数人の顔を検知するとアイコンで警告表示をしてくれます。警告が続くとPC画面を自動的にロックする機能を搭載。のぞき見している第三者への情報漏洩を防止します。
警告があった場合、管理しているクラウド上にもアイコンが表示されるため、管理者も一覧からデータを探し出すのが簡単です。

低コストで運用できる

TELESCOPEの料金は、ストレージ容量によって決まっています。ユーザごとの課金ではないため、利用人数や会社規模によっては低コストでの運用が可能です。

おすすめのクラウド録画サービス

coomonita:月額1,200円〜/クラウド録画カメラサービス

TELESCOPEの料金

TELESCOPEには3種類のプランが用意されています。

シンプルプラン標準プランプレミアムプラン
月額5,000円30,000円100,000円
利用容量上限10GB100GB1TB

3種類のプランのほか、フリートライアルもあります。利用容量上限10GBですべての機能を1ヶ月間無料で利用可能です。

TELESCOPEの評判・口コミ

TELESCOPEに対する評判・口コミは現在のところありません。
1ヶ月間のフリートライアルがあるため、機能や操作性を確認したい人は利用してみるといいでしょう。

まとめ

今回はTELESCOPEの特徴や料金・評判を紹介しました。
PC画面を録画・録音することでテレワークであっても緊張感を持って仕事でき、私的利用による情報漏洩を防止できます。
画面ロックによって第三者からの情報漏洩も防げるため、安心できるテレワーク環境を整えたいと考えている人は運用を検討してみてください。

おすすめのクラウド録画サービス

coomonita:月額1,200円〜/クラウド録画カメラサービス
これはクラウド録画の製品です。
クラウド録画の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【クラウド録画】

      撮影·録画した映像をいつでも確認可能: coomonita

      (5.0)

      月額費用1,200円無料お試し要問い合わせ
      初期費用24,800円導入企業要問い合わせ

      カメラで撮影した映像をクラウド上で管理、PC・スマホからいつでも映像を確認できるサービス。複数の端末からアクセス、必要な映像のみのシェアも可能で、録画映像も見ることができるため、映像の収集や分析にも最適です。

      高画質&クリアな音声で映像を確認

      従来の防犯カメラ(VGA画質)では、全体の映像は把握できても、詳細な部分はぼやけてしまい、確認できないことがありました。 また、音質が悪く、音声を確認したい場面でも雑音にまみれて重要な部分が聞き取れないことも。 coomonitaは、HD画質×30fps(1秒間に30フレーム)の高画質かつクリアな音声品質で映像を確認することができるため、細かい文字などもしっかりと確認することができます。

      堅牢性の高いセキュリティで利用できる

      クラウドでデータを保存して映像の確認をするため、外部からの不正なアクセスなど、セキュリティ対策には十分に配慮する必要があります。 coomonitaは、外部からのカメラへの直接アクセスを遮断しているため、情報漏洩の危険性が極めて低いです。 また、アップロード時の通信や保存した映像も暗号化されるだけでなく、固定IPアドレスによる閲覧制限を設けることもできます。

      導入は非常に簡単

      従来の防犯·監視カメラの導入には、カメラ以外にレコーダーやモニターなど必要な機器が多く手間もかかりました。 coomonitaでは、カメラとネットワーク環境だけというシンプルな運用が可能です。 納品時にはカメラの設定は完了しているため、あとはネットワークに接続さえすればすぐにご利用いただけます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載