• DirectCloud-BOXの料金·評判·機能について。月額10,000円から使える?

    最終更新日 

    近年のビジネス遂行ではさまざまな情報や資料がデータで交換されており、社内はもちろん、取引先などとのファイル共有ニーズが高まっています。
    一方で共有にあたっては情報流出などのリスクを避けるなど、セキュリティ面の確保が重要です。
    高度なセキュリティでクラウドストレージが利用できることから注目されているDirectCloud-BOXを特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

    DirectCloud-BOXとは

    DirectCloud-BOXは社内をはじめ、取引先など外部ともファイル共有を安全かつ快適に行えるユーザー数無制限のクラウドストレージです。
    優れたセキュリティ環境と利便性の高さで企業の生産性向上をアシストしてくれます。

    DirectCloud-BOXの特徴·機能

    DirectCloud-BOXは共有リンクでファイル送受信できるほか、ワークスペースで取引先とファイルを共有することやファイルサーバーのクラウド移行など、企業のさまざまなニーズに対応できます。
    主な機能について詳しく確認していきましょう。

    共有リンクでファイル送受信

    スマートリンクで取引先とファイルの授受ができます。
    セキュリティが高いので、重要なファイルの送受信や転送も安心です。
    マニュアルなしでも直感的に操作できるので、誰もが簡単に使いやすいのも便利です。

    チーム向け共有ワークスペース

    共有ワークスペースを活用することで社内のチームや取引先との共同作業の業務効率化が図れます。
    エクスプローラでデータを残さずにファイル編集を行うことや複数ユーザーのアクセスによる同時編集、膨大なデータからファイルを素早く探し出せる全文検索機能も搭載されています。

    クラウド化による業務の効率化

    ファイルサーバーをクラウド化して、組織全体の業務効率化が図れるのも魅力です。
    100人規模の企業から5,000人超の企業まで、プランに応じて幅広く対応できます。
    大容量ストレージの標準提供や自動でファイルの利用状況を分析して見える化する機能、データ移行ツールなどが標準搭載されているプランもあります。

    DirectCloud-BOXの強み

    DirectCloud-BOXはファイルサーバーをクラウド化できるのが強みです。
    個々のパソコンやメディアなどにバラバラに格納されているデータを一元管理するために、ファイルサーバーを構築·運用する必要がありません。
    サーバートラブルによって、組織全体の作業が中断するリスクもなくなります。
    DirectCloud-BOXでは高セキュリティと確実なデータ保全を基本に、社内間でのファイル共有から、社外とのビジネス利用まで安全かつスムーズ化し、業務効率をアップしてくれるのが強みです。

    DirectCloud-BOXの価格·料金プラン

    DirectCloud-BOXは初期費用無料、ユーザー数無制限で月額定額制、月額10,000円から利用が可能です。
    ベーシックだと月額10,000円、スタンダードで月額30,000円となっています。
    また、ビジネスプラン以上だとストレージ容量が3TB以上となっており、ビジネスは月額90,000円、プレミアムは月額180,000円、エンタープライズは月額300,000円です。

    2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    DirectCloud-BOXの注意点

    DirectCloud-BOXの注意点としてファイルダウンロード、アップロードのURLリンク作成機能、管理設定などがITリテラシーの低いユーザーにはわかりにくい点が挙げられるため、社内でのサポートを実施しましょう。

    DirectCloud-BOXの導入事例·利用企業からの評判

    低価格で利用人数無制限なのに高セキュリティ

    “導入の決め手は何より、ユーザー数無制限でリーズナブルな価格であったのと、セキュリティを考慮した各種管理機能が充実していた点です。パスワードポリシーやフォルダのアクセスコントロールをはじめ、2要素認証やアクセス元IPアドレス制限、デバイス制限、アプリケーション制限など、ここまでセキュリティが充実しているツールはなかなかありません。外部企業や海外拠点とも安心してやり取りができます。また、ログ管理機能が充実しており、さまざまなログを長期保管できる点も魅力です。”(株式会社IHI様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスであるBoxは「働き方をシンプルに」をコンセプトに、高いセキュリティのもとでデータ共有やワークフローの構築をサポートしてくれるプラットフォームです。
    共同作業で成果を生み出すために重要なファイルを1ヶ所に集約し、誰もがアクセスできる環境を形成することで、業務効率アップが図れます。
    社内、顧客、パートナー、ベンダーを含む社内外の組織との共同作業をスムーズにでき、いつでも、どこからでもデバイスを問わず、アクセス可能です。
    契約書類のやり取りやデジタル資産の管理など、重要な業務に関わる反復作業を自動化できるため、ワークフローがシンプルかつスムーズになります。
    ビジネスプランはユーザー数は最小3人〜上限なしで、1ユーザーあたり月額1,800円です。
    DirectCloud-BOXではワークフローの構築や自動化機能はありませんが、高度なセキュリティでファイル共有による業務効率化をバックアップしてくれます。

    DirectCloud-BOXで業務効率アップを

    DirectCloud-BOXは共有リンクでのファイル送受信、ワークスペースで社内外でのファイル共有が図れ、ファイルサーバーのクラウド移行を推進してくれます。
    高いセキュリティのもとで社内外と重要なファイルを安心して共有できることで、業務の効率化が目指せます。

    画像·データ出典:DirectCloud-BOX公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部