RFIDとは?電子タグの仕組みや特徴について

更新日:

    近頃、「RFID」という言葉をよく耳にすることが増えた方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、実際にどのようなものに、どんな用途で使われているのかはっきり分からないという方も多いのではないでしょうか?

    この記事では、RFIDに用いられる電子タグの仕組みや特徴について解説します。

    特徴を理解し、活用する場を広げていきましょう。

    RFIDとは?

    RFIDとは、電波を用いてICタグの情報を読み込んだり、書き込んだりする自動認識技術のことで、Radio Frequency Identificationの頭文字を取った略称です。

    従来のバーコードと比べてのメリットは、電波の届く範囲であれば非接触で複数のタグをスキャンできるため、多くの物品の管理が容易にできることです。

    身近な例としては、公共交通機関のICカード「Suica、ICOCA」や、ユニクロなどで使用されている商品をカゴごと置いたら精算金額が表示されるものなどがあります。

    物流倉庫などの商品が多く、広い範囲にある場合でも、ワイヤレスの電波を使って在庫管理ができるため非常に有効活用されています。

    RFIDの電子タグの仕組み

    RFIDの電子タグの仕組みはどうなっているのでしょう。

    大きく分けて、「>ICタグ・RFタグ」「RFIDリーダライター」「処理システム」の3つの要素から構成されています。

    詳しく見ていきましょう。

    ICタグ・RFタグ

    「ICタグ・RFタグ」とは、ICチップと通信するためのアンテナを保護素材などで包み、タグ化します。

    このICチップに情報が書き込まれているので、これを商品に取り付けます。

    RFIDリーダライター

    「RFIDリーダライター」とは、電波を使って読み書きする装置のことです。

    倉庫などの物品管理をする場合は、簡単に持ち運びできるハンディタイプのものがよく使われています。

    他にも、入場規制をしている会社やコンサートなどでは、ゲート型のリーダライターが使用されます。

    処理システム

    「処理システム」とは、「RFIDリーダライター」で「ICタグ・RFタグ」の情報を読み書きした情報を活用するためのシステムを指します。

    例としては、POSレジのデータや在庫を管理するシステムが挙げられます。

    RFIDの特徴

    これからの認識技術として重要なRFIDの特徴をみていきましょう。

    非接触で複数のタグをスキャンできる

    先ほども挙げましたが、やはりこちらは最大の特徴といえます。

    バーコードやQRコードは、一つのものしかスキャンできませんが、RFIDは複数のデータを読み書きできます。これを「アンチコリジョン」と呼びます。

    また、段ボールの中に入っているなど、外側から見えていなくても情報を読み書きすることができるため、効率が良いです。

    タグ内に多くの情報を持てる

    バーコードでは数バイトしか持てなかった情報が、RFタグだと数キロバイトの情報を扱うことができます。

    また、バーコードは英数字と記号しか使えませんが、RFタグだと漢字やバイナリデータ、数字も使えます。

    情報を変更できる

    バーコードであれば、一度印刷をすると変更できませんが、RFIDは「RFIDリーダライター」を使えばタグ内の情報を何度でも変更することができます。
    簡単に情報の変更ができることもメリットです。

    汚れに強い

    ICチップは汚れや衝撃に強いことや、劣化しにくく耐久性があるため、長期間の使用が可能になっています。

    取り替える作業やそれにかかる人件費、労力などを考えるとかなりのメリットであるといえます。

    セキュリティに優れている

    RFタグは、情報の読み書きに専用のリーダライターを使用します。

    そのため偽造することが困難なので、セキュリティの観点からも非常に優れています。
    そのため、機密情報の管理や入館証、社員証にも適しています。

    バーコードやQRコードとの違い

    RFIDはバーコードやQRコードと比較した場合、多くの優れた点があります。

    RFIDの優れた点を列挙します。

    ・読み取り距離が広範囲
    ・データの書き換えが容易
    ・遮蔽物の影響が少ない
    ・汚れに強い
    ・情報の保有量が多い

    RFIDの主な特徴・メリットは以上のようなポイントになります。

    しかし、コスト面で比較すると、バーコードやQRコードのほうが安価であるためメリットとデメリットを把握しておきましょう。

    まとめ

    RFIDの電子タグの仕組みや特徴について解説しました。

    業務内容によっては業務の効率化や人件費の削減には大きく期待できるでしょう。

    もともとRFIDはコストが高いという事情もあり、あまり一般的ではありませんでした。

    しかし、生産コストが低下したおかげで、ユニクロ・GUなどの無人レジでも使用されるようになり、急速に普及が進んでいます。

    利便性の高いRFIDの特徴をよく知り、活用しましょう。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載