• アシスト店長の料金·評判·機能について。月額10,000円から使える?

    最終更新日 

    1つのお店で自社サイトをはじめ、複数のECモールに出店するお店が増えています。
    在庫を共有していて在庫管理が難しい、受発注や問い合わせの手間がかかるなど複数サイト運営ならではの課題を抱えているのが現状です。
    そこで、別々のECサイトの管理を一元化できるツールを導入する企業が増えてきました。
    その1つであるアシスト店長の特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

    アシスト店長とは

    アシスト店長は自社ECサイトと複数ECモールにおける、在庫管理から受発注に至るまで、1つのツールで一元管理や処理を可能とするEC受注業務の一元管理システムです。
    顧客を育成して売上につなげる機能も活用できます。

    アシスト店長の特徴・機能

    アシスト店長の特徴や機能をご紹介します。

    複数ECショップの受注管理を一元化

    複数展開しているECショップに入る受注を一元管理でき、作業時間の短縮が可能です。
    受注が入ったのをうっかり見逃す心配がなくなり、複数サイトに散らばる大量の受注処理にスムーズな対応ができるようになります。

    在庫管理や発送処理もスムーズに

    在庫連動は複数店舗の商品をアシストIDで紐付けでき、店舗ごとに在庫を振り分けて自動反映する在庫管理システムが搭載されています。
    これまでのように複数店舗の商品コードを合わせる必要はありません。
    在庫数の振り分けは全店舗一律か、パーセンテージ(割合)または数量で指定することができます。在庫調整の労力や手動によるミスも発生せず、理想的な在庫配分が可能です。
    各種送り状ソフトと連携しているので、Web領収書やWeb納品書の発行もできます。

    顧客を育成して売上アップ

    店舗をまたいで顧客の購入回数管理が可能です。
    購入履歴から顧客リストの抽出もでき、リピート率UPのメール配信などの機能も付いています。
    メール自動送信機能、購入内容や購入履歴に応じた差し込み文章の変更もできるのが便利です。
    店舗別や店舗を横断した顧客管理や販売促進戦略の構築、売上分析などもしやすくなります。

    アシスト店長の強み

    アシスト店長は複数ECサイト間における受注・在庫管理業務、メール配信や顧客管理まで一元管理が可能です。
    作業にかかる手間や時間、人件費のカットにも役立ちます。
    LTV(顧客生涯価値)の最大化をアシストでき、売上アップまでサポートしてくれるのが強みです。
    受注一覧で購入者ごとの購入回数が表示されるので、新規顧客とリピーターをひと目で判別でき、フラグ付けによって優良顧客を区別することもできます。
    顧客からの問い合わせ内容や対応履歴などを顧客情報へ登録できるので、新規受注時に過去の対応内容をすぐに確認できるのも便利です。

    アシスト店長の価格・料金プラン

    アシスト店長は利用したい機能ごとに料金設定がなされています。
    受注管理機能は初期費用0円、月に400件までなら月額10,000円、それ以降は件数が増えるごとに加算される仕組みです。
    1,000件までは1件追加で25円、1,001件から3,000件は20円と件数が増えるほど、単価は低減します。
    在庫管理機能は初期費用10,000円×店舗数がかかり、月額費用は5,000円×店舗数が必要です。
    そのほかオプションがあるため、具体的な利用ニーズに応じて、実際の料金は異なってきます。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    アシスト店長の注意点

    アシスト店長は複数のECサイトを一元管理できるシステムですが、受注管理や在庫管理、顧客管理の高度機能のオプションなど、料金設定がバラバラなので、必要なツールを使うために、具体的にいくらかかるのかわかりにくいので注意しなければなりません。
    簡単で低コストと思っていたのに、必要なサービスをどんどん追加していくうちに予算オーバーにならないよう注意しましょう。

    アシスト店長の口コミ・利用企業からの評判

    工数を大幅に削減

    “複数のモール・自社サイトをブランドごとに運用しており、電話・受注・メールの担当者を店舗ごとに立てていたので人件費もかかっていました。アシスト店長の導入により、受注取込後は一括で処理を行えるようになったので、受注担当者2名で対応が可能となりました。スタッフはメールと電話専任に分けて業務分担ができるようになったことで、顧客対応の品質向上にもつながっています。細かい設定やカスタマイズもしやすいので、備考欄に記入がある受注を色分けすることや細かい検索条件を設定保存するなどして、工数削減に役立てています。アカウント権限設定を作成したことで、受注処理担当と電話・メール担当の業務エリアも分けることができ、業務効率アップにつながっています。”(株式会社I-ne様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスである、まとまるEC店長は自社サイトや複数のECモール運営の在庫、商品、受注を一括管理できるシステムです。作業時間や人件費のカットに役立ちます。
    利用料金は初期費用·サポート費用は一切なく、商品数に応じた月々の固定費だけです。受注数やモール数で料金が変わることはありません。
    3,000商品までなら月額9,800円、5,000商品までなら15,000円、10,000商品まで25,000円、30,000商品まで54,000円、50,000商品まで78,000円、それ以上は別途問い合わせになります。
    これに対してアシスト店長は必要な機能を組み合わせていく料金体系になっており、完全なパッケージプランではないので少しわかりにくい点があります。

    アシスト店長で受発注管理の効率化を

    アシスト店長は複数のECサイトの在庫管理や受発注管理を一元化して作業効率アップや人件費削減などに役立ちます。
    人手不足の時代に、少数精鋭での運営が可能となるのもメリットです。
    顧客管理や販売促進のための機能も充実しているので、販売促進や売上アップにも役立ちます。

    画像·データ出典:アシスト店長公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部