• CROSS MALL(クロスモール)の料金·評判·機能について。月額5,000円から使える?

    最終更新日 

    1つのお店が複数のECサイトに出店するケースが増えています。在庫の管理に手間取っている、受発注や問い合わせの手間がかかるなど複数サイト運営ならではの課題が生まれています。そのため、別々のECサイトの管理を一括できるツールを導入する企業が増えてきました。
    その1つであるCROSS MALL(クロスモール)の特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

    CROSS MALLとは

    CROSS MALLはオンラインショップにおける商品登録・在庫管理・受注管理・発注・仕入れなどの運営管理に必要な業務をすべて一元管理できるASPソフトです。
    複数のオンラインショップの運営に必要な業務を効率化できます。

    CROSS MALLの特徴・機能

    CROSS MALLの特徴や機能を見ていきましょう。

    バックヤード支援でEC全体の成長を

    CROSS MALLではオンラインショップのバックヤード業務を一元管理して、スムーズにしてくれるので、よりコアな業務や顧客対応などに人材や時間を集中させることが可能となります。
    バックヤードの支援により、さらにオンラインショップの複数出店や展開が可能となり、EC全体の成長を促します。

    在庫連動が可能

    在庫連動が可能であることに加え、複数店舗に一括で出品できるのが便利です。
    多店舗展開で一部の店舗で欠品が生じることや逆に在庫以上に受注してしまうといった心配から解放されます。

    ASP管理による業務効率化

    多店舗運営において特に注意したいのが各モールやカートの仕様変更です。スピードが速いビジネスモデルのため、頻繁に各モールやカートの仕様変更が行われ、その都度個別対応しなくてはならず、無駄な労力や作業時間が発生してしまいます。
    CROSS MALLによるASP管理を使えば、仕様変更に適切・確実に対応できるようになります。ASPの定期的な機能更新とバージョンアップにより、各オンラインショップの仕様変更への対応が素早くできるようになるため、本来時間をかけるべき業務に貴重な時間を使えるのもメリットです。

    CROSS MALLの強み

    CROSS MALLはオンライン上で気軽に使いこなせるだけでなく、対人サポートも充実しています。
    システムの運用サポートをはじめ、ハードウェアのトラブルにも迅速に対応してくれます。システムの操作方法の指導やネットワークのメンテナンスやセキュリティ対策まで、すべてサポート窓口で対応が可能です。打ち合わせ内容やお問い合わせ履歴などをデータベースに蓄積してサポートチームで情報共有しているので対応のスピードアップ・効率化も図られています。
    リモート操作にも対応しているので、電話では伝えにくい状況説明も直接確認が可能です。Webマーケティングサービスにおいても、事前の戦略策定からサイトアップ後の効果検証に基づく更新・改良までトータルサポートしてくれます。
    営業・SE・運用指導・ネットワークと各部署の担当者がチームを組み、CROSS MALLを導入した各企業の状況を把握した専属チームによるサポートが受けられるのが強みです。

    CROSS MALLの価格・料金プラン

    CROSS MALLでは初期費用が無料で月額費用5,000円から利用できるスーパーライトプランが人気です。
    オンラインショップは3サイトまで、商品点数1,000件、受注件数500件までのプランです。
    そのほか、プラン1000であれば月額9,000円×サイト数で商品点数1,000点まで、プラン3000では月額14,000円×サイト数で3,000点まで、プラン5000は18,000円で5,000点、プラン15000は23,000円で15,000点となっています。
    商品課金や受注課金はなく、毎月固定金額で利用可能です。
    導入企業のもとにスタッフが直接訪問して、サポートを行うサポートプランもあります。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    CROSS MALLの注意点

    CROSS MALLは国内における代表的なECモールや、ECカートツールなど汎用性があるサイトには幅広く対応していますが、自社サイトについては仕様によって対応できない場合があるので注意しなくてはなりません。

    CROSS MALLの口コミ・利用企業からの評判

    スタッフのモチベーションがアップ

    “従来は本社側で各店舗に在庫を割り振っており、どうしても売れるショップの在庫を多めに設定していました。すると、少数しか割り振られなかったショップの担当者はいくら頑張っても売れる数が在庫数に限定されてしまい、モチベーションが下がってしまうリスクを抱えていました。CROSS MALLを導入してからは、全ショップが同じ在庫数を扱えるようになったので、それぞれの店舗のスタッフがいかに売るかを考え、店舗同士の競争心が生まれるという良い効果が生み出されています。システム化により人的ミスを防げるようになり、スタッフの意欲にも変化が現れています。”(株式会社ピー・ビー・アイ様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスである、まとまるEC店長は複数モール運営の在庫、商品、受注を一括管理できます。利用料金は商品数に応じた月々の固定費だけで、初期費用やサポート費用は必要ありません。受注数やモール数によって、料金が変わることもありません。
    利用料金の仕組みは単純で、3,000商品までなら月額9,800円、5,000商品までなら15,000円、10,000商品まで25,000円、30,000商品まで54,000円、50,000商品まで78,000円と商品数で異なります。
    これに対してCROSS MALLは利用料金が、出店モール数や商品数、受注件数により適用できるプランが異なるため、導入にあたっては、全体の出品数や受注件数を明確化するとともに、今後の展開見込みについても検討する必要があります。

    CROSS MALLでバックヤード業務のサポートを

    CROSS MALLは複数のオンラインショップの在庫管理や受発注を一括管理でき、オンラインショップのバックヤード業務を効率的にサポートしてくれます。
    サポート体制も充実しているので、運営や操作に不安がある方も安心です。
    在庫の割り振りなどにより、スタッフのモチベーションアップを図り、売上アップも目指せます。

    画像·データ出典:CROSS MALL公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部