帳票DXの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
110,000円~
初期費用
110,000円~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 電子帳簿保存システム の製品です。
電子帳簿保存システム の製品をまとめて資料請求

PDFファイルだけでなく、Officeファイルの帳票も作成したい。

請求書は、メール送信だけでなく郵送やWeb配信もしたい。

など、顧客のニーズにこたえてくれる電子帳簿保存システム「帳票DX」をこの記事で紹介します。

帳票DXとは?

顧客のニーズをすべてかなえてくれるのが、「帳票DX」です。

帳票DXは、完全ペーパーレス化を実現するためのシステムとは違います。

作成した電子帳票をいろんな配信サービス、電子契約サービスに繋げて自動化。

これが、インプットからアウトプットまでを帳票中心に業務を自動化することにつながります。

紙のスキャンデータやExcelをシステムへ取り込むデータエントリーとしての活用まで、使いたい機能を自由に組み合わせてご利用いただけます。

帳票DXは、現場の希望、要求にスピーディーかつ柔軟に対応するツールを提供してくれます。

電子帳簿保存システムのおすすめ製品

DenHo

(4)

月額費用9,000円〜無料お試し5日間
初期費用要問い合わせ最短利用開始期間3営業日〜

DenHoとは、株式会社インフォディオが運営している電子帳簿保存クラウドサービスです。 書類や帳票をスキャン、スマートフォンで撮影してアップロードすることで、AIが画像からテキストデータを認識してデータ化、保存してくれるため、画像内の文字も含めた全文検索が可能となります。

電子保存を効率化

DenHoは、アップロードするだけで帳票の読み込みや、テキストの読み取り、データ化、さらには帳票の分類化までをAI-OCRが自動で行ってくれるため、これまで手入力でデータ化していた手間が効率化されます。

保存帳票の全文検索できる

DenHoは、画像からも項目をデータ化しているため、紙・電子を問わず、すべての帳票から全文検索することができます。 自動で帳票からタグを付与しており、タグ検索や日付検索、金額の範囲検索など豊富な検索機能を搭載しています。

テレワークを促進

DenHoは、場所を選ばず利用できるため、オフィス以外の場所でも帳票を検索・閲覧することが可能です。 紙による制約がなくなるため、テレワークなど多様な働き方を促進します。

freee会計(中堅・大企業向け)

(4)

月額費用3,980円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円導入実績要問い合わせ

freee会計とは、freee株式会社が運営しているクラウド会計ソフトです。単体型やシリーズ型のシステムと異なり、統合型クラウドERPによって、マスタの統合と、一気通貫した業務フローを構築することができます。

デジタル化でミスを削減

freee会計で請求書や経費申請を電子化することで、紙で行っていた業務をデジタル化し、業務効率化につなげることができます。請求書などを紙で処理している企業では、業務が煩雑化してしまうことが多いため、freee会計を導入することで紙業務をオンライン化し、ミスの元になる手作業をなくし、工数削減を実現します。

使いやすいシステムで属人化を解消

経理関係の業務は、専門性が必要となることも多いため、一部の担当者しか業務の進め方がわからなくなってしまう状態、属人化に陥ってしまうケースがあります。freee会計は、誰でも操作できる使いやすさを重視して開発されており、電子帳簿保存法や税関連の法改正があった際にも、迅速に対応してアップデートしています。

経営状況を把握

freee会計は、取引情報などからレポートを自動で生成できる機能を搭載しており、自社の経営状況を手軽に把握することが可能となります。レポートは、わかりやすいグラフを用いて生成されるため、経営における意思決定を早めることができます。

TOKIUM電子帳簿保存

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

TOKIUM電子帳簿保存とは、株式会社TOKIUMが運営している、電子帳簿保存法に対応したクラウド文書管理システムです。 電子帳簿保存法に完全対応しており、要件を満たした上で、国税関係書類を保存することができます。

データ化方法を選べる

TOKIUM電子帳簿保存では、3つのプランを提供しています。 「オペレーター入力プラン」は、1人目のオペレーターが入力したデータと、2人目のオペレーターが入力したデータが完全一致する場合のみデータ化するため、非常に高い精度でのデータ化が可能です。

完全ペーパーレス化を実現

TOKIUM電子帳簿保存を利用することで、請求書や契約書など、形式を問わずにTOKIUMが受領代行し、スキャンもしてくれるため、取引先が紙文化の企業であっても、完全ペーパーレス化することができます。 受領した原本はTOKIUMが保管代行してくれるため、企業側にファイリングや保管の手間が発生しません。

あらゆる取引書類を管理

TOKIUM電子帳簿保存には、関連書類の紐付け機能が搭載されており、請求書と納品書、請求書と契約書など、関連する書類を紐づけて相互確認・検索することができるため、あらゆる取引書類の一元管理が可能となります。

電子帳簿保存システムの製品をまとめて資料請求

帳票DXの特徴

帳票DXの特徴を紹介します。

帳票DXは、15年以上のクラウド帳票実績のある商品です。

帳票DXは、クラウドサービスと連携して色々な形式ファイルを電子化することができます。

クラウドストレージなどの外部サービスとAPI連携し、インプットからアウトプットまでを自動化することも可能です。

紙媒体で管理していたときのコストや手間が無くなり、スムーズな書類管理になります。

帳票DXの特徴2つ目は、 ストレスなく電子帳簿保存法とインボイス制度に対応できるという点です。

法に則った対応をするためには、今までの自社のワークフローを変更、複雑な処理をする必要がありません。

導入は、簡単な操作で完了するので担当者の負担は最小限です。

帳票DXは、テンプレートをフリーで作成することのできる帳票デザインツールがついています。

ドラッグ&ドロップで操作が可能で、画像や文字のリサイズも簡単にできます。

帳票DXの料金

帳票DXの料金システムを紹介します。

・帳票DX Starterプラン
月額110,000円~
初期費用110,000円

・帳票DX Businessプラン
月額220,000円〜
初期費用330,000円

・帳票DX Enterpriseプラン
月額462,000円
初期費用770,000円

・帳票DX Privateプラン
月額792,000円
初期費用2,200,000円

帳票DXの評判・口コミ

帳票DXを導入している企業の評価を紹介します。

最近はリモートワークが推進され働き方も変わってきました。

しかし、紙ベースでの帳票を扱う経理や総務は、出社しなければ仕事になりませんでした。

帳票DXを導入することで、帳票の電子化がすすみリモートでも帳票の確認をすることが可能になりました。

もちろん今までかかっていた紙代、印刷代、インク代などの経費も削減され紙にこだわっていた時代が懐かしく感じます。

まとめ

完全電子化が進むなか、取引先によってはそうはいかないこともありますよね。

ここで、紹介した帳票DXはニーズによって保管方法を変更できるサービスなので媒体が混在する企業にはおすすめのシステムです。

      その他の関連する記事

      これは 電子帳簿保存システム の製品です。
      電子帳簿保存システム の製品をまとめて資料請求
        • 電子帳簿保存システム

          類似サービス: DenHo

          (4.5)

                   
          月額費用9,000円〜無料お試し5日間
          初期費用要問い合わせ最短利用開始期間3営業日〜

          DenHoとは、株式会社インフォディオが運営している電子帳簿保存クラウドサービスです。 書類や帳票をスキャン、スマートフォンで撮影してアップロードすることで、AIが画像からテキストデータを認識してデータ化、保存してくれるため、画像内の文字も含めた全文検索が可能となります。

          電子保存を効率化

          DenHoは、アップロードするだけで帳票の読み込みや、テキストの読み取り、データ化、さらには帳票の分類化までをAI-OCRが自動で行ってくれるため、これまで手入力でデータ化していた手間が効率化されます。

          保存帳票の全文検索できる

          DenHoは、画像からも項目をデータ化しているため、紙・電子を問わず、すべての帳票から全文検索することができます。 自動で帳票からタグを付与しており、タグ検索や日付検索、金額の範囲検索など豊富な検索機能を搭載しています。

          テレワークを促進

          DenHoは、場所を選ばず利用できるため、オフィス以外の場所でも帳票を検索・閲覧することが可能です。 紙による制約がなくなるため、テレワークなど多様な働き方を促進します。

          類似サービス: freee会計

          (4.5)

                             
          月額料金1,980円~無料お試し30日間
          初期費用0円導入社数要お問合せ

          freee会計とは、freee株式会社が運営しているクラウド会計ソフトです。 インボイス制度や電子帳簿保存法に完全対応しており、煩雑な経理業務の効率化を実現します。 有料利用中のユーザーは、33万社を突破、クラウド会計ソフトシェアNo. 1※の実績があります。

             

          法改正に完全対応

          freee会計は、インボイス制度や電子帳簿保存法に完全対応しています。 クラウド型のサービスとなっているため、法改正に対してソフト側が自動でアップデートして対応することができ、企業側で設定を変更する手間がかかりません。

          仕訳作業を効率化

          freee会計は、全国ほぼ全ての銀行と連携対応済みで、同期した銀行口座やクレジットカードの明細をもとに、帳簿付けすることができます。 明細からの転記作業、仕訳入力が全て自動化できるため、経理担当者の負担を大きく軽減することが可能です。

          ボタンを押すだけで決済書を作成

          小規模企業などでは、税理士などに依頼するコストを削減して、自社だけで決算申告をしたいという場合もあります。 経理や簿記の知識がないので、自社だけで決算申告ができるか不安という方にこそ、freee会計はおすすめです。

           

          類似サービス: Bill One

          (4.5)

          月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用0円〜最短導入期間1営業日から

          Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供している請求書管理システムです。 あらゆる請求書をオンラインで受け取ることができ、法改正にも対応。自社で業務フローを変更する手間がかかりません。 拠点や部門ごとにバラバラの形式で届いていた請求書をデータ化して、経理部門を含めた会社全体の請求書業務を効率化、月次決算業務を加速させます。

          どのような請求書も電子化可能

          Bill Oneは、紙の請求書もPDF形式の請求書もオンラインで受け取ることができるため、請求書の発行元に負担をかけずにオンライン上で受領することが可能です。 請求書を発行する企業は、Bill Oneスキャンセンターへの郵送、専用アドレスへのメール添付、PDF形式でのアップロード、いずれかの方法で送るだけで請求書を電子化することができます。

          業務フローを変えずに法改正に対応

          電子帳簿保存法やインボイス制度によって、企業は要件に対応した形式での請求書保管を求められています。 Bill Oneでは、適格請求書の発行や登録番号の照合といった機能で、法改正によって求められる要件などに都度対応。導入企業側で業務フローを変更する必要がありません。

          外部サービスとの連携でさらに効率化

          Bill Oneでは、会計ソフトウエアをはじめとした様々なサービスとの連携によって、請求書に関連する業務をさらに効率化することができます。連携可能なサービスは、今後さらに拡大する予定です

          類似サービス: TOKIUM電子帳簿保存

          (4.5)

          月額料金要お問合せ無料お試し要問い合わせ
          初期費用要お問合せ最短導入期間要お問合せ

          TOKIUM電子帳簿保存とは、株式会社TOKIUMが運営している、電子帳簿保存法に対応したクラウド文書管理システムです。 電子帳簿保存法に完全対応しており、要件を満たした上で、国税関係書類を保存することができます。

          データ化方法を選べる

          TOKIUM電子帳簿保存では、3つのプランを提供しています。 「オペレーター入力プラン」は、1人目のオペレーターが入力したデータと、2人目のオペレーターが入力したデータが完全一致する場合のみデータ化するため、非常に高い精度でのデータ化が可能です。

          完全ペーパーレス化を実現

          TOKIUM電子帳簿保存を利用することで、請求書や契約書など、形式を問わずにTOKIUMが受領代行し、スキャンもしてくれるため、取引先が紙文化の企業であっても、完全ペーパーレス化することができます。 受領した原本はTOKIUMが保管代行してくれるため、企業側にファイリングや保管の手間が発生しません。

          あらゆる取引書類を管理

          TOKIUM電子帳簿保存には、関連書類の紐付け機能が搭載されており、請求書と納品書、請求書と契約書など、関連する書類を紐づけて相互確認・検索することができるため、あらゆる取引書類の一元管理が可能となります。

           

          類似サービス: ibisStorage

          (4.5)

                                                           
          月額料金0円〜無料お試し30日間
          初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

          ibisStorageとは、株式会社アイビスが運営しているクラウドストレージサービスです。 取引年月日・取引金額・取引先による検索が可能な点や、日付または金額の範囲指定による検索ができる点など、電子帳簿保存法で定められた保存要件に対応しています。

                 

          属性の追加、編集が可能

          ibisStorageは、保存する領収書や請求書のファイル名や取引先名、金額、取引日などの属性を追加、編集することができます。 属性を手軽に追加して管理することができるため、電子帳簿保存法における「取引年⽉⽇・取引⾦額・取引先による検索ができること」といった要件を満たすことが可能です。

          柔軟な検索ができる

          ibisStorageに保存した領収書や請求書は、ファイル名や取引先名、取引日、金額といった項目を組み合わせて柔軟に検索することができます。 電子帳簿保存法で定められている、「2つ以上の任意の記録項⽬を組み合わせて検索できる」点や「取引年⽉⽇・取引⾦額・取引先による検索ができること」といった要件を満たしています。

          セキュアな環境でサービスを提供

          ibisStorageは、ゼロトラストセキュリティという考え方に基づいてサービスを提供しています。 ゼロトラストセキュリティとは、接続元のIP制限やVPNを利用した従来のセキュリティとは異なり、「どの端末から、誰がアクセスするのか」という考え方に基づいた新しいセキュリティの考え方です。

           

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載