Bill Oneの料金·評判·機能について。無料で利用することもできる?

最終更新日 

請求書の管理を今でも紙で行っている企業にとっては、請求書をオンライン化できるWeb請求書サービスの導入が効果的と言えます。

今回紹介するBill Oneは、紙の請求書もPDFの請求書も一元管理することができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

Bill Oneとは

Bill OneとはSansan株式会社が運営しているクラウド請求書受領サービスです。

複数の形式で請求書を扱っている場合でも電子化して一元管理することができるので、請求書管理が煩雑になっている企業におすすめなサービスと言えます。

Bill Oneの機能·特徴

どんな請求書も電子化可能

Bill Oneであれば紙の請求書もPDF形式の請求書もオンラインで受け取ることができます。

請求書を発行する企業は、Bill Oneに郵送かメール添付、PDF形式であればアップロードすることで電子化してもらうことが可能です。

データ化の精度も99.9%と非常に高く、AIやOCR(光学的文字認識)、オペレーターによるデータ化を行います。

申請から承認までを可視化

Bill Oneは請求書の申請状況をステータス管理できるので進捗状況の可視化が可能となります。

申請書にはメモやコメントを付与することができるので情報共有も効率化でき、変更履歴の保存も可能です。

社内アナウンスを送ることができるので、承認漏れが起きるケースも防止できます。

外部連携でさらに効率化

Bill Oneでは以下のサービスと連携することができます。

  • 勘定奉行クラウドAPI version
  • 弥生会計
  • kintone
  • RMS

勘定奉行クラウドとの連携では仕訳に必要な金額などが自動で反映されます。

その他のサービスでも、会計帳簿の作成や決算書作成の自動化、入力作業の自動化などを実現することが可能です。

連携可能なサービスは順次拡大予定となっています。

Bill Oneの料金·価格

Bill Oneの料金は初期費用と月額費用の合算になります。

利用する人数ごとに料金が変動するのではなく、受領する請求書の枚数ごとに最適な月額利用料金が設定されます。

また、従業員数30名以下の企業を対象としてスモールビジネスプランを提供しており、請求書の受け取り件数や保存件数の上限を超えない限り無料で利用することができます。

スモールビジネスプランでは月に受け取れる請求書は100件まで、請求書の保存件数は累計500件までとなります。

2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Bill Oneでは、無料トライアルの提供については公式サイト上で公開されていませんが、小規模企業であればスモールビジネスプランによって無料で利用することが可能です。

Bill One導入のメリット

テレワークでも利用できる

Bill Oneを導入することで、請求書に関する幅広い業務がオンライン上で完結できるようになります。

オフィスで作業する必要がなくなるので在宅勤務やレンタルスペースなどでの業務にも活用することができ、ペーパーレス化も実現できるというメリットも生まれます。

最新の情報を共有できる

Bill Oneでは自社に届いた請求書の受け取り状況や作業の進捗状況を共有することが可能です。

必要な請求書の情報は取引先の企業名を入力して検索することができるので、作業効率化を図ることができるという点もメリットでしょう。

Bill Oneの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

Bill Oneとの類似サービスとしては、Misocaや楽楽明細などが挙げられます。

Misocaは見積書や請求書を最短1分で電子化することができるWeb請求書システムです。

メール送付やリンク共有、郵送もワンクリックで完了できる手軽さで、請求書を扱ったことがある人であれば欲しかった機能が多数搭載されています。

料金としては、月額800円から利用できるプランが最安となっており、月間の請求書作成数が5件までであれば無料で利用できるプランもあります。

楽楽明細は電子請求書発行サービスとして1,600社以上の導入実績があるサービスです。

請求書の印刷作業や封入作業を効率化し、業務工数の削減を実現します。

料金面としては、初期費用100,000円、月額料金24,000円〜という料金体系になっています。トライアル環境を無料で試すことも可能です。

Misoca(ミソカ)の料金·評判·機能について。無料で使える?

楽楽明細の料金·評判·機能について。月額24,000円から利用できる?

Bill Oneで請求書業務の効率化を

煩雑になりがちな請求書発行や管理などの業務はBill Oneを導入することで効率化が実現できます。

スタートアップ段階や小規模企業であれば、無料で利用することもできるので条件を満たせば導入しやすいサービスと言えます。

本記事を読まれて気になったという方は、是非この機会に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:Bill One公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部