Bill One(ビルワン)の料金・評判・口コミについて

更新日:
これは クラウド(Web)請求書発行の製品です。
Bill Oneの資料ダウンロード

    「様々な形式の請求書が社内に混在しており、管理が煩雑化している」「法制度への対応に業務が圧迫される」といった課題が、請求書業務において多く聞かれるようになりました。

    このような課題を解消するには、請求書管理システムの導入がおすすめです。

    Bill Oneは、あらゆる請求書をオンラインで受け取り、請求書業務を効率化できるサービスとして注目されています。

    本記事では、Bill Oneの特徴や料金、使い方やおすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Bill One(ビルワン)とは

    1. あらゆる請求書をオンラインで受け取り
    2. 電子帳簿保存法などの法改正にも対応
    3. 高いスキャン精度
    4. 請求書業務をデジタルで完結

    Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供している請求書管理システムです。

    あらゆる請求書をオンラインで受け取ることができ、法改正にも対応。提供元のSanSanが培ってきたスキャン技術とオペレーターによる手入力によって、自社の業務フローを変更する必要なく、導入することができます。

    そのスキャン技術は精度の高さが自慢で、99.9%データ化することができます。

    Bill Oneを使いこなせば、拠点や部門ごとにバラバラの形式で届いていた請求書をデータ化して、経理部門を含めた会社全体の請求書業務を効率化することができ、月次決算業務を加速することができるのです。

    Bill One(ビルワン)のおすすめポイント

    1. あらゆる請求書を電子化
    2. 業務フローを変更する必要がない
    3. 外部サービスとの連携が可能
    4. 請求書発行にも対応

    どのような請求書も電子化可能

    Bill Oneは、紙の請求書もPDF形式の請求書もオンラインで受け取ることができるため、請求書の発行元に負担をかけずにオンライン上で受領することが可能です。

    請求書を発行する企業は、Bill Oneスキャンセンターへの郵送、専用アドレスへのメール添付、PDF形式でのアップロード、いずれかの方法で送るだけで請求書を電子化することができます。

    AIやOCR(光学的文字認識)、オペレーターによるデータ化の精度は99.9%。非定型の名刺を正確にデータ化し続けてきたSansan株式会社のテクノロジーとオペレーションだからこそ実現できる高精度で、請求書を処理します。

    ※ Sansan株式会社が規定する条件を満たした場合のデータ化精度

    業務フローを変えずに法改正に対応

    電子帳簿保存法やインボイス制度によって、企業は要件に対応した形式での請求書保管を求められています。

    Bill Oneでは、適格請求書の発行や登録番号の照合といった機能で、法改正によって求められる要件などに都度対応。導入企業側で業務フローを変更する必要がありません。

    外部サービスとの連携でさらに効率化

    Bill Oneでは、会計ソフトウエアをはじめとした様々なサービスとの連携によって、請求書に関連する業務をさらに効率化することができます。

    • 勘定奉行クラウド
    • 弥生会計
    • freee会計
    • PCAクラウド会計
    • マネーフォワードクラウド会計
    • Galileopt DX
    • kintone
    • kaiden

    上記のようなサービスと連携することができ、連携可能なサービスは今後さらに拡大する予定です。

    請求書の発行にも対応

    Bill Oneには、メールによる請求書の一括発行や郵送代行などの機能が搭載されています。請求書の受領業務だけでなく、発行業務も効率化することができます。

    固定フォーマットがあるため、請求書の作成にかかる時間を短縮。また、送付先の開封状況を把握でき、状況によってリマインドを通知することも可能なため、相手先の確認漏れの防止につながります。

    BillOne(ビルワン)の仕組み

    請求書の発行側

    BillOneの仕組みとしては、請求書の発行側は請求書をメールに添付したり、Web上でBillOneアップロードしたりすることで、請求書のデータ化が可能となります。

    紙やPDFなど、形式が異なる請求書でも、ワンストップに受領することができます。

    受領した請求書は、AI・OCR・オペレーターによるデータ化で、99.9%という高い精度でのデータ化を実現しており、データ化された請求書はクラウド上で一元管理することが可能です。

    請求書の受領側

    請求書の受領側は、BillOneがデータ化した請求書を、クラウド上で検索することができます。

    受領したデータは、他のシステムと連携して活用することも可能です。

    Bill One(ビルワン)の導入メリット

    テレワークでも利用できる

    Bill Oneを導入することで、請求書に関する幅広い業務がオンライン上で完結できるようになります。

    オフィスで作業する必要がなくなるため、在宅勤務やレンタルスペースなどでの業務にも活用でき、ペーパーレス化の実現というメリットも生まれます。

    最新の情報を共有できる

    Bill Oneでは、自社に届いた請求書の受け取り状況や作業の進捗状況を共有することが可能です。

    必要な請求書の情報は取引先の企業名から検索できるため、作業の効率化が図れます。

    BillOne(ビルワン)のデメリット

    現状は請求書にのみ対応

    BillOneは現状、請求書に特化したサービスとなっており、見積書や納品書などは関連ファイルとしてしか取り扱うことができません。

    ただし、ユーザーニーズを汲み取って、日々機能アップデートを行なっているため、見積書や納品書などにも対応する可能性があります。

    データ化にタイムラグがある

    BillOneは、請求書を自動でアップロードし、データ化してくれる点が優れていますが、データ化が完了するまでにはタイムラグがあり、毎回異なるため、急いでいる場合など、業務が止まってしまう恐れがあります。

    しかし、データ化の精度は非常に高いため、修正の手間がなく、データ化した後はスムーズに活用することができます。

    Bill One(ビルワン)の主要な機能

    Bill Oneに搭載されている主な機能を紹介します。

    受け取り

    • 正確なデータ化
    • スキャン代行
    • 代理受領
    • 受領通知
    • リマインド
    • ユニークURLと番号を付与
    • 請求書の一覧表示

    申請・承認

    • ステータス管理
    • コメントやメモの付与
    • 変更履歴・対応履歴の保存
    • 社内アナウンス・リマインド
    • 請求書以外のファイル添付
    • 拡張項目の追加設定

    保管・経理対応

    • 請求書の検索
    • 仕訳入力
    • ダウンロード(PDF・CSV形式)
    • 電子帳簿保存法対応
    • 請求書原本の保管
    • 支払通知
    • FBデータ対応
    • 法人カード発行

    セキュリティ

    • シングルサインオン(SSO)
    • 2要素認証
    • IPアドレス制限

    その他

    • ユーザー管理
    • 表示項目設定・並び替え
    • 保存枚数の制限なし

    主な機能の詳細については、資料のダウンロードをお願いします。

    プライバシーポリシーについてはこちら

    Bill One(ビルワン)の料金·価格

    Bill Oneの料金は、初期費用と月額費用で構成されています。

    利用人数が100名以下の企業には、初期費用無料、月額費用無料のスモールビジネスプランが適用されます。

    スモールビジネスプランは、中小企業の請求書業務のDXを支援するプランとなっており、請求書の受け取りは月100件まで無料で、閲覧できる請求書件数は無制限となっています。

    利用人数が101名以上の企業は、最適なプランを提案してもらえるため、まずは見積もりを依頼しましょう。

    ※価格情報は2022年12月時点のもの

    Bill One(ビルワン)の評判・口コミ

    Bill One(ビルワン)のいい評判・口コミ

    Bill Oneでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

    Bill One(ビルワン)の良い口コミ・評判

    ・請求書の受け取り先をBill Oneにすれば電子化してくれるので便利です

    ・期間、支払い先、承認状況などで検索できるので、作業時間が短縮できました

    ・請求書がデータ化できるのでオンラインで請求書の送付ができます

    請求書の受け取り先を先をBill One(ビルワン)にするだけで電子化してくれるので、スキャンする手間が省けます。今までは請求書を経理に提出した後、内容を確認したい時などは請求書を探してもらう必要がありましたが、検索できるようになったので楽になりました。
    電子化された請求書は誰でも閲覧できるので、代理で請求書の処理をすることができるようになりました。

    Bill One(ビルワン)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    Bill One(ビルワン)の資料ダウンロードする

    Bill One(ビルワン)のその他評判・口コミ

    Bill One(ビルワン)では、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

    Bill One(ビルワン)のその他口コミ・評判

    ・アカウントを登録しているかの状況の確認がしにくいので不便です

    ・請求書をデータ化する時に、請求書の読み込みに時間がかかります

    ・内税と外税が混じっている場合は正確に読み込むことができません

    Bill One(ビルワン)上で請求書を受領する場合は、取引先の登録を行う必要がありますが、その取引先がBill One(ビルワン)のアカウントを登録しているかの確認がしづらく状況が分かりにくいです。
    請求書をデータ化する時に、請求書の読み込みに時間がかかります。
    内税と外税が混じっている請求書を読み込む時に正確に読み込むことができないので不便です。

    Bill One(ビルワン)を導入した結果は?

    Bill One(ビルワン)を導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

    Bill One(ビルワン)を導入した結果に関する評判・口コミ

    ・請求書データで確認できるので、紙の請求書を回す必要がなくなりました

    大量に紙の請求書が会社宛に届いていましたが、仕分けする手間がなくなりました

    ・WEB上で電子化することができるので、在宅でも処理をすることができます

    Bill One(ビルワン)を導入したことで、紙の請求書の整理をしなくても良くなり、請求書が探しやすくなりました。
    Bill One(ビルワン)にアップロードした請求書のリンクを経費システムにとばすことで、アップロードした請求書データで確認できるので、紙の請求書を回す必要がなくなりました。
    WEB上で電子化できるので、在宅でも処理をすることができるようになりました。

    Bill One(ビルワン)の改善希望ポイントは?

    Bill One(ビルワン)に関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

    Bill One(ビルワン)で改善して欲しいポイント

    ・自分で請求書をアップロードした場合、電子化されるまで時間がかかります

    ・1アカウントのみに全てが紐づくので、業務が分担できないので改善してほしいです

    ・請求書の受領だけでなく、発送側のシステムもあるといいと思います

    自分で請求書をアップロードした場合は、電子化されるまで数時間かかってしまいます。
    電子化が完了しないと請求書の処理ができないことが多いので、もう少し短時間で処理できるように改善してほしいです。
    複数名で請求書管理業務を実施しているのですが、1アカウントのみに全てが紐づく仕様になっており業務が分担できないので改善してほしいです。

    Bill One(ビルワン)のより詳しい内容を知りたい方はこちら

    Bill One(ビルワン)の資料ダウンロードする

    Bill One(ビルワン)の導入事例

    請求書を待つ時間がなくなりました

    “これまでは、複数ある拠点から郵送で送られてくる請求書を待つ時間が発生しており、請求書業務が滞ってしまうことがありました。Bill Oneを導入したことで、待ち時間がなくなり、数千枚の請求書を振り分け検算にかける時間を効率化することができました。”(株式会社アサヒファシリティズ様)

    請求書を待つ時間がなくなりました

    “これまでは、購買データと請求書との照合を目視で行なっており、業務効率化が課題となっていました。また、事業成長に伴い、処理すべき書類が増えてきたこともあり、効率化できるサービスを探していました。Bill Oneは正確にデータ化された請求書情報を社内システムに連携できる点が良いですね。月次決算の効率化につながっています。”(ディップ株式会社様)

    類似サービスとの比較

    Bill Oneと他社サービスとの比較は、以下の通りです。

    サービス名Bill One楽楽明細TOKIUM請求書バクラク請求書
    最低料金0円〜25,000円~10,000円〜30,000円〜
    初期費用0円〜100,000円~要問い合わせ0円
    月額0円〜25,000円~10,000円〜30,000円〜
    アカウント料金0円0円0円0円

    BillOne(ビルワン)はスモールビジネスでも使える?

    スモールビジネスプランを提供

    BillOneでは、様々な理由で法改正に対応した請求書管理システムの導入が難しいという中小企業のために、スモールビジネスプランを提供しています。

    初期費用無料、月額費用も無料となっているため、コストを抑えて請求書業務を効率化することができます。

    スモールビジネスプランの利用条件

    スモールビジネスプランは、法人または個人事業主で、従業員数が100名以下の場合に利用できます。

    月の請求書の受け取りは、100件までとなっており、100件を超えない限りは無料となっています。

    また、閲覧できる請求書の件数は無制限です。

    従業員数が101名を超えた場合は、別の料金プランが適用されます。

    よくある質問

    どのような企業に向けたサービスですか?

    企業規模を問わずにご利用いただけるサービスです。ERPやワークフローシステムを利用している場合でも、現在利用しているシステムを使ったまま導入することができます。

    申し込みから利用開始まではどれくらいかかりますか?

    最短1営業日で利用を開始することができます。

    Bill Oneの利用開始に伴い、請求書を発行する企業への連絡を支援する機能はありますか?

    取引先企業へ連絡するためのメールテンプレートをご用意しています。

    請求書を発行する企業に請求書の送付方法を変更してもらう必要はありますか?

    ございません。郵送の場合は、Sansan株式会社が請求書の受領からスキャンまでを代行します。

    請求書のデータ化にはどれくらい時間がかかりますか?

    通常であれば数時間以内でデータ化が完了します。

    この製品に関連する動画を紹介

    Bill One(ビルワン)の詳細について

    Bill Oneについて、おすすめのポイントを紹介させていただきました。

    請求書の形式が様々なために管理が煩雑化したり、処理業務に工数がかかったり、法改正への対応に追われたりと、企業における請求書業務の負担は大きなものとなっています。

    Bill Oneであれば、クラウド上で請求書を一元管理し、法改正への対応も行います。

    他社の会計システムと連携することもできるため、請求書管理に限らず、会計業務全般のデジタル化にも最適です。

    経理業務をテレワーク化する場合において、大変心強いサービスと言って過言ではありません。

    受取請求書データ化サービスの導入を考えている企業は、一度「Bill One」を検討してみてはいかがでしょうか。

    Bill Oneのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    Bill One の 口コミや導入事例・評判について

    満足度

    リモートワークと相性の良いサービスです

    良い点

    紙の請求書もPDF管理できるようになるところ。

    改善点

    請求書以外の帳票もまとめてデータ化・管理できるような機能がほしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    まだまだ紙の請求書を利用している企業が多いですが、受取先をBill Oneに設定すればこちらでスキャンする手間もなくデータ化できます。取引先の同意を得られれば、直接アップロードしてもらうこともできるので、管理や受領の手間がほとんどなくなります。

    満足度

    請求書がクラウド1箇所に集まるので管理しやすいです

    良い点

    請求書の送付先を変えるだけで電子化できます。

    改善点

    読み込みのスピードに差があるので、安定して早いと嬉しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    取引先からの請求書の受取先をBIll Oneにすれば、データ化した状態で閲覧や処理ができます。電子契約書サービスは相手側にも理解が求められますが、こちらのサービスであれば送付先を変えるだけなので導入のハードスは低いです。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

    無料

    Bill One
    資料ダウンロードはこちら

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載