アラームボックス パワーサーチの料金·評判·機能について

更新日:

新規で取引を開始する際には、契約する取引先が反社会勢力とのつながりがないか、役員に暴力団関係者がいないかなどの反社チェック、コンプライアンスチェックを忘れてはいけません。

今回紹介するアラームボックス パワーサーチは、シンプルに与信判断ができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

アラームボックス パワーサーチとは

アラームボックス パワーサーチとはアラームボックス株式会社が運営している与信チェックツールです。

与信審査にかかる時間を短縮し、スムーズな取引開始を実現することができるため、与信チェックのフローが確立されていない企業や自社だけで与信チェックを行うリソースがない企業におすすめなツールと言えます。

アラームボックス パワーサーチの機能·特徴

与信判断に必要な情報をスピーディーに取得

アラームボックス パワーサーチは、インターネット上に散在する信用情報や評判をスピーディーに収集することが可能です。

関連会社の情報を自動で選別してくれるため、自社で情報を選定する必要がありません。

また、アラームボックスが独自に保有している情報もあるため、より詳細なコンプライアンスチェックを実現できます。

反社チェックサービスをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料お試しあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

リスク情報のランク分けが可能

アラームボックス パワーサーチは過去3年分に遡ってリスク情報を収集、提供することが可能です。

収集した情報はSNSやブログ、代表者情報など幅広いフィールドから取得するため、自社調査だけでは調べることができなかった情報を提供してもらうことができます。

取得した情報は赤·緑·黄色でランク付けされるため、直感的にリスク情報の選別を行うことが可能となります。

簡単操作で待っているだけで情報収集が可能

アラームボックス パワーサーチは誰でも使うことができるシンプルな作りとなっているため、PC操作が苦手という方でも安心して利用することができます。

利用手順もとてもシンプルで、会員登録をして調査したい会社を企業検索ページから探して調査依頼、あとは待っているだけで1日〜2日程度で調査結果が届きます。

アラームボックス パワーサーチの料金·価格

アラームボックス パワーサーチ無料のお試しプランと3つの有料プランが提供されています。

有料プランの詳細は以下の通りです。

  • ライトプラン:月額3,000円
  • ビジネスプラン:月額7,500円
  • カスタマイズプラン:月額50,000円

月に1社調べたい程度あればライトプランで十分ですが、毎月調べたいという場合にはカスタマイズプランがおすすめです。

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

アラームボックス パワーサーチでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて30日間無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

アラームボックス パワーサーチの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

アラームボックス パワーサーチの類似サービスとしてはRoboRoboやsansanなどが挙げられます。

RoboRoboはロボット技術を用いたバックオフィスの効率化ツールです。

法務部門の業務効率化としてコンプライアンスチェックの自動化が可能で、CRM/SFAなどとの連携によってデータベース構築も自動化します。

料金の詳細は要問い合わせとなります。

名刺管理ソフトのsansanは名刺スキャンによって反社チェックを行うことが可能です。

名刺をスキャンするだけで早期にリスクを検知することができるため、反社チェックの高速化、スムーズな取引開始が実現できる点に魅力があります。

料金は問い合わせが必要となります。

反社チェックについては下記記事で詳しく説明しています。

アラームボックス パワーサーチでリスクマネジメントの効率化を

アラームボックス パワーサーチについてご紹介させていただきました。

  • 特別な手間なく与信チェックが可能に
  • リスク情報がカラーでランク分け

上記の点から、与信チェックにかける手間を効率化させたい方はもちろん与信チェックのノウハウがない企業にもおすすめです。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:アラームボックス パワーサーチ公式サイト

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載