コンプラサーチの料金・評判・特徴について

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ

反社チェックは重要なことですが、膨大な量があり1つ1つチェックするのは大変でしょう。

できれば自動化したいところですよね。

そこで利用したいのが、業務の自動化をしたい「コンプラサーチ」です。

本記事ではコンプラサーチの特徴や導入するメリットを紹介します。

反社チェック業務の大変さに悩んでいる企業はぜひ参考にしてください。

コンプラサーチの特徴・機能

反社チェックを自動化してすぐに終わる

1つ目の特徴が反社チェックを自動化してすぐに終わります。

本来1.5時間かかっていたチェックが2分で完了します。取引先の風評チェックやリスクチェック業務を自動化する機能があるので、すぐに反社チェックが終わるでしょう。

取引先情報をSFA/CRMから自動登録

2つ目の特徴は取引先情報をSFA/CRMから自動登録できます。

Salesforceなど、利用中の取引先管理システムと連携できるので、すぐに自動で調査が開始できます。連携してシステムへの情報をアップロードするだけなので手間もかかりません。

調査の自動化

3つ目の特徴が調査の自動化です。

Google検索のみならず、既に利用したデータベースを活用した形で調査の自動化を実現します。これにより、より関連性の高いページに絞り込んで表示が可能です。

コンプラサーチのメリット

コンプラサーチのメリットは主に以下の2つです。

人的ミスがなくなる
業務の効率化

メリットは人的ミスがなくなり、業務の効率化になることです。人の目で行うチェックは負担が大きいだけではなく、ミスも起こります。任せる人によっては業務が完了する時間の差が大きく出ます。

コンプラサーチを導入すれば、業務が自動化になりミスも少なく、効率的に作業ができるので業務もすぐに終わるようになるのです。


反社チェックサービスをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料お試しあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

コンプラサーチの注意点

注意点は金額が公表されていないので、予算が立てにくいことです。

コンプラサーチの価格・料金プラン

コンプラサーチの価格は公表されておらず、お問い合わせです。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

コンプラサーチの導入事例・評判

反社チェックや与信業務を自動化することによって、人的ミスがなくなりました。業務上・取引上のリスクを回避でき、都度発生していた完了確認のコミュニケーションコストも排除することに成功しました。
株式会社ニューズピックス

コンプラサーチと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
アラームボックス パワーサーチ3000円/7,500円/50,000円与信判断の際に役立つ
日本信用情報サービスプランによって異なる高い精度の反社チェックが行える
RoboRoboコンプライアンスチェックプランによって異なる新聞記事からも検索ができる

アラームボックス パワーサーチはインターネット上の信用情報・評判を収集して、アラームボックスの独自情報もあり与信診断に役立つ情報が素早く手に入ります。

日本信用情報サービスは多方面による情報収集によって、独自の反社会的勢力データベースを構築しているので、高い精度の反社チェックが行えます。

RoboRoboコンプライアンスチェックはインターネット記事のみならず新聞記事からもまとめて検索できるので、検索の手間が省けます。

この製品に関連する動画を紹介

コンプラサーチで反社チェックを自動化しよう

コンプラサーチは反社チェックを自動化してくれるので、ミスもなく効率化も期待できます。

件数の多い反社チェックだからこそ機械の手に頼ると従業員の負担が大幅に減らせます。

正確性・業務の効率化を求めている企業はコンプラサーチの導入を検討してみてください。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載