請求書受領サービスのおすすめサービス9選を比較【2024年版】

更新日:
請求書受け取りサービスのサービス資料を無料ダウンロード

請求書受け取りサービスの製品をまとめて資料請求

経理担当者にとって大きな負担となりがちなのが請求書の受け取り業務です。

受け取る形式が紙やPDFなど様々にあり、仕分けや会計システムへの入力も必要となり手間が大きいだけでなく、今後、インボイス制度の導入によってより細かい明細事項の入力や確認が求められるため、更なる煩雑化が予想されます。

今後更なる業務負荷の増加に有効なサービスとして請求書受け取りサービスが注目されていますが、どんなサービスなのか、導入するメリットなどいまいち概要が把握できていないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では請求書受け取りサービスについて、基本的な概要からおすすめサービスなど幅広く解説しますので参考にしてください。

おすすめの請求書受け取りサービス

類似サービス: 奉行Edge 請求管理電子化クラウド

(4.5)

月額費用7,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間最短1営業日〜

奉行Edge 請求管理電子化クラウドとは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営しているクラウド請求書電子化システムです。 マスタ連携なしで、すぐに利用を開始することができ、自社独自のフォームの請求でも電子化することが可能なため、幅広い企業で活用することができます。

       

あらゆるシステムとの自動連携で業務効率化を実現

請求管理電子化クラウドは、PDFやCSV、APIといった様々な方法で請求書データを自動連携できるため、請求関連業務のDXを推進します。 あらゆるシステムとの連携が可能なため、既存システムを変更する必要もありません。

インボイス制度に対応

請求管理電子化クラウドは、あらゆる請求書をインボイス制度に対応した適格請求書にすることができます。 適格請求書に必要とされる、事業者登録番号や税率ごとの消費税額の印字、端数処理計算に対応しているため、手間をかけずに適格請求書を作成することが可能です。

改正電子帳簿保存法に対応

請求管理電子化クラウドは、改正電子帳簿保存法で定められている各種要件に対応しています。 タイムスタンプを自動で付与、保存してくれるため真実性を確保することができ、受領側もタイムスタンプが付与されている状態のものを受領できるため、スムーズに対応することが可能となります。

類似サービス: 楽楽精算

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し要お問合せ
初期費用100,000円導入実績15,000社

「楽楽精算」とは株式会社ラクスが運営する経費精算システムです。 経費精算に関する課題を解決でき手軽に導入できるという点から多くの企業で導入されており、導入実績としては15,000社※を突破しています。

交通費精算が効率化できる

     

「楽楽精算」ではSuicaやPASMOなどの交通系ICカードをカードリーダーにかざすだけで交通費のデータを取り込んで自動で読み込み、そのまま交通費の精算に利用することができるので入力の手間を削減することができます。

経費精算の手間を効率化

今まで勘定項目の仕訳に時間がかかっていた、会計ソフトへの手入力が負担となっていたという企業にとっても「楽楽精算」は強い味方です。 「楽楽精算」には自動仕訳機能が搭載されているので、予めルールを設定しておくことで今まで苦労していた仕訳作業を自動化することが可能となります。

コストカットが実現できる

「楽楽精算」はクラウド型のサービスなので、今まで紙の申請書などを使って経費精算を行っていたという企業はペーパーレス化を実現できます。 また、クラウド型のサービスなので自社でサーバーを設置する必要がなく、この点でもコストカットすることが可能というメリットがあります。

類似サービス: invox受取請求書

(4.5)

                   
月額費用980円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

invox受取請求書とは、株式会社invoxが運営している請求書のデータ化サービスです。あらゆる形式の請求書に対応しており、99.9%という非常に高い精度でデータ化することができます。 請求書の受取から入力、支払、計上業務を自動化することができるため、作業時間の大幅な削減が可能です。

       

AI OCRとオペレータの確認を組み合わせ99.9%以上のデータ化精度を実現

invox受取請求書は、紙やPDFなど様々な形式の請求書に対応しており、取り込んだ請求書を高い精度でデータ化することができます。 AIがレイアウトを認識し、明細までをデータ化することで、入力作業の自動化が可能です。

業界最安水準の料金プランで、はじめやすくやめやすい月契約

invox受取請求書は、必要充分な機能が搭載されていながら、業界最安水準の月額980円から利用可能です。 また、年契約のサービスが多い中、invox受取請求書は月契約で利用できるため、気軽に導入できる点も魅力です。

経理のテレワークを促進

紙の請求書が会社に届くため、経理部門が出社しなければならず、テレワークが進まないという課題もinvox受取請求書で解消することができます。 オプションで請求書スキャンサービスを提供しており、請求書の受取から開封、スキャンしてinvoxへの取り込みまでを丸ごと代行してもらうことができるため、テレワークを進めることが可能となります。

 
これは請求書受け取りサービスの製品です。

請求書受け取りサービスの製品をまとめて資料請求

請求書受け取りサービスとは?

請求書受け取りサービスとは、受領した請求書の明細情報をAI-OCRによって自動でテキストへ変換、仕訳データの作成によって会計システムへの入力作業にかかる手間をも効率化することができるサービスです。

請求書受け取りサービスの中でも、PDF形式で受領した請求書をデータ化できるものや、紙の請求書のデータ化、請求書の保管を代行してくれるサービスなど様々な機能がサービスごとに提供されています。

請求書受け取りサービスを導入することで、取引先ごとに受領する形式が異なっていても請求書のデータをオンラインで一元管理できるようになり、ミスや漏れや減らし業務効率化につなげることができます。

従来であれば、請求書の受領から会計システムへ入力するまでには経理部門が出社して各部署から請求書を回収し、データを入力、会計システムに取り込むというフローが必要となっていましたが、請求書受け取りサービスを利用することで、オンライン上で完結するため、経理部門のテレワーク導入にも大きく貢献しています。

請求書受け取りサービスのメリット

業務効率化につながる

請求書受け取りサービスを利用することで、紙やPDFといった様々な形式で受領した請求書を自動的にデータ化することができ、これまで人の手で行なってきた郵便物の開封や請求書のファイリングといった作業が効率化されます。

さらに、改正電子帳簿保存法に対応しているサービスであれば、法律で定められた保存要件を満たして電子保存することも可能です。

これによって、過去の請求書データの検索も瞬時に可能となるため、業務効率化につながります。

法改正への対応が自動化できる

請求書受け取りサービスのほとんどが軽減税率制度やインボイス制度といった最新の法改正へ対応しています。

さらに、改正電子帳簿保存法の要件に対応した形式で請求書データの保存ができるサービスも多いため、人の手で対応する手間が効率化されます。

クラウド型の請求書受け取りサービスであれば、法改正があった際にもリアルタイムでシステムをアップデートして対応してくれるため、導入企業側で何か対応しなければいけない手間が発生しません。

請求書の承認フローがスムーズになる

請求書受け取りサービス上で請求書を一元管理できるようになるため、請求書の印刷や仕分け、会計システムへの入力などが不要となります。

過去の請求書データの検索も用意となるため、照合作業を効率化できるだけでなく、請求書の承認フローをスムーズにすることができます。

ヒューマンエラーを防止できる

人の手で請求書データを入力したり確認していると打ち間違いや入力漏れなどのミスがどうしても起きてしまいます。

ミスに気づかず対応が遅れてしまうと、思わぬ損失につながることもあります。

請求書受け取りサービスを導入すれば、AI-OCRによって入力作業を自動化、入力精度も高いためミスの削減につながります。

また、請求書データが1つのシステム上で確認できるため、何か不備があった際にも迅速な対応ができる点もメリットです。

請求書受け取りサービスの選び方

請求書の受領を代行してくれるか

請求書受け取りサービスの中には、請求書の受領からスキャンによるデータ化、保管までをパッケージとして提供しているものがあります。

経理部門の人材不足でシステムを導入しても対応に時間がかかることが想定される場合は、このようなサービスを利用すると良いでしょう。

データ化のタイプを確認

請求書受け取りサービスは、AI-OCRによって自動でデータ化できるものとオペレーターが人力でデータ化してくれるサービスに分類されます。

OCR(光学文字認識)によるデータ化は、経理担当者がスキャンするだけで文字を読み取って自動でデータ化してくれるためスキャンからデータ化までに時間がかからないことがメリットですが、読み取り精度は高いとはいえ100%でないため、データ化した後に人の手でチェック作業を行う必要があります。

一方で、ベンダー側のオペレーターによるデータ化を行なってくれるサービスでは、入力の精度が高く、ベンダー側でしっかりと確認してくれるため、導入企業側で確認作業を行う手間がかかりません。

経理担当者の業務負荷をどの程度軽減したいかによってサービスを選定すると良いでしょう。

自社で利用している会計システムとの連携が可能か

請求書受け取りサービスは会計システムとの連携を基本としているため、自社で既に利用している会計システムがある場合は、スムーズな連携が可能かベンダー側に問い合わせしておくと良いでしょう。

実際に利用してみるまでは、連携の精度がどの程度のものなのかはわからないものですが、事前に導入実績を確かめるという方法があります。

経理向けサービスの提供実績があるサービスであれば経理業務や会計システムに関するノウハウがあるため、会計ソフトとの高い精度での連携ができる可能性が高いです。

おすすめの請求書受け取りサービス

TOKIUMインボイス

特徴

TOKIUMインボイスは、株式会社TOKIUMが運営している請求書の代行受領・データ化サービスです。

請求書のデータ化によってオンライン上で一元管理することができ、請求書の受領からデータ化、保管までをペーパーレス化することが可能となります。

わざわざ請求書を受け取るために出社する必要がないため、経理のテレワーク化にも貢献します。

オペレーターが二人体制で入力作業を行なってくれるため、OCRだけでは実現することが難しかった高い入力精度を実現しているため、データ化した請求書の確認作業を効率化したいという方には特におすすめです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:基本利用料1万円~+請求書の件数に基づく従量制費用(ユーザー数無制限で利用可能)
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2023年10月時点のもの

バクラク請求書

特徴

バクラク請求書とは、株式会社LayerXが運営しているクラウド請求書受領ソフトです。

AI-OCRによって請求書を最短5秒という短時間でデータ化することができ、改正電子帳簿保存法にも対応しています。

様々なフォーマットの請求書に対応しており、読み取り精度も高いため経理業務の効率化に大きく貢献します。

OCRの精度に関してはバクラク請求書のサービスページからOCR機能を無料で試すことが可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:1万円〜
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2022年9月時点のもの

Bill One

特徴

Bill OneはSansan株式会社が運営しているクラウド請求書受領サービスです。

紙やPDFなど様々な形式の請求書をデータ化して一元管理することができます。

郵送かメール添付、PDF形式であればBill Oneにアップロードするだけで請求書のデータ化を実現することができ、OCRだけでなくオペレーターによるデータ化にも対応しています。

また、請求書の申請状況をステータスとして管理できるため、進捗状況を可視化することが可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:無料プランあり

※価格情報は2022年9月時点のもの

ペイトナー請求書

特徴

ペイトナー請求書は、ペイトナー株式会社が運営している請求書関連業務を効率化する請求書処理サービスです。

請求書の回収から電子化、振込といった煩雑化しやすい作業を全て自動化することができます。

手作業で時間をかけて行なってた振込や、経路がバラバラで届くことで管理が煩雑化していた請求書管理などの業務を効率化し、コア業務へ集中できる環境を構築します。

小規模企業を中心に幅広い企業で導入されている実績があり、大量の請求書でも1クリックで自動振込することが可能です。

料金

  • フリープラン:月額0円
  • 高速データ化オプション:月額5,000円
  • 振込手数料(GMOあおぞらネット銀行):300円/件

※価格情報は2023年10月時点のもの

奉行Edge 支払管理電子化クラウド

特徴

奉行Edge 支払管理電子化クラウドは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営している請求書受領サービスです。

改正電子帳簿保存法・インボイス制度・デジタルインボイス制度に対応しています。

紙や電子データはもちろん、Peppolにも対応しており、取引先ごとに別の電子化システムを利用する手間がありません。

形式にとらわれず、幅広い形式の請求書に対応、PCやスマートフォンで手軽に提出や支払い申請が可能となります。

AI-OCRによる読み取り、自動データ化が可能なため、手間のかかる入力作業を効率化することが可能です。

料金

  • 月額あたり:13,000円〜
  • 年額:158,000円〜

※価格情報は2023年6月時点のもの

invox受取請求書

特徴

invox受取請求書とは、株式会社invoxが運営するクラウド型請求書受け取りサービスです。

請求書の形式を問わず、AI OCRによって自動的にデータ化を行い、さらに優秀なオペレーターが目視で確認するため、データ精度は99.9%以上を保証されています。

また、会計ソフトなどと柔軟に連携することができ、簡単にワークフローを構築できます。

invox電子帳簿保存をオプションで追加すれば、改正電子帳簿保存法に則った形の請求書を保管することができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:980円〜
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2022年11月時点のもの

マネーフォワード クラウド債務支払

特徴

マネーフォワード クラウド債務支払は、紙の書類による業務の煩雑さを解消できるツールです。

紙・電子どちらの請求書も内容を入力した後に、ワークフローで簡単に承認を実施できます。

外出先・自宅問わず、いつでも申請・承認を行えるため、業務の効率化を図りたい際に最適です。

また柔軟なワークフローも魅力で、上位の役職者から承認が必要な場合などは、条件分岐で設定できます。

他のシステムとも連携でき、既存のツールと並行して使いたい場合に最適です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2022年11月時点のもの

BConnectionデジタルトレード

特徴

BConnectionデジタルトレードは、標準機能を無料で利用できる請求書受け取りサービスであり、100以上の通貨、20以上の言語に対応可能なグローバルさが高い評価を得ています。

有料のオプションを利用すれば、他社との経理システムと連携することも可能で、紙やPDF請求書の電子化も実現されます。

請求書にまつわる業務を整備したい企業、コストを削減したい企業、海外とのやりとりが多い企業などにおすすめです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ(標準機能は無料)
  • 月額料金:要問い合わせ(標準機能は無料)
  • 無料トライアル:標準機能は無料

※価格情報は2022年11月時点のもの

sweeep

特徴

sweeepはAIによる仕訳と振込の自動化を実現した請求書受け取りサービスです。

請求書に関する業務を効率化したい際に高い能力を発揮してくれます。

他社の会計システムと連携することを得意としており、使い勝手の良いUIが非常に魅力的。

紙の請求書業務を脱し、スマート化したい企業に最適なツールと言えるでしょう。

月額料金も低価格で30,000円から利用可能です。

料金

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:30,000円〜
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2022年11月時点のもの

まとめ

請求書受け取りサービスについて、概要や導入メリット、おすすめサービスなどを紹介しました。

請求書受け取りサービスは、請求書のデータ化方法によって効率化できる領域が異なるため、現状の経理への負担がどの程度のものなのかを事前に明らかにした上で比較検討するとい良いでしょう。

      その他の関連する記事

      これは 請求書受け取りサービス の製品です。
      請求書受け取りサービス の製品をまとめて資料請求
        • 請求書受け取りサービス

          類似サービス: 奉行Edge 請求管理電子化クラウド

          (4.5)

          月額費用7,000円〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用要問い合わせ最短導入期間最短1営業日〜

          奉行Edge 請求管理電子化クラウドとは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営しているクラウド請求書電子化システムです。 マスタ連携なしで、すぐに利用を開始することができ、自社独自のフォームの請求でも電子化することが可能なため、幅広い企業で活用することができます。

                 

          あらゆるシステムとの自動連携で業務効率化を実現

          請求管理電子化クラウドは、PDFやCSV、APIといった様々な方法で請求書データを自動連携できるため、請求関連業務のDXを推進します。 あらゆるシステムとの連携が可能なため、既存システムを変更する必要もありません。

          インボイス制度に対応

          請求管理電子化クラウドは、あらゆる請求書をインボイス制度に対応した適格請求書にすることができます。 適格請求書に必要とされる、事業者登録番号や税率ごとの消費税額の印字、端数処理計算に対応しているため、手間をかけずに適格請求書を作成することが可能です。

          改正電子帳簿保存法に対応

          請求管理電子化クラウドは、改正電子帳簿保存法で定められている各種要件に対応しています。 タイムスタンプを自動で付与、保存してくれるため真実性を確保することができ、受領側もタイムスタンプが付与されている状態のものを受領できるため、スムーズに対応することが可能となります。

          類似サービス: invox受取請求書

          (4.5)

                             
          月額費用980円〜無料お試しあり
          初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

          invox受取請求書とは、株式会社invoxが運営している請求書のデータ化サービスです。あらゆる形式の請求書に対応しており、99.9%という非常に高い精度でデータ化することができます。 請求書の受取から入力、支払、計上業務を自動化することができるため、作業時間の大幅な削減が可能です。

                 

          AI OCRとオペレータの確認を組み合わせ99.9%以上のデータ化精度を実現

          invox受取請求書は、紙やPDFなど様々な形式の請求書に対応しており、取り込んだ請求書を高い精度でデータ化することができます。 AIがレイアウトを認識し、明細までをデータ化することで、入力作業の自動化が可能です。

          業界最安水準の料金プランで、はじめやすくやめやすい月契約

          invox受取請求書は、必要充分な機能が搭載されていながら、業界最安水準の月額980円から利用可能です。 また、年契約のサービスが多い中、invox受取請求書は月契約で利用できるため、気軽に導入できる点も魅力です。

          経理のテレワークを促進

          紙の請求書が会社に届くため、経理部門が出社しなければならず、テレワークが進まないという課題もinvox受取請求書で解消することができます。 オプションで請求書スキャンサービスを提供しており、請求書の受取から開封、スキャンしてinvoxへの取り込みまでを丸ごと代行してもらうことができるため、テレワークを進めることが可能となります。

           

          類似サービス: 楽楽精算

          (4.5)

          月額費用30,000円〜無料お試し要お問合せ
          初期費用100,000円導入実績15,000社

          「楽楽精算」とは株式会社ラクスが運営する経費精算システムです。 経費精算に関する課題を解決でき手軽に導入できるという点から多くの企業で導入されており、導入実績としては15,000社※を突破しています。

          交通費精算が効率化できる

               

          「楽楽精算」ではSuicaやPASMOなどの交通系ICカードをカードリーダーにかざすだけで交通費のデータを取り込んで自動で読み込み、そのまま交通費の精算に利用することができるので入力の手間を削減することができます。

          経費精算の手間を効率化

          今まで勘定項目の仕訳に時間がかかっていた、会計ソフトへの手入力が負担となっていたという企業にとっても「楽楽精算」は強い味方です。 「楽楽精算」には自動仕訳機能が搭載されているので、予めルールを設定しておくことで今まで苦労していた仕訳作業を自動化することが可能となります。

          コストカットが実現できる

          「楽楽精算」はクラウド型のサービスなので、今まで紙の申請書などを使って経費精算を行っていたという企業はペーパーレス化を実現できます。 また、クラウド型のサービスなので自社でサーバーを設置する必要がなく、この点でもコストカットすることが可能というメリットがあります。

          類似サービス: Bill One

          (4.5)

          月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用0円〜最短導入期間1営業日から

          Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供している請求書管理システムです。 あらゆる請求書をオンラインで受け取ることができ、法改正にも対応。自社で業務フローを変更する手間がかかりません。 拠点や部門ごとにバラバラの形式で届いていた請求書をデータ化して、経理部門を含めた会社全体の請求書業務を効率化、月次決算業務を加速させます。

          どのような請求書も電子化可能

          Bill Oneは、紙の請求書もPDF形式の請求書もオンラインで受け取ることができるため、請求書の発行元に負担をかけずにオンライン上で受領することが可能です。 請求書を発行する企業は、Bill Oneスキャンセンターへの郵送、専用アドレスへのメール添付、PDF形式でのアップロード、いずれかの方法で送るだけで請求書を電子化することができます。

          業務フローを変えずに法改正に対応

          電子帳簿保存法やインボイス制度によって、企業は要件に対応した形式での請求書保管を求められています。 Bill Oneでは、適格請求書の発行や登録番号の照合といった機能で、法改正によって求められる要件などに都度対応。導入企業側で業務フローを変更する必要がありません。

          外部サービスとの連携でさらに効率化

          Bill Oneでは、会計ソフトウエアをはじめとした様々なサービスとの連携によって、請求書に関連する業務をさらに効率化することができます。連携可能なサービスは、今後さらに拡大する予定です

          類似サービス: TOKIUMインボイス

          (4.5)

          月額費用6万円~無料お試し要お問合せ
          初期費用30万円導入会社1,500社以上(2023年7月末時点、シリーズ累計)

          請求書処理の完全ペーパーレス化を実現する請求書の受領代行・データ化サービス。紙・メール・PDF等形式を問わず、取引先から届くすべての請求書を一律で受領代行してくれます。

          完全ペーパーレス化を実現

          TOKIUMインボイスは、請求書の受け取りからデータ化、保管までを完全ペーパーレスで実現することが可能です。 請求書の形式は問わずに利用できるため、多様な業界で導入することが可能で、ペーパーレス化によるコストカットにもつながります。

          99.9%の入力精度

          提出された請求書は、AI-OCRとオペレーターによる複数段階の入力体制(*)で入力代行しているため、AI-OCRだけでは難しい高精度でのデータ化を実現しています。 ※AI-OCRとオペレーターの入力結果が一致した場合のみ、請求書データをシステムに反映。入力結果が不一致の場合は、2人目以降のオペレーターによって結果が完全一致するまでデータ入力を継続します

          承認作業もオンラインで完結

          TOKIUMインボイスには、ワークフロー機能が搭載されており、これによって紙への捺印、回覧業務からの脱却が可能になります。       部署情報と金額を条件に、自動でワークフローが切り替わるため、ワークフロー設定の手間もかからず、承認者の追加や削除がマニュアルで簡単に設定でき、誰がいつ申請·承認したかが、一つの画面で簡単に確認可能です。

          類似サービス: 奉行Edge 支払管理電子化クラウド

          (4.5)

          月額費用13,000円〜無料お試し要お問合せ
          初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

          奉行Edge 支払管理電子化クラウドとは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが運営している請求書の受領サービスです。

          請求書の受領から支払いまでをデジタル化

          紙と電子取引が混在することで業務が煩雑化してしまうという課題を、奉行Edge 支払管理電子化クラウドは解消します。 紙やPDFなど、形式にとらわれず、あらゆる形式の請求書に対応しており、PCやスマートフォンから手軽に提出・支払い申請を行うことができます。

          支払い業務をかんたんに自動化

          これまでは、紙の請求書とExcelを見比べながら支払予定表を手作業で作成しており、手間と時間がかかっていたという場合も、奉行Edge 支払管理電子化クラウドであれば効率化することができます。 受領した請求書をもとに、システムが自動で支払予定表を作成してくれるため、経理担当者の業務効率化にもつながります。

          受領漏れや支払い漏れを防止

          取引先ごとの支払い状況を正確に把握できず、支払い漏れや受領漏れが発生していたケースも、奉行Edge 支払管理電子化クラウドであれば改善することが可能です。 請求書ごとの請求書の受領状況や支払い状況が、システム上で一覧表示できるため、対応漏れをなくすことができます。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載