月1万円から使える?ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)の料金・評判・機能について

最終更新日 

予約と聞くと飲食店での席予約や旅行代理店でのチケット予約などを想像される方が多いかもしれません。しかし予約管理に関わる業種・業態というのは非常に多岐に渡っており、各社ともその管理をいかに効率化するかという課題を持っています。

予約管理システムの導入を検討している企業にとっては様々なシステムがあり、導入を迷ってしまうかもしれません。そこで今回は予約管理システムの中から簡単な操作性と機能の豊富さで人気のChoiceRESERVEをご紹介させて頂きます。

ChoiceRESERVEとは

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)とは株式会社リザーブリンクが提供しているクラウド型の予約管理システムです。

予約管理に関する課題を解決するために必要な機能が搭載されており、新規で予約システムを導入する顧客向けのインサイドセールスチームと既にChoiceRESERVEを導入している企業に対応したヘルプデスクチームのダブルサポート体制で支援します。システム導入をサポートするだけでなく、何が課題なのかを明確にし、その課題解決のためにChoiceRESERVEのどんな機能を使えばいいかをサポートしてくれる手厚いコミュニケーション重視のサポートが人気です。

ChoiceRESERVEの機能・特徴

予約サイトの構築

ChoiceRESERVEを導入するとすぐに予約システムのあるホームページが作成可能となります。このホームページには予約に関する様々な機能を搭載することでき、具体的には予約受付設定から休日・祝日設定、既存ホームページへの予約カレンダーの埋め込み、SEO対策、規約・プライバシーポリシーの設定など様々な機能が用意されています。

自社で予約サイトを構築しようとするとシステム構築にかかる人的コストも専門的なスキルも大きく、経験の乏しさからユーザーにとって不便な予約サイトとなってしまうこともあります。ChoiceRESERVEでは豊富な導入実績からあらゆる業種・業態で必要とされる機能を搭載しているので満足度の高い予約サイトを構築することができるでしょう。

直感的操作で予約管理ができる

ChoiceRESERVEの導入で従来の紙とペン、もしくはエクセルで行なっていた予約管理をより効率的なものにできます。

予約管理カレンダーを使い、視覚的に予約状況を把握することができるようになり、予約台帳で予約の埋まり具合や空き具合を把握しやすくすることが可能となります。予約の変更や延長もPCからドラッグ&ドロップで行うことができます。iPadを使ってのタッチ操作にも対応しているのでPCに不慣れな方でも直感的操作が可能になっています。

自動メール配信機能

ChoiceRESERVE経由で予約が完了した際に、お客様と管理者双方に自動的にメールを配信する機能が備わっており、お客様はこれによって予約完了を確認することができ、管理者側も複数管理者に一括で予約が入ったことを通知できるので情報の共有に役立ちます。

また、予約につきがちな無断キャンセル、予約日時忘れなどを防ぐための直前お知らせメール機能もあるので安心です。有料オプションではキャンセル待ちの機能もあるので、急なキャンセルに対して空き枠を無駄にすることなく活用できます。

ChoiceRESERVEの価格・料金プラン

ChoiceRESERVEでは3つの料金プランを用意しており、初期費用20,000円で月額10,000円から利用できるLiteプラン、初期費用30,000円で月額20,000円から利用できるProプラン、初期費用・月額共に要お問い合わせのEnterpriseプランがあります。

ただしこれらのプランは月間の予約件数300件までの利用料金となっており、月間の予約件数が301件以上となった際には100件ごとに3,000円の従量課金が発生するので注意が必要です。月間の予約件数が多いお客様向けのプランも別途用意されているので気になる方は公式サイトをご確認ください。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

ChoiceRESERVEの口コミ・利用企業からの評判

セミナーの申し込みが1.5倍に

“以前は予約管理を予約メールの確認と台帳への記入で行なっていました。しかしこの方法では速度感を持ったお客様対応ができず人的ミスや予約稼働率向上も見込めないためChoiceRESERVEの導入を決めました。導入と同時期にホームページのリニューアルを行なったこともありセミナーへの予約数が1.5倍に伸びました。電話での聞き間違いミスなどがWeb予約によって削減できたのは嬉しいことです。”(RSN JAPAN株式会社様)

ChoiceRESERVEは導入コストが他社比較で50%以下に

“新しいフィットネスのスタジオを運営する際に、自社独自の予約システムがなかったことから予約システムを導入することになりました。導入に際し、3社のシステムを比較検討したのですが導入費用が高いサービスやセキュリティに不安があるサービスが多く、その中でもChoiceRESERVEはバランスが一番優れていたので導入を決めました。電話予約や来店予約も受け付けていますが実際はネット予約が80%以上を占めていて、導入の効果を実感しています。”(スポーツクラブNAS株式会社様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

ChoiceRESERVEとの類似サービスとしてはGoopeやCoubicなどがあります。

これらのサービスを料金面で比較すると、ChoiceRESERVEでは、初期費用20,000円で月額10,000円から利用できるLiteプランが最安プランになり、Goopeには初期費用3,000円で月額1,000円から利用できるエコノミープランがあります。Coubicには初期費用無料で月額6,480円から利用できるライトプランが用意されています。料金面ではGoopeが安く、グレードをあげたプランでも月額3,500円から利用することができます。

機能面では最安プランでの予約上限数がChoiceRESERVEは300件まで、Goopeでは容量が1GBまでとなっており、Coubicは200件までとなっているのでChoiceRESERVEが使い勝手の良い印象です。

ChoiceRESERVEで予約稼働率の向上を

今回は予約管理システムのChoiceRESERVEをご紹介させて頂きました。

現状の予約を紙やエクセルでの手入力に頼っている企業にとっては管理システムの導入で、今まで予約作業にかけていた時間も手間も大幅にカットできるでしょう。まずは自社での予約においての課題を明確にし、その上で予算の設定、月の平均的な予約数の確認などを行い、自社の予約システムにマッチした管理システムを探すことをおすすめします。

画像・データ出典:ChoiceRESERVE公式サイト

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部