びずめしの料金・評判・口コミについて

    社員が働きやすい環境を整備し、生産性を向上させるには、福利厚生の充実が効果的です。

    手軽に導入でき、高い効果が見込める福利厚生をお探しの方は、社食サービスの導入を検討してみると良いでしょう。

    びずめしは、地域の飲食店を社員食堂にできるサービスとして注目されています。

    本記事では、びずめしの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    びずめしとは

    びずめしとは、Gigi株式会社が運営している福利厚生サービスです。

    地域の飲食店を社員食堂として利用することができ、面倒な店舗との金銭のやりとりは、びずめしが全て担当してくれるため、非常に手軽に導入できます。

    「リモートワークの増加で社員食堂の利用が減っている」、「拠点間でランチ格差がある」、「移動や出張が多く、社員食堂を使えない社員がいる」といった課題を抱えている方におすすめのサービスとなっています。

    びずめしのおすすめポイント

    まちの飲食店を社食として利用

    びずめしは、オフィスのあるエリアはもちろん、出張先やリモートワーク時の自宅周辺など、幅広いエリアの飲食店を社食として利用することができます。

    設置型の社食サービスと違って、冷蔵庫などの設備を導入する手間もかからず、お弁当型のサービスとも違い、ランチのバリエーションが非常に幅広い点が特徴的です。

    びずめしの加盟店は、日本全国にあるため、複数の拠点を持っているという企業はもちろんのこと、リモートワークや出張が多いという方でも社食を取り入れることができます。

    さらに、デリバリーサービスの「出前館」の飲食網を利用することも可能です。

    社内交流の活性化に活用

    普段から利用している美味しいお店を社食として利用できるようになるため、社員同士でお店情報のランチに誘ったりと社内交流の活性化につなげることができます。

    また、外食を敬遠していた人も社食として利用できるようになることで、地域の飲食店を利用する確率が高まり、地域の活性化にもつながります。

    導入企業の要望に合わせてチケットを発行できる

    びずめしは、導入企業がチケットを発行して社員に付与することで利用できます。

    企業の要望に合わせたチケットの発行が可能で、例えば「月に利用可能な上限金額を企業で設定したチケット」、「回数券のように金額と枚数を組み合わせたチケット」といった種類があります。

    いずれのパターンでも福利厚生税を利用することが可能です。

    社員の利用はスマホだけで完結

    びずめしの利用は、非常に簡単で、簡単3ステップで完結します。

    まずは、専用のびずめしサイトで、今いるエリアで社食として利用できる飲食店を探し、店舗で食事。

    専用サイトの決済確認ボタンを店舗のスタッフにタップしてもらうだけです。

    特別に難しい操作が発生しないため、スマートフォンの操作に不安がある年配の方がいるという環境でも安心して利用することができます。

    びずめしで利用できる加盟店

    びずめしで利用できる加盟店は、17,000店と非常に豊富です。

    さらに、デリバリーによって、出前館の飲食網約10万店舗が利用することができます。

    • 定食
    • 肉料理
    • 魚料理
    • 寿司
    • ラーメン
    • ファーストフード
    • 中華料理

    上記以外にも、非常に幅広いカテゴリーの食事を楽しむことができます。

    びずめしの導入方法

    びずめしの導入までの流れは、簡単3ステップで完了します。

    1. サービス説明:サービス説明資料の送付、別途オンラインにてサービス説明も可能
    2. 申込み:必要書類を提出、不明点は専属スタッフによって説明
    3. 契約:契約完了後、利用フローの説明

    びずめしの料金·価格

    びずめしの利用には、初期費用とシステム手数料が発生します。

    料金の詳細については、資料ダウンロードをお願いします。

    びずめしの導入事例・評判・口コミ

    とてもシンプルに利用できました

    “街の飲食店が社食として利用でき、地域の活性化にも貢献できるということで、びずめしを導入しました。実際に利用してみると、選べる飲食店の多さにまずは驚きましたね。利用方法も、お店を選んでご飯を食べて、会計時に画面を見せるだけと非常に手軽で使いやすい。スタートアップの段階でも社食を利用することができたので、とても嬉しく思っています。”(キャンプ女子株式会社様)

    さまざまな飲食店での食事補助を簡単に実施できる

    “リモートワークが進むなか、社員同士だけでなく、社員自身のコミュニケーションが不足していました。単身者が自宅に籠って仕事をして、一日中誰とも会話しなかった、コンビ二に行っただけだった、という話が耳に入ってきました。「びずめし」がきっかけとなってリモートワーク時に食事のために外出して、店員さんとのコミュニケーションを楽しんだり。社員の栄養面のみでなく心身のリフレッシュにつながっているようです。出社時にはプロジェクトメンバー同士で昼食を取るなど、社内のコミュニケーションの活性化に役立っていますね。”(パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社様)

    よくある質問

    どのようなチケットが設定できますか?

    1,000円チケットを数枚配布したり、毎回の食事を50%オフにするなど、柔軟な利用が可能です。

    びずめしはランチにしか利用できませんか?

    昼食だけでなく、朝食や夕食など、導入企業様が自由に設定していただけます。

    運営元の株式会社Gigiは他にどんなサービスを運営していますか?

    オンラインで飲食店のメニューを贈ることができるギフトサービスの「ごちめし」、行きつけのお店を先払いで応援する「さきめし」などのサービスを運営しています。

    びずめしの詳細について

    びずめしについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    社食サービスは、利用しやすい反面、社員がメニューに飽きてしまったり、企業側に管理の負担や社内浸透のための手間が発生するというデメリットがありました。

    びずめしであれば、導入にあたっての負担はほぼなく、利用方法も非常に手軽で幅広いメニューを楽しむことができます。

    びずめしのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    びずめし
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載