dataDiverの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは BIツール の製品です。
BIツール の製品をまとめて資料請求

「業績などを分析しようとしてBIツールを導入したのは良いけれど、どこをみれば良いのかわからない」

「BIツールが表示した結果にどのような意味があるのかわからない」

このようなお悩みを持つ方には、dataDiverがおすすめです。

dataDiverは統計学をベースとした分析支援ツールで、分析結果をわかりやすいインターフェースで表示します。

さらに、表示されている結果がどのように影響しているのかもユーザーに知らせるので、今後の予測なども立てやすくなります。

今回は、dataDiverの特徴を料金や評判・口コミとともにまとめました。

企業内のさまざまな状況を分析して経営に役立てたいと考えている方は、ぜひ、最後まで記事をご覧ください。

dataDiverとは?

dataDiverは、統計学に基づいた分析支援ツールです。

膨大な分析結果の中から「どのデータがどのような目的と関連しているのか」を伝え、状況の把握や予測などが可能になります。

専門的な知識がなくても、わかりやすいインターフェースで直感的に分析結果を理解できます。

おすすめの類似BIツール

類似サービス FineReport

(5.0)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

直感的な操作で帳票が作成可能

FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

豊富なグラフとマップでデータを可視化

FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

強力なデータ入力機能を搭載

設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し14日間
初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

dataDiverの特徴

dataDiverの特徴を3つ紹介します。

分析結果のどの部分をみれば良いのか教えてくれる

dataDiverは、分析で得られた結果のどこに注目すれば良いのかをユーザーに伝えます。

わかりやすいインターフェースで専門的な知識は不要です。

業務に携わっている社員は、結果を見て状況の把握や改善ができるようになります。

複数あるデータを分析できるように自動変換

業務に関連するさまざまなデータを分析できるように自動変換するのも、dataDiverの特徴の1つです。

例えば、顧客データと売上データでは、顧客IDや顧客情報で重複する部分が出てきます。

dataDiverは、重複するデータを一つにまとめ分析しやすいようにまとめてユーザーに提供可能です。

分析結果をわかりやすい言語で表示

dataDiverは、統計学などの専門知識がなくてもデータが理解できるように、わかりやすい言語で分析結果を表示します。

誰でも理解できる言語により、ユーザーは分析結果から得られたものを次に活かすための戦略に集中できるのです。

dataDiverの料金

dataDiverの料金は見積もりが必要になります。

利用料金について詳しく知りたい方は、公式サイトより問い合わせてみてください。

dataDiverの評判・口コミ

dataDiverの評判や口コミを紹介します。

dataDiverは初心者にもわかりやすいツールであることは間違いないと思いました。分析結果を「クリア」「曖昧」といった言葉で返してくれたり、グラフで可視化してくれたりして、データ活用の入口としてよいと感じました。
引用元 : dataDiver「事例紹介」

dataDiverは、分析結果の項目ごとに「この課題はクリアになっている」「この課題は曖昧だ」といったことが画面上にはっきり言語化されていて、私たちのようなビギナーでも見ればわかるようになっています。このように、分析結果がさっと見られるというところが導入の決め手になりました。
引用元 : dataDiver「事例紹介」

dataDiverは、BIツールに慣れていない人でもわかりやすく、分析結果が見やすいツールだということが、口コミからもわかります。

dataDiverは統計学ベースの分析支援ツール

dataDiverは統計学に基づいた分析支援ツールで、分析結果のどの部分に注目すれば良いのかをユーザーに伝えます。

シンプルなインターフェースでわかりやすい言語で結果を表示するため、統計学の専門知識は不要です。

BIツールを導入しても見方がわからない、上手く活用できていない方は、dataDiverを検討してみてはいかがでしょうか。

詳細が気になる方は、ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

これは BIツール の製品です。
BIツール の製品をまとめて資料請求
    • キュウイ枠【BI】

      類似サービス FineReport

      (5.0)

      月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
      初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

      FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

      必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

      直感的な操作で帳票が作成可能

      FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

      豊富なグラフとマップでデータを可視化

      FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

      強力なデータ入力機能を搭載

      設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

      類似サービス: Reckoner

      (4.5)

      月額費用要お問合せ無料お試し14日間
      初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

      Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

         

      直感的な操作でデータ連携ができる

      従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

      豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

      Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

      リアルデータでの変換・結合

      通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載