FineReportの料金・評判・機能・事例について

    蓄積したデータを分析し、見える化することで経営における意思決定に活用できるとして、BIツールを活用する企業が増えてきました。

    ビッグデータの分析・活用には、もはや不可欠となってきたBIツールですが、様々なベンダーからローンチされており、自社にどのようなツールがマッチするのかわからないという方も多いでしょう。

    本記事ではFineReportの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    FineReportとは

    FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

    レポーティング、データ可視化ツールとして、豊富な機能、簡単な操作性の特徴を持ち、ローコード開発で複雑な帳票作成、出力印刷、表現力に優れたBIダッシュボード設計、クロス分析、検索ソート、各種システム開発、権限管理、データ統合、ポータルシステム、モバイル端末対応、そしてマルチデータソースへのデータ入力などを簡単に実現することができます。

    FineReportの実績

    FineReportのメーカーである帆軟ソフトウェア株式会社は、ビッグデータBIおよびデータ分析プラットフォーム専門のプロバイダーとして15年以上の運営実績があり、Gartner、IDC、CCIDなどの多くの専門的なコンサルティング機関によって評価されています。

    FineReportのユーザーは、製造業、自動車、IT通信、電力、官庁、化学、交通機関(地下鉄、その他鉄道)、小売、製薬、ECなど、様々な業種にわたって、日系大手を含む、世界の累計15,000社以上に導入されております。100人以上の中堅企業様におすすめです。

    FineReportの強み

    直感的な操作で帳票が作成可能

    FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。

    ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

    FineReportによって、業務部門が日々煩雑なレポートと帳票作業から解放され、従来レポーティングに費やしていた時間が他の業務にあてられ、業務効率を大幅に向上させます。

    (例:FineReportのデザイナ)

    豊富なグラフとマップでデータを可視化

    FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

    また、FineReportには便利な地図機能が利用できるため、ヒートマップやフローマップなどの作成をサポートすることが可能です。

    グラフはデータヒント、ハイライト、オフライン切り替え、座標軸ズームや自動更新などによって、インタラクティブな閲覧ができます。

    (実際にFineReportで実現したデータ可視化効果)

    強力なデータ入力機能を搭載

    設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

    テキストや数字、ラジオボタン、写真、QRコード情報など豊富なウィジェットが用意されているため、ユーザーは思い通りに入力フォームを設計することができます。

    また、Excel、CSVデータをDBにインポート/エクスポートも可能です。

    様々なデータを一元管理

    FineReportの管理ポータルでは、電子帳票やユーザー、権限制御、承認ワークフローなどを一元管理することができます。

    管理者が自由にテンプレートやリンクなどの設定ができるため、柔軟に調整を行い、情報管理を効率化することが可能です。

    権限管理やユーザー管理など、セキュリティ管理に関する機能も搭載しています。

    (FineReportの管理ポータル)

    FineReportの特徴と機能

    FineReportの主な機能は、以下の通りです。

    データ可視化

    レポーティング、帳票開発と出力、IoT可視化(稼働監視状況、加工品質管理、生産管理、工程管理)、各種ダッシュボード・帳票のデザインと表示、地図連動など

    様々なデータ分析

    IoTトレンド分析、在庫最適化分析、売上分析、経理、財務、売上管理、生産量進捗、品質分析など

    データ入力

    資産管理、在庫管理等を現場で移動端末によって入力、QRスキャン、撮影により実現。その他、点検作業記録、世論調査など

    システム構築

    管理ポータルによるデータの一元管理、顧客管理、受発注管理、現場管理、ローコーディング、納期短縮など

    DX推進

    モバイル端末対応、コスト削減、現場のペーパーレス化、データ資産化、脱Excel化など

     

    FineReportの料金·価格

    FineReportの詳細な製品情報、料金、無料で使えるトライアル版を希望する際は、「FineReport」で検索し、製品HPからお気軽にお問合せ下さい。

    ※価格情報は2022年4月時点のもの

    安心サポート

    FineReportチームの経験豊富な技術エンジニアがお客様の立場に立ち、ツールの導入、ツールトレーニング、開発、運用保守までの技術サポート、
    またはデータ可視化、データ分析などツール運用に関するコンサルティングサービスを提供し、汎用システム開発も行います。

    FineReportの導入事例

    データモニタリングで会社の意思決定を支援

    “組織構造の再編に伴い、従業員全員が使えるようなプラットフォームを開発する必要があり、収集したデータを生産・経営・管理に活用するためFineReportを導入しました。プロセス管理でのコスト削減や社員のキャリアライフサイクルを記録したことで、積極的な人材育成ができました。”(上海市都市建設設計様)

    ユーザーCVRが20%アップ

    “レポートシステム全体の煩雑化に伴いFineReportを導入しました。オフラインの状態では、経営層がユーザーの状況を把握することは困難でしたが、ユーザー研究の肝心ステップを確認したことでオフラインの人力コストを削減できました。ユーザーの購買転化率は50%、ユーザーの転化率は20%増加しています。”(長江証券様)

    FineReportの詳細について

    FineReportについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    自社が保有するデータを詳細に分析して経営判断を加速させるためには、多角的にデータを可視化して直感的に操作できるツールの導入が望まれます。

    FineReportであれば、あらゆるデータを一元管理して分析、直感的に利用できるためおすすめです。

    FineReportのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    FineReport
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載