Sactona(サクトナ)の料金·評判·機能について。Excel感覚で使える?

最終更新日 

企業の経営管理において、予算編成、予算管理、見込み管理などは経営意思決定に必須となる情報です。
これらを実行し改善するため、現在多くの企業で管理会計・経営管理業務サイクルを支えるシステムの導入が進んでいます。
Sactona(サクトナ)はこうした経営管理において、使い慣れたExcelの画面や機能を100%活用したうえでプラスアルファを与えてくれるシステムです。
果たして機能や料金プランはどうなっているのでしょうか。

Sactonaとは

Sactonaは、予算編成や予算管理、見込み管理など経営管理を高度かつ効率化するためのグループ経営管理システムです。
クラウドでもオンプレミスでも対応可能で、使い慣れたExcelの画面や機能を活用できます。

Sactonaの特徴·機能

Sactona(サクトナ)は、クラウド対応型経営管理システムであり、エンタープライズソリューションです。
連結・部門別・製品別・支店別・販売店別・プロジェクト別管理などの領域に適用可能で、これまで培ったさまざまなノウハウが集約され具現化されています。

ほぼExcelのユーザーインターフェース

SactonaはMicrosoft製品と高い親和性があるのが特徴で、導入時のトラブルも少なくスピーディーな展開が可能です。
Microsoft社が提供するクラウドサービスAzureの仮想マシン上でも稼働するように、一般的なPCソフトウェアを普段使っている経理担当者なら特別なトレーニングをほとんど要さず利用を開始できます。

広い拡張性

データベースの容量に柔軟性があり、変えられる点も特徴です。
たとえば最低限の容量やユーザー数からスモールスタートしたいという場合も対応可能で、軌道に乗ったら周辺業務もシステム化するといった拡張も可能です。
コンサルティングにも強みを持ち、管理の仕方やシステム化の仕方についても相談できます。

短期納入でシステム導入可能

Sactonaはオンプレミス形態のほかクラウドによるサービス提供も可能で、導入から運用までスピーディーに実施できます。
クライアントプログラムのインストールが不要で、各部署からの報告においてはMicrosoft Office Excelとブラウザ以外必要としません。
導入と運用の負荷が大きく減ります。

Sactonaの強み

Sactonaは、徹底したMicrosoft Officeとの親和性を実現しているのが、最大の強みです。
オートメーション機能搭載で、既存データの取り込みからレポート出力までオート化できるため、入力者の負担は激減します。こうした経理的な入力画面では確かにExcelライクな製品は少なくありませんが、SactonaはまさにMicrosoft Office Excelそのものといって良いレベルなのが最大の特徴です。
利用する際のインターフェースはMicrosoft ExcelやInternet Explorerを組み合わせますが、普段使い慣れているため導入時のトラブルも少なく、迅速に展開が可能となっています。

Sactonaの価格·料金プラン

Sactonaの価格·料金プランは要問い合わせとなっていますので、公式サイトで確認できます。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Sactonaの注意点

Microsoft製品との親和性は非常に高く申し分ありませんが、それ以外の社外連携には対応していません。
ほかのアプリケーションをメインで利用している企業は、確認が必要です。

Sactonaの口コミ·利用企業からの評判

素早く移行できる柔軟なプラットフォーム

“Sactonaを導入したことで、経営においてできることが増え、今後新しくやりたいテーマも増えました。経営管理上にはさまざまな課題がありますが、経営を止めずに素早く移行できるSactonaはとても柔軟なプラットフォームだと思います。シンプルにシステムを構築し、課題を解決していく導入プロセスも評価しています。”(マネックスグループ株式会社 様)

類似サービスとの比較

Sactonaの類似サービスとしてManageboardが挙げられます。
株式会社マネーフォワードのManageboardは、会計データをそのまま予実管理に利用できるクラウド予算管理ソフトウェアです。
Sactonaとの最大の違いは「脱Excel」を掲げている点で、できるだけ直感的な操作とクリックだけで予算管理が行えるよう工夫されています。将来予測の可視化や予算目標達成に向けたPDCAサイクルを構築し、コスト分析やキャッシュフロー分析など財務データも分析できるレポートを作成できます。予算管理の方法を抜本的に変えるなら、Manageboardのように完全に従来のアプリケーションと離れる手法も有効です。
どちらが最適かの判断は、企業ごとに異なるでしょう。
Manageboardの料金は、一般企業向けであれば月額29,800円で、利用できるユーザーは5人までです。
会計事務所向けと金融機関向けは要問い合わせになっています。

Sactonaで経営管理業務サイクルの向上を

SactonaはMicrosoft Office製品との高い親和性を武器に、素早く経営管理業務を変えられるツールと言えます。
数ある予算管理システムの中でもExcelとの馴染みの良さは頭抜けていますので、従来の業務スタイルを極力変えずに業務サイクルを向上したい場合には、ベストな選択です。

画像·データ出典:Sactona公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部