Pentahoの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
15,000社以上
これは BIツール の製品です。
BIツール の製品をまとめて資料請求

多くの情報を取り扱っている場合、必要な時に必要なものを探し出すには多くの時間が必要です。

また、一つの場所に情報が集約されているわけではなく、膨大な情報を元に分析などを行うのは専門的な知識やスキルが必須と言えます。

これらの課題を解決できるのが『Pentaho』です。

今回はPentahoについて、サービス内容や特徴、利用料金や口コミについて解説していきます。

Pentahoとは

Pentahoとはデータ統合基盤(ETL)とデータ分析基盤(BI)が一体化したものであり、データの収集や加工、出力から必要なデータの可視化や分析までが同時に行えます。

これまでに180国で15,000を超える導入実績があります。

データ収集を行うための専門的なプログラミング知識やスキルは必要なく、GUIにて簡単に開発が可能です。

最先端のOSSを日立のサポート付きで利用することが可能であり、100種類以上のデータソースに標準対応しています。

これまでに多くの時間と労力が必要であった、データの理解や準備における工数を大幅に削減することができます。

販売元であるHITACHIでは、データ統合や分析基盤に関連したWebセミナーも開催しており、学びながら実践に活かすこともできます。

おすすめの類似BIツール

類似サービス FineReport

(5.0)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

直感的な操作で帳票が作成可能

FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

豊富なグラフとマップでデータを可視化

FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

強力なデータ入力機能を搭載

設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し14日間
初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

Pentahoの特徴

Pentahoの特徴はあらゆる分野で活用できることです。

データの統合はもちろん、ビックデータをあらゆる視点から抽出しマーケティングに活かすことができます。

金融サービスや政府機関、ヘルスケアやリテールなど多くの業種で導入されてきています。

Pentahoの利用料金

Pentahoの利用料金は公表されておらず、公式HPから問い合わせをすると見積もりを取ることができます。

Pentahoの口コミと評判

Pentahoを実際に利用した企業の口コミや評判として多かったのが『データの統合や抽出、ブレンド、可視化までが簡単にできるようになり、作業効率の向上と今までに無い視点での分析もできた』といった内容でした。

全てのデータが一つの場所で管理できるようになるため、今までになかったような価値を発見することも可能です。

一方でコミュニティー版などはマニュアルが英語であり、使いこなすのが大変だったといった口コミもありました。

Pentahoなら情報抽出から分析までがアジャイル的に行える

今回はPentahoについて解説してきました。

データの統合や抽出、分析までを素早く行うことができるのであらゆる業界で導入されています。

初めての利用であり、上手に使えるか不安という方も無料お試し版が利用できるので安心です。

これは BIツール の製品です。
BIツール の製品をまとめて資料請求
    • キュウイ枠【BI】

      類似サービス FineReport

      (5.0)

      月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
      初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

      FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

      必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

      直感的な操作で帳票が作成可能

      FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

      豊富なグラフとマップでデータを可視化

      FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

      強力なデータ入力機能を搭載

      設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

      類似サービス: Reckoner

      (4.5)

      月額費用要お問合せ無料お試し14日間
      初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

      Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

         

      直感的な操作でデータ連携ができる

      従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

      豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

      Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

      リアルデータでの変換・結合

      通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載