SAP Analytics Cloud(エスエーピーアナリティクスクラウド)の料金・評判について

更新日:

    経営管理の効率化を行うことで、業務にも余裕が生まれ、従業員への負担を減らせたり売り上げ向上、気持ち的にも余裕が生まれます。経営管理の効率化を行うときに、Excelで管理をしている方もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが「SAP Analytics Cloud」です。SAP Analytics CloudはSAP社が提供しているサービスで、Excelベースで利用できるものです。特徴や機能について詳しくみてみましょう。

    SAP Analytics Cloudの特徴・機能

    専門知識がなくても使える

    1つ目の特徴が専門知識がなくても使えることです。経営管理の効率化を行うには、統計の専門知識などが必要になると思っている方もいるでしょう。もちろんそれがあればベストですが、Search to Insight機能を利用すれば、状況に適した最適なデータを入手できます。

    Excelベースで使いやすい

    2つ目の特徴がExcelベースで使いやすいです。経営管理をExcelをもとにして行っているという企業も多いでしょう。SAP Analytics CloudはExcelと接続できて、モデルの作成や外部データの取り込みが可能です。Excel感覚で使えるので、Excelを使っていた方でもスムーズに操作に慣れることができます。

    わからないことはAIに質問

    3つ目の特徴はわからないことはAIに質問できることです。自然言語クリエを利用すれば、クリエ言語の知識がなくとも、AIに質問して回答を得られます。これによってわからないことがあってもスムーズにことが進められるでしょう。

    SAP Analytics Cloudのメリット

    SAP Analytics Cloudの導入のメリットは主に以下の2つです。

    経営管理の効率化
    企業データの分析がしやすくなる

    1つ目が経営管理の効率化です。Excelでデータを集めたり、ツールに頼らずに経営管理をしていると、手動でデータを集めなくてはなりません。そのため時間がかかることが多いでしょう。しかしSAP Analytics Cloudでは自動でデータを獲得してくれるので、効率化へとつながるでしょう。また企業データの分析も、ボタン操作で自由に作成できるのでしやすくなります。

    おすすめの類似BIツール

    類似サービス FineReport

    (5.0)

    月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
    初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

    FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

    必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

    直感的な操作で帳票が作成可能

    FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

    豊富なグラフとマップでデータを可視化

    FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

    強力なデータ入力機能を搭載

    設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

    SAP Analytics Cloudの注意点

    SAP Analytics Cloudでは90日間の無料トライアルがありますが、一部機能が利用できないため、全ての機能を使いたい方にとっては導入を躊躇うかもしれません。公式サイトで、自分のニーズを満たしているかしっかりと確認しておきましょう。

    SAP Analytics Cloudの価格・料金プラン

    1〜25人:3,794円
    26~200人:2,529円
    201~500人:2,276円
    501~1000人:2,024円
    1001人:1,771円

    SAP Analytics Cloudの価格は以上のようになっていて、人数ごとで異なっています。26人以上の規模になると、一人当たりの月額料金から割り引かれます。正確な月額料金を知りたい方は問い合わせてみてください。

    SAP Analytics Cloudの導入事例・評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    Microsoft Power BI無料版からExcelとの相性が抜群
    Tableau18千円/1年視覚的なデータ作成が得意
    Salesforce Datoramaお問い合わせマーケティングに特化

    Microsoft Power BIはマイクロソフト社から提供されており、Microsoft社製品を使っている企業におすすめです。Excelとの相性が抜群です。Tableauは視覚的なデータ作成が得意となっており、デザイナーなどにいいでしょう。Salesforce Datoramaはマーケティングに特化しているサービスです。

    SAP Analytics Cloudを含むおすすめのBI(ビジネスインテリジェンス)ツール比較

    BI(ビジネスインテリジェンス)ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    SAP Analytics Cloudで経営管理を効率化しよう

    SAP Analytics Cloudを導入するメリットは、経営管理を効率化できるということです。効率化ができるのに高クオリティを保つことができるので、是非導入して欲しいサービスです。90日間の無料トライアルもあるので導入を検討してみてくださいね。

      • キュウイ枠【BI】

        類似サービス FineReport

        (5.0)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
        初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

        FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

        必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

        直感的な操作で帳票が作成可能

        FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

        豊富なグラフとマップでデータを可視化

        FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

        強力なデータ入力機能を搭載

        設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載