JimdoのSEO対策は?Jimdoの料金や使い方、WordPressとの比較について

最終更新日 

Jimdoの概要・機能

Jimdo(ジンドゥー)は、170万人に及ぶユーザーが利用するオンライン完結型のホームページ作成サービスです。

Jimdoの概要について

2007年にドイツでサービスが開始され、従来のようなPCにインストールするホームページ作成ソフトではなく、インターネット上のみでホームページ作成が行えるサービスです。

なるべく簡単にホームページを作成出来るように設計されており、ドラッグ&ドロップや文字入力のみでオリジナルページを作成することが可能となります。

Jimdoの機能とは

「AIを用いたモダンなWEBデザイン」との謳い文句で提供されているように、コーディングをしなくても綺麗で操作のしやすい、近代的なWebサイトの作成が可能となっています。

さらに、コーティングが出来る人には専用のエディタが提供されているため、Jimdoの標準仕様だけでは足りない部分までカスタマイズ出来るようになっています。

Jimdoの使い方

Jimdoの使用は「ユーザー登録」→「レイアウト選択」→「料金プラン選択」→「ドメイン名を入力」→「ホームページ作成」の順で行います。

ユーザー登録

Jimdoを利用する際には、ユーザー登録が必要になります。
「Facebook」「Googleアカウント」「メールアドレス」いずれかの情報でユーザー登録を行うことが可能です。

レイアウト選択

Jimdoから提供されているテンプレート(40種類)から、作成したいサイトのイメージに近いものを選択します。

選んだレイアウトからカスタマイズしてホームページを作成するので、このテンプレートで大まかなWebサイトのイメージが決まります。

いくつかの質問に答えることで、Jimdoがオススメするテンプレートを優先的に表示してくれるので積極的に活用してみましょう。

料金プラン選択

詳しくは「Jimdoの料金プラン」で説明しますが、プランにより「独自ドメイン利用可能」や「広告非表示」「データ容量無制限」などサービス内容が異なりますので、ご自身の用途に合わせて選択してください。

ドメイン名を入力

作成したホームページのURLとなる「ドメイン名」を決めます。
無料版では「https://ドメイン名.jimdofree.com」のようなURLが作成されます。

ホームページ作成

選択したテンプレートを、ユーザー独自のホームページを作成するために編集していきます。
最終的に完成したホームページは、入力したドメイン名のURLで公開することが可能です。

ジンドゥーAIビルダー

ジンドゥーAIビルダーとは

JimdoにはAIが自動でホームページの作成を行ってくれるジンドゥーAIビルダーという機能が備わっています。プログラミングやデザインの知識がなくても最短3分でホームページが作成できるので世界中で多くのユーザーがいます。

ホームページ作成のステップは非常に簡単で、自社に関する簡単な質問に答え、デザインテンプレートの中から好みのものを選ぶだけでホームページの作成が行われます。その後詳細情報をアップデートするだけでホームページの完成です。

実際にジンドゥーAIビルダーで制作されたホームページはおしゃれでデザイン性が高く、まずはホームページを作りたいという方にとっては十分な出来栄えと言えます。

ジンドゥーAIビルダーを利用できるプランには月額1,590円のGROWプランと月額990円のSTARTプラン、無料のPLAYプランがあります。

こんな人にジンドゥーAIビルダーはおすすめ

  • すぐにホームページを制作したい人
  • コーディングの知識がない人
  • スマホからホームページを作りたい人

ジンドゥーAIビルダーは最短3分でホームページを作ることができるので、すぐにホームページが必要という方におすすめです。質問に答えてテンプレートを用いてAIが自動で作成してくれるので手間もかかりません。

また、ブロックと呼ばれるデザイン要素を組み合わせてホームページが作れるのでHTMLやCSSといった専門的な知識も不要です。スマホからホームページが作れるというのも特徴でアプリをダウンロードすることなくブラウザ上でホームページを作ることができます。

ジンドゥークリエイター

ジンドゥークリエイターとは

よりカスタマイズされたホームページが作りたいという方にはジンドゥークリエイターがおすすめです。

コーディングができる方用のエディターが搭載されているので、ジンドゥーだけでは搭載しきれない機能を追加したり、デザインの細かいカスタマイズを行いたいという場合にはこちらを利用することをおすすめします。

また、ジンドゥークリエイターにはブログ機能とネットショップ機能が搭載されているので、ホームページにブログ機能を搭載して集客効果を高めたい、SEO対策をしたいという人にもおすすめです。個人でネットショップを開設したいという場合でも手軽にホームページを作ることができるJimdoを利用すればすぐに事業を開始することができます。

こんな人にジンドゥークリエイターはおすすめ

  • ブログを開設したい人
  • ネットショップを始めたい人
  • HPをカスタマイズしたい人
  • ホームページのイメージが固まっている人

ジンドゥークリエイターではブログ機能があるので、ホームページにブログ機能をもたせたい、SEO対策としてブログ機能を搭載したいという人にもおすすめです。

また、ネットショップ機能を使って手軽にネットショップを開設することが可能です。支払い方法をクレジットカード、銀行振込、代引きなど細かく設定することができます。

コーディングができるので細かいカスタマイズや機能の追加ができ、自分でイメージしていたホームページに限りなく近づけることができるというメリットがあります。

JimdoのSEO

JimdoのSEOについては、自身でコーディングしたホームページやWordpressで作成したホームページに比べて弱くなってしまうのかというと、決してそんなことはありません。

ただ、Wordpressでは出来るのにJimdoでは出来ないといったSEO対策があるのは事実です。

Jimdoはあくまでオンラインでホームページを作成するツールであり、提供されているテンプレート等の範囲内で使用しなければなりません。つまり、Wordpressのように自由自在にカスタマイズ出来るわけではないのです。

もちろん、SEO最適化を謳ったツールやテンプレートも多くありますが、最終的にJimdoで作成したホームページを検索上位に表示させるためには、しっかりとSEOを意識してコンテンツ内容を作り込むことが重要となるでしょう。

また、Jimdoでも「BUSINESS」プランで「検索エンジン最適化(SEO)」がサービスの1つとして提供されていますので、JimdoのSEO対策を利用したい方はぜひ活用してみてください。

Jimdoの料金プラン

JimdoではPLAY·START·GROWの3種類のプランが提供されています。有料プランは全て年額請求となります。

月額1,590円(月額換算)のGROWプランでは、最も多くの機能が提供されており、帯域幅やサーバ容量が無制限となるなど、多くのユーザーが訪れるビジネス向けのホームページ運営の方にオススメです。

月額990円(月額換算)のSTARTプランでは、独自ドメインの取得・広告非表示など無料プランにはない機能が利用できるようになり、主に個人で収益化を目指したホームページ運営を行いたい方向けのプランです。

月額無料で利用可能なPLAYプランもホームページを作成するための機能は利用可能ですが、サブドメインが固定されたり、広告が自動表示されたりと、さまざまな制限がついています。
とはいえ、ホームページを編集する上で不自由があるわけではないので、個人で利用する方は、まず使い方に慣れるためにもFREEプランで利用してみて、必要であれば有料プランに切り替える方法をオススメします。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Jimdoのプランごとの仕様

Jimdoではプランごとに利用できる機能や制限があります。詳細は以下の通りです。

GROWSTARTPLAY
初回契約時無料のドメイン✖️
ドメイン接続✖️
メールアドレスの接続✖️
転送用メールアドレス51✖️
サポート応答時間最優先優先✖️
サーバー容量15GB5GB500MB
帯域幅20GB10GB2GB
ページ数最大50ページ最大10ページ最大5ページ
常時SSL対応
高度なSEO✖️
アクセス解析✖️
広告非表示✖️

PLAYプランは無料で利用できる代わりに広告表示をオフにすることができないので、コーポレートサイトなど社会的な信用性が重要になるホームページの制作には不向きです。また、サポートについても有料プランが優先されるため、基本的には自らトラブル対応しなくてはいけません。

JimdoとWordpressの比較

JimdoとWordpressを比較した場合、どちらを利用すべきか、ユーザーのタイプについてご紹介したいと思います。

まずJimdoを使う方が良いユーザーのタイプとしては、ホームページ作成に慣れていない方です。

Jimdoは類似サイトで有名な「wix」と同じく、プログラムが出来ない初心者でも簡単にホームページが作成出来るサービス。初心者の方の中には、Wordpressのようにサポートがないことを不安に思う方が多いため、Jimdoのようにサポート体制を整えているサービスの利用をオススメします。

反対にWordpressを使う方が良いユーザーのタイプとしては、自由にカスタマイズしたホームページを作成したい方となります。

WordPressはテンプレート数も豊富で、拡張機能などによりカスタマイズ性も高くなります。

より細かな要望を実現したいユーザーは、Wordpressでのホームページ作成がオススメです。

Jimdoは法人利用に向いているか?

Jimdoは法人利用にも向いたオンラインホームページ作成サービスです。

多くの企業がJimdoで作成したサイトを企業ホームページとして公開しています。
Wordpressやwixといったサイトで作成したホームページと比較してもデザイン的にも機能的にも全く引けをとりません。

ただ、法人利用する際には「BUSINESS」か「PRO」どちらかのプランを選ぶようにしてください。
「FREE」プランでは、広告表示やサブドメインでのサービス利用となってしまうため、企業のホームページとして利用するには不向きです。

また、データ容量や帯域幅の面でも有料プランにしておくべきでしょう。
企業のホームページが頻繁に繋がらなくなると、それだけでビジネスとしては大きな機会損失に繋がります。

画像・データ出典:Jimdo公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部