月額8ドルからECサイトも作れる?Strikingly(ストライキングリー)の料金·評判·機能について

最終更新日 

自社でWEBサイトを構築しようとすると専門的な知識や技術が必要になり、自社にサイト構築が可能なエンジニアがいない場合外注しなれけばいけません。外注にサイト構築を依頼すると高額な費用がかかってしまったり、何度も修正を挟んで完成までに非常に時間がかかってしまうというケースもあります。

そこで昨今注目されているのがWEBサイト構築ツールです。今回はそんなWEBサイト構築ツールの中からStrikingly (ストライキングリー)というサービスについてご紹介させていただきます。

Strikinglyとは

StrikinglyとはアメリカのStrikingly, Inc.によって運営されているWEBサイト構築ツールです。専門的な知識や技術がなくても短時間で簡単にWEBサイトを制作することができるので多くの企業で利用されているサービスです。もちろんコードを入力する必要やデザインに関するスキルも必要ありません。

Strikinglyの機能·特徴

豊富なテンプレート

Strikinglyでは用途にあった様々なテンプレートが用意されています。ビジネスやスタートアップ向け、パーソナルやイベント、商品など多彩なテンプレートの中から自社の業種·業態にあったテンプレートを選ぶだけで1ページ完結型のシングルページを作成することができます。デザインの知識がなくてもセンスのいいテンプレートが多数用意されているので安心です。

直感的操作でWEBサイトを制作できる

Strikinglyはウェブサイト上で必要なテンプレートを選び文言や画像を修正し、リンク先のURLなどの設定を行うだけで簡単に1ページ完結型のWEBサイトを作ることができます。HTMLなどの専門的な知識がなくても画面上で視覚的にサイトのレイアウトを知ることができるのでエンジニアがいないという企業でも安心です。プレビュー機能もあるので公開前にしっかりと自社サイトの出来具合を確認することができます。

EC機能を搭載できる

シンプルストアというツールを導入すれば自社商品をサイト上で販売するためのショッピングカートを追加することができます。サイト構築とともにECサイトも展開したいと考えている企業にとっては非常に嬉しい機能です。Strikinglyでは決済手数料はかからないので安心してECサイトを開設することができます。

Strikinglyの料金·価格

Strikinglyは海外のサービスなので料金はドルでの換算となります。年額プランには3つの料金プランがあり、LIMITED版では月あたり8ドルの費用が発生します。PRO版では月あたり16ドルの費用が発生します。VIP版では月あたり49ドルの費用が発生します。

全てのプランに14日間無料で使えるお試し期間が設定されています。いつでも解約することも可能なので試験的な運用が可能です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

Strikinglyの強み

Strikinglyの強みはそのシンプルな操作性です。WEBページの制作経験や知識がない人がサイト構築を行うとなると、いかに直感的操作で視覚的に操作手順を把握できるかというのが重要になってきます。Strikinglyでは豊富なテンプレートを選んで画像の部分には画像を、テキストの部分にはテキストをいれるといった見るだけで何をすればいいかわかるような設計になっているので迷うことなくおしゃれなサイトを作ることができるのです。

利用企業からの評判·口コミ

直感的操作が可能で機能も優れている

“以前は別のサイト構築ツールを使用していたが高額かつシステムも古いのでStrikinglyを使うことにしました。Strikinglyはシンプルで直感的に操作ができるのが素晴らしい。機能的にも優れていて気に入ってます。”(REBECCA BLOOM様)

優れたインターフェースです

“いくつかのサイト構築ツールを試しましたがStrikinglyはインターフェースが優れていてシンプルな部分とカスタマイズができる部分のバランスがいいですね。行き詰まることなくスムーズに操作ができています。”(MIKE PACIFICO様)

SNSでの評判·口コミ

類似サービスとの比較

Strikinglyとの類似サービスとしてはWixやJimdoなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較する以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
Strikingly·LIMITED版/8ドル

·PRO版/16ドル

·VIP版/49ドル

0円あり·豊富なテンプレート ·ECサイトも作れる
Wix·無料版

·ドメイン接続/500円

·ベーシック/900円

·アドバンス/1,300円

·VIP/2,500円

0円なし
·無料でホームページが作成可能
·ADIによる自動作成が可能
Jimdo·PLAY/0円

·START/990円

·GLOW/1,590円

0円なし
·シンプルな操作性
·コーディング用のエディターもあり

料金面としてはやはり無料でホームページを作成することができるWixやJimdoがおすすめです。機能面の比較としてはシンプルな操作性でカスタマイズも簡単なStrikinglyがおすすめですがある程度コーディングができるという場合ですとJimdoの方がコーディングができる方用のエディターがあるので使い勝手が良いです。

Strikinglyで自社だけのオリジナルサイトを

今回はWEBサイト制作ツールのStrikinglyをご紹介させていただきました。Strikinglyのようにシンプルな操作性でおしゃれなWEBサイトを作ることができるツールは多くリリースされているので、自社で作りたいサイトデザインや実装したい機能などを明確にしてから比較検討に入りましょう。

画像·データ出典:Strikingly公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部