• ビジネスの無駄をなくす『Mamoru Biz』とは、どのようなサービスなのか?

    最終更新日 

    一日の業務の中で、チームメンバーの行動が把握できなかったり、会議室などの施設や設備の空き状況が把握できず、無駄な時間を取られてしまうということは意外と多いのではないでしょうか。

    一日だけで見れば、わずかな時間かもしれませんが、それが1年を通して考えると膨大な時間をロスしていることになってしまいます。

    今回は、「名もなき仕事」を減らして、スマートな業務を実現するサービスとして注目されている『Mamoru Biz(マモルビズ)』を運営されている株式会社Colorkrewの市橋渉氏にお話を伺いました。

    名もなき仕事をなくす『Mamoru Biz』とは

    ――『Mamoru Biz』とは、どのようなサービスですか?

    市橋様:『Mamoru Biz』は、日々の業務の中で、名前がない細かな仕事を工数削減して、スマートな業務を実現することができるサービスです。

    例えば、資産管理の棚卸しや、紙での備品管理に関わる入力作業、業務で必要なモノを探す時間、社内の福利厚生などで現金を回収した場合の集計作業、おつりを交換するような仕事などを工数削減したり、キャッシュレス化することで効率化を図ることができます。

    実績としては、既に250社1,000チーム以上で活用していただいています。東京都主催のUPGRADE with TOKYOで表彰もされました。

    ――『 Mamoru Biz』の特徴や強みは何ですか?

    市橋様:強みとしては導入の手軽さがあります。

    QRコードとアプリで即利用開始することができるため、業務の効率化を図りたいと考えた時から、すぐに着手することが可能です。

    実際に導入していただいた企業様からは、「100名につき年間150時間以上の工数削減を実現できた」というお声を頂戴しています。

    また、セキュリティ体制も強みの一つです。ISO27001、Pマークを取得しているだけでなく、PCI DSS、FISCの準拠にも利用されている日米特許の認証技術から派生した万全のセキュリティーを採用しています。

    『Mamoru Biz』誕生のきっかけは、なんだったのか

    ――そもそもどうして『Mamoru Biz』を始めようと思ったのですか?

    市橋様:当社は「たのしい!をうみだしとどける」というミッションを掲げており、お客様が働くことが楽しくなるインターネットサービスを提供しています。

    社内でも自主的に成長できる組織へ変換していけるように、管理職・階層が一切ない「バリフラット(階層のない組織)」の形成に取り組んできました。

    さらに、従業員が楽しく仕事をするためには、仕事のやりがいを阻害する要素、つまり雑務と呼ばれるような「名もなき仕事」をなくすことが重要だと思い、『Mamoru Biz』というサービスを始めました。

    『Mamoru Biz』のビジネスモデルとは

    ――『Mamoru Biz』のビジネスモデルを教えていただけますか?

    市橋様:『Mamoru Biz』は、SaaS型のサービスで、ご利用いただく企業様に導入プランごとの報酬をいただいております。

    まずは『Mamoru Biz』を実際にご利用いただくことで、業務の効率化がどれだけ実現できるかを実感していただけると思っています。したがって、当社ではフル機能を無料で30日間ご利用いただけるトライアルプランをご提供しています。

    初期費用は、すべてのプランで無料のため、お気軽に導入していただけると思います。

    『Mamoru Biz』の目指すものとは

    ――貴重なお話をありがとうございます。最後に今後の展開を教えていただけますか?

    市橋様:『Mamoru Biz』が救うことができる「名もなき仕事」は、まだまだあると思っています。

    世の中の「名もなき仕事」で時間を取られている皆さんを救うため、そしてやりがいのある仕事にチャレンジできる環境を整えるため、今後も新しい機能の実装や、今ある機能をアップデートしていきたいと思っています。

    インタビューから見えた『Mamoru Biz』とは

    今回、市橋様にインタビューさせていただき、『Mamoru Biz』について貴重なお話を伺うことができました。

    働き方の多様化やテレワークによって、働く場所や時間、就業形態の選択肢が多様化されたことにより、細かな業務も増えていき、従業員にかかる負担やストレスも大きなものとなっているのが現代の問題です。

    『Mamoru Biz』はこれらの課題を解消できることから、これからの働き方に大きく貢献してくれるサービスであると、今回のインタビューを通して強く感じました。

    実際に、『Mamoru Biz』を利用している企業からは、「福利厚生のキャッシュレス化が実現できた」、「フリーアドレスの導入・管理が簡単にできました」、「QRコードでの在籍管理が非常に便利」といった声が挙げられており、業務の効率化だけでなく生産性の向上、新型コロナウイルス対策として有効なソーシャルディスタンスを守った働き方にまで役立てるということが伺えます。

    『Mamoru Biz』は、効率化できる対象が非常に多いため、現在業務において無駄を感じている企業はもちろん、with コロナの働き方を導入したことによって悩みを抱えているという企業にも非常におすすめのサービスのため、このインタビューを読まれた方は、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

    ——-

    今回お話を伺ったサービス:Mamoru Biz

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部