MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 購買管理 の製品です。
購買管理 の製品をまとめて資料請求

現在利用している購買管理システムをより効率的に利用したいと思いませんか?さらなる業務効率化を目指せるMISUMI-VONAとの購買システム連携サービスについて紹介していきます。

MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスとは

MISUMI-VONAとは、株式会社ミスミグループ本社の提供する購買システム連携サービスです。現在利用しているサービスがあったとしてもサービス同士の連携も可能なシステムです。MISUMI-VONAの豊富な品揃えを利用し、現在の購買管理システムと組み合わせることで、さらなる業務効率化とコストカットが実現できます。国内、海外問わず実績があるので、グローバルな視点での調達も可能になっています。

おすすめの類似購買管理システム

類似サービス: intra-mart Procurement Cloud

(4.5)

年間利用料金600万円無料お試し要問い合わせ
初期費用70万円導入会社要問い合わせ

intra-mart Procurement Cloudは、企業の調達・購買活動全体のDXによって、コスト最適化、業務効率化、ガバナンス強化を実現するクラウドサービスです。 「購買管理」「契約ライフサイクル管理」「支払い管理機能」を利用して、見積もりの取得から発注納品、請求・支払いまでをワンストップで操作可能。バイヤー、サプライヤー双方の業務プロセスに対応しています。

       

【調達・購買】見積機能の活用でより良い商材を安価で調達

150種類以上の見積依頼書仕様書を用意しており、サプライヤーに対して購買品目に応じた適切な見積もりをクラウド上で依頼することが可能。見積もりデータは蓄積され、誰でもスムーズにアクセスできるため、精度の向上が期待できます。

【契約管理】契約書管理をデジタル化・効率化。コスト削減効果も

契約書の原案作成から修正・承認・捺印・締結までの業務をデジタル化することで、一連の業務を効率化。ペーパーレス化によって印刷代や郵送代がかからなくなり、コスト削減にもつながります。 「クライアントと業務担当者」「担当者と自社法務」「法務同士」といった43種類のチャット機能で、リーガルチェック履歴を全て保存でき、修正履歴も時系列で追うことが可能です。

【請求・決済】バイヤー・サプライヤー双方の業務効率化と内部統制強化を実現

バイヤーによる請求書受け取りから支払い処理、サプライヤーによる電子請求書の発行から債権管理までの業務に対応しています。 請求書はクラウド上でデジタル化されるため、業務の効率化だけでなく、ミスやドラブルの防止、ガバナンス向上にも貢献します。

 
これは購買管理の製品です。

購買管理の製品をまとめて資料請求

MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスの特徴

MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスの特徴としては、MISUMI-VONAと他の購買管理システムと連携することができる点です。購買システムとの連携により、購買プロセスを短縮し発注1件あたり13分の工数削減ができます。さらにパンチアウト連携により、MISUMI-VONAと購買管理システムを繋ぎカタログデータを自動連携することができます。 他にも電子データなどの自動連携も可能になっています。MISUMI-VONAを導入することによる最大のメリットは工数が削減できるという点ですね。

MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスの口コミ、評判

MISUMI-VONAとの購買システム連携サービスの口コミをみてみると、パンチアウト連携による効率化による評価が高いですね。

●「とにかく、短納期。短納期のものがカタログで簡単に買える」、これに尽きます。実際に発注しているユーザーからの反応も良いです。満足していなければ買い続けないと思います。ミスミとのパンチアウトカタログ連携をきっかけに、「やっぱりパンチアウトカタログ使いやすいよね」という現場の声が多く、発注業務の自動化という流れにはずみがつき、一気にパンチアウト連携による購買業務が普及しました。今も現場のユーザーの期待は短納期です。今後、誰でも簡単に検索できるパンチアウトカタログ連携の仕組みと、ミスミの短納期で即納できる能力をさらに活用していこうと思っています。

まとめ

MISUMI-VONAは既存の購買管理システムと連携することで、工数削減が可能になり業務効率化とコストカットに大いに役に立つシステムなので、さらなる効率化を目指す企業はこちらをオススメします。

    その他の関連する記事

    これは 購買管理 の製品です。
    購買管理 の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    業務の効率化に必須なツール

    評判

    購買改革プロジェクトの前のプロセスを標準化できていなかった状態でいうと、例えば調達先との個別交渉など、色々なところに業務の非効率があったと思います。それが購買システムを導入し、サプライヤーのEC サイトとのパンチアウト連携を含めた、カタログ購買により標準化したことによって、業務の負担が減り、トータルでのコストの低減効果が目に見えてわかる、つまり、自分たちの活動が価値を生み出しているというマインドに変わってきているというのがあると思います。ここが、現場含めて大きく変わってきたところで、次の成長に向けたアクションにつなげようというポジティブなサイクルに移ってきていると思います。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【購買管理】

        類似サービス: ビズネット

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

        ビズネットの「購買管理プラットフォーム」とは、ビズネット株式会社が運営している購買管理システムです。 大企業〜中堅企業向けに特化した購買管理システムで、電力・電設、建設、製造、医療業界を中心にこれまでに約14,000社で導入されている実績があります。 「一部の業務で手作業が残っている」「全社レベルでのボリュームが享受できない」「請求処理に時間がかかっている」「発注までの時間や手間がかかっている」といった課題を抱えている方におすすめとなっています。

        調達行為の一元化が可能

        ビズネットは、文具や家電、工具、医療器具、書籍といった各専門分野のトップブランドサプライヤーと連携しており、5,000万アイテムの豊富な商品を特別割引にて提供しています。 各サプライヤーの商品を横断的に検索して商品価格の比較ができるため、最安値での商品調達を効率的に行うことが可能となります。

        企業専用品のデジタル発注を可能に

        ビズネットは、既存取引先の商材も、ユーザーカタログとして電子カタログ化することができます。調達側のEC化ができておらず、電話やFAXで注文していた商材を電子カタログ化することで、ミスも防ぎ24時間発注が可能となります。

        企業ごとのルールに沿った購買管理を実現

        管理部門向けに企業管理者サイト「Bizm@nage(ビズマネージ)」を用意しているため、企業ルールに沿った運用を可能とします。 企業ルールに沿った運用設定、承認設定、費目設定、経理や会計データとの紐付けなど、柔軟な設定が可能なため、企業が求める高度な購買管理を実現することができます。

        類似サービス: intra-mart Procurement Cloud

        (4.5)

        年間利用料金600万円無料お試し要問い合わせ
        初期費用70万円導入会社要問い合わせ

        intra-mart Procurement Cloudは、企業の調達・購買活動全体のDXによって、コスト最適化、業務効率化、ガバナンス強化を実現するクラウドサービスです。 「購買管理」「契約ライフサイクル管理」「支払い管理機能」を利用して、見積もりの取得から発注納品、請求・支払いまでをワンストップで操作可能。バイヤー、サプライヤー双方の業務プロセスに対応しています。

               

        【調達・購買】見積機能の活用でより良い商材を安価で調達

        150種類以上の見積依頼書仕様書を用意しており、サプライヤーに対して購買品目に応じた適切な見積もりをクラウド上で依頼することが可能。見積もりデータは蓄積され、誰でもスムーズにアクセスできるため、精度の向上が期待できます。

        【契約管理】契約書管理をデジタル化・効率化。コスト削減効果も

        契約書の原案作成から修正・承認・捺印・締結までの業務をデジタル化することで、一連の業務を効率化。ペーパーレス化によって印刷代や郵送代がかからなくなり、コスト削減にもつながります。 「クライアントと業務担当者」「担当者と自社法務」「法務同士」といった43種類のチャット機能で、リーガルチェック履歴を全て保存でき、修正履歴も時系列で追うことが可能です。

        【請求・決済】バイヤー・サプライヤー双方の業務効率化と内部統制強化を実現

        バイヤーによる請求書受け取りから支払い処理、サプライヤーによる電子請求書の発行から債権管理までの業務に対応しています。 請求書はクラウド上でデジタル化されるため、業務の効率化だけでなく、ミスやドラブルの防止、ガバナンス向上にも貢献します。

         

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載