【2021年版】おすすめの購買管理システム5選|導入メリットや選び方も解説

最終更新日 

発注した資材などの効率的な管理には注文伝票や仕入伝票の作成ができる購買管理システムの導入がおすすめです。

購買管理が効率化されるだけでなく、様々なメリットがある購買管理システムですが、どんな特徴があるのか、どんなサービスを選べばいいかわからないという方も多いでしょう。

本記事では購買管理システムとは何か、おすすめの購買管理システム、導入メリットなどを解説しますので参考にしてください。

購買管理システムとは?

購買管理システムとは、資材などの発注から支払いまでの業務をシステム上で行えるようにし、業務効率化を図るシステムのことを指します。

購買管理におけるゴールは、製造における各工程ごとに足りない資材を最適なタイミング·価格で購入できるようになることです。

そのためには購買工程作業を簡略化する必要がありますが、これを実現するのに貢献するのが購買管理システムなのです。

購買管理システムは、自動化によって購買工程作業を簡略化し業務効率化を実現します。

おすすめ購買管理システム5選

SOLOEL(ソロエル)

特徴

SOLOELは豊富な機能が搭載されている購買管理システムです。

システム連携も可能で、より柔軟性の高い運用ができ、人事システムや会計システムとの連携も問題ありません。

料金

  • 初期費用:150万円〜
  • 月額料金:30万円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

V-ONEクラウド

特徴

V-ONEクラウドは株式会社アール・アンド・エー・シーが提供している購買管理システムです。

複数の金融機関や口座の取引明細を自動で取得することが可能で、3,000サービス以上の金融機関数に対応しています。

専属のサポート担当がついてくれるため、初めて購買管理システムを導入するという場合でも二人三脚のサポートでしっかりと運用することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:無料デモあり

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

べんりねっと

特徴

べんりねっとは専門的な設定がいらず、すぐに運用することが可能な購買管理システムです。

3,000社以上での導入実績があるため安心して利用することができ、紙カタログからオンライン上で業務を完結することができるため伝達ミスなどないシームレスな連携が可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

RFQクラウド

特徴

RFQクラウドは一括見積もり依頼が可能な購買管理システムで、業務効率化に大きく貢献してくれます。

過去の見積もり品目と類似品目との比較や、案件整理など購買に特化している点が特徴的です。

案件単位でのプロジェクト作成が可能で、過去の案件見積もりデータも確認できるためデータ管理の効率化につながります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

楽々ProcurementII

特徴

楽々ProcurementIIは会計システムとの連携が可能な購買管理システムです。

連携に必要なものは全て用意されているため、特別な準備は必要なく簡単に購買管理を効率化させることができます。

PDF形式で帳票を保管することができ、ペーパーレスな購買管理が可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

購買管理システム導入のメリット

購買管理システムを導入することで主に以下のメリットが得られます。

発注業務におけるコスト削減が可能に

購買管理システムは、発注業務にかかるプロセスを一元管理することができます。

紙のカタログで管理していたものがデータ化できるため、必要な情報が瞬時に検索できるようになり業務効率化につながります。

これまで発注伝票を手書きで作成していたり、帳票を人の手でまとめていた企業にとって大きな業務効率化になるでしょう。

業務コストだけでなく、帳票のデータ化によるペーパーレスを実現できるため、紙代、印刷費用などのコストカットも可能です。

購買実績の確認がスムーズになる

購買管理システムではデータの一元管理が可能ですが、その1つとして過去の購買実績の確認もできるようになります。

過去の取引と現在の取引を比較して仕入れ先との交渉に活用したり、適切なタイミングでの発注ができるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう。

人的ミスの削減や不正防止ができる

購買管理システムは発注履歴や納入状況を確認できるため、重複発注や取引先の選択ミスなどを未然に防ぐことができます。

エクセルなどでの管理では、入力ミスや入力欄の選択ミスなどで修正作業が発生してしまうリスクがありますが、購買管理システムであればこの心配はいりません。

また、内部からのデータ改ざんなどの不正防止も可能です。

購買管理システム導入のデメリット

購買管理システムの導入デメリットとしては、コスト面が挙げられます。

購買管理システムは導入にあたって初期費用や月額料金がかかるものが多く、その費用も高額となるケースが多いです。

そのため、管理するべく製品数、部品数が少ない場合は人の手による管理の方がコストパフォーマンスに優れている可能性もあります。

購買管理システムの導入によって、どんな課題を解消したいのかを明確にして最小限必要な機能でシンプルに利用できるシステムを選ぶことで費用を抑えられる場合があるので確認しましょう。

購買管理システムを選ぶ際のポイント·注意点

購買管理システムを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

他部門との連携が可能なシステムか確認

購買管理システムを導入する上では資材部門や生産管理部門との連携が欠かせません。

そのため、購買管理システムの選定においては、他部門との連携が容易なシステムを選ぶと良いでしょう。

リアルタイムの連携が可能になるように、連携ができる、共通して使うことができるシステムを選ぶことをおすすめします。

業界に特化しているシステムか

幅広い業界で利用することができる購買管理システムですが、サービスによって得意としている業種が違う場合があるため確認しておきましょう。

多機能なシステムは利便性が高いですが、その分操作が複雑であったり複数人で操作するには適していない場合があります。

また、少ない製品数を扱っている場合はシンプルなシステムで問題ありませんが、扱っているものが多いのであれば詳細な設定ができるシステムを選ぶ方が良いでしょう。

導入実績を確認しておく

利用したいサービスがどんな業界で多く導入されているか、実績を確認しておきましょう。

また、導入実績が多いサービスは柔軟なカスタマイズに対応しているケースが多く、業界ごとに最適なサポートが提供できる可能性が高いため実績や事例の確認は重要です。

購買管理システムで業務効率化を目指そう

購買管理システムについて、概要やおすすめのシステム、導入のメリットなどを紹介しました。

購買管理システムは適切なタイミングで発注が可能になり、過剰在庫や在庫不足などのトラブルを防止することが可能です。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載