Web給金帳Cloudの料金·評判·機能について。1人につき月額220円から利用できる?

最終更新日 

社員の給与明細の作成、配布、管理などの作業を効率化するために、電子化する企業が増えてきました。
そこで本記事では、日本製で評価の高いWeb給金帳Cloudについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

Web給金帳Cloudとは

Web給金帳Cloudは、株式会社インターコムが提供しているクラウド型の給与明細電子化サービスです。
これまで使用してきた紙の明細書と同じデザインのままで電子化して、いつでも閲覧することができます。
社内報の電子化、テレワークなど、さまざまなシーンで活用されているサービスです。

Web給金帳Cloudの特徴·機能

ではWeb給金帳Cloudにはどのような機能や特徴があるのでしょうか。
見ていきましょう。

給与明細作成機能

Web給金帳Cloudの特徴は、給与計算ソフトのデータを取り入れた給与明細作成機能が搭載されていることです。
給与明細書のほかに、賞与明細書、源泉徴収票などのデジタル化にも対応しています。
明細通知メール送付設定など、自動配信機能も搭載しており、給与明細書等を従業員へ発送する手間も省けます。

スマートフォンでも明細書が閲覧できる

スマートフォンやタブレットなどモバイル端末に対応していることも、Web給金帳Cloudの特徴です。
従業員は、お手持ちのスマートフォン、会社のパソコンなどからいつでも電子化した給与明細書を閲覧することができます。

給与グラフ作成機能

Web給金帳Cloudには、給与グラフ作成機能もあります。
この機能を活用することで、給与支給額や有休残日数などが視覚的に把握しやすくなるでしょう。

明細公開日が設定可能

自社の給料日に合わせて、給与明細書公開日の設定も可能です。事前に設定ができるため、担当者がわざわざ給料日に公開作業を行う手間を効率化することが可能となります。

Web給金帳Cloud導入のメリット

Web給金帳Cloudの強みは、給与計算ソフトから公式認定されていることです。
給与大臣、弥生会計、給与処理DBなどさまざまなソフトとの連携認定を受けており、ソフトのバージョンアップにも対応しています。
また、安全性が高いことも、Web給金帳Cloudの強みです。
ログインパスワードのほかに、従業員自身で各明細書のパスワードも設定することができるため、ほかの社員に給与明細書を盗み見される心配がありません。

Web給金帳Cloudの価格·料金プラン

Web給金帳Cloudの料金は、配信人数や契約期間によって異なります。
配信人数が10人~99人までの場合は、月額パック料金が220円、年額パック(1年)が2,500円、年額パック(5年)が12,000円です。
人数が増えれば増えるほど1人あたりの価格は安くなり、1,000人以上だと月額パックで43円、年額パックだと1年で480円、5年で2,200円となっています。
ただし、2,000人以上の場合はお問い合わせが必要です。
初期費用やサーバー構築費用などはかかりませんが、経費精算連携を利用する場合は、別途料金が必要となります。
詳細な料金については、要問い合わせです。
公式サイトフォームから、リモートデモンストレーション、30日間無料トライアルのお申し込みもできます。
2021年3月現在/詳細はWeb給金帳Cloudの公式サイトを確認

Web給金帳Cloudの注意点

Web給金帳Cloudの注意点は、人数に応じた従量課金になるので、利用人数が多くなればなるほど料金が高くなることです。
それ以外では、基本的に注意すべき点はありませんので、おすすめのサービスと言えます。

Web給金帳Cloudの導入事例·評判

顧客の利便性が向上した

“給与明細を電子化してほしいというご依頼を受けたことがWeb給金帳Cloud導入のきっかけです。操作が簡単で、明細レイアウトが紙と同じなのが高評価ポイントとなっています。導入後は顧客の利便性が向上し、明細配信の負担も軽減しました。”(高橋社会保険労務士事務所様)

過去の給与明細や配布書類をいつでも閲覧できる

“Web給金帳Cloudのおかげで、仕分けや封入作業がなくなり配布ミスが減りました。
過去の給与明細や配布書類を、従業員がいつでも閲覧できるのも便利です。”(株式会社フォトロン様)

類似サービスとの比較

Web給金帳Cloudと類似したサービスとしては、鈴与シンワート株式会社が提供しているS-PAYCIALがあります。
S-PAYCIALの月額料金については公表されていませんので、問い合わせが必要です。
機能としては、明細や源泉徴収票の照会、明細CSVアップロード、明細フォーマット設定などを搭載しています。
アンケート機能が利用できることも、S-PAYCIALの特徴です。

Web給金帳Cloudを導入して明細書関連業務の効率化を

Web給金帳Cloudは、 給与明細作成、自動配信、給与グラフ作成などさまざまな機能を搭載しており、紙の明細書を簡単に電子化できます。
リモートデモンストレーション、30日間無料トライアルもありますので、興味を持った方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Web給金帳Cloud公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部